image

勇者ヨシヒコと導かれし七人, 勇者ヨシヒコと導かれし七人#04

はい どうも ! 旅 の 方 お 疲れ さ まで す 。

お 疲れ さ まで す 。

盗賊 か 。 先 を 急いで る 。 道 を あけろ 。

私 自身 は 盗賊 で は ございませ ん 。

今 から 盗賊 さん 登場 し ます んで ➡

皆さん に やって ほしい 段取り 等 々 です ね ➡

ご 説明 さ せて いただき ます 。 よろしい です か ?

元気です か ? 元気です よ !

俺 が 元気で どう する んだ っつ って ね 。

斬っちゃ えば ?

とりあえず 聞いて みよう 。 なんで だ よ 。

わりと 有名な 盗賊 さん な んです けど ➡

そこ まで 迫力 が ない んです ね 。 ただ 皆さん に は ➡

かなり 驚いた 感じ の リアクション 取って もらっちゃ おうか な と 思って ます 。

驚く の ? 皆さん の リアクション しだい で は ね ➡

本人 も ノリノリ に なっちゃ い ます んで ね 。

ノリノリ に さ せた くない です けど ね 。 はい 。

それでは 練習 さ せて ください 。 私 を 盗賊 だ と 思って いただいて ね 。

はい 。

出て きた 。 (3 人 ) うわ っ …。

惜しい 。 もう ちょっと 驚いちゃ い ましょう 。

「 ぬ ぬ ぬ ぬ っ 何 ヤツ !?」 くらい まで いっちゃ い ましょう か 。

恥ずかしい っす ね 。 恥ずかしく ない 。 ねっ !

はい 。 ねえ 斬っちゃ いなよ 。

おい 聞く 必要 ある の か ? はい やって み ましょう 。

はい 出た !

ぬ ぬ ぬ ぬ っ 何 ヤツ !?

すばらしい 。 他の 3 人 も 頑張れ ! ねっ 。

で その リアクション を いただいたら わりと 長 めの 自己 紹介 し ます 。

今 まで 斬り 捨てた 人 の 名前 と か 手 に 入れた 金品 の 自慢 。

あと 自分 の 必殺 技 と か 織り交ぜて 自己 紹介 あり ます んで ➡

その つど 「 何 !?」 的な リアクション ください 。

で それ が 済んだ ところ で かなり の 金品 食料 を ➡

要求 して きま ~ す 。 そ したら 何て 言い ましょう ?

そう は させる か ! わかって ます ね 。 お 兄さん 最高 。

ありがとう ございます 。 なに ちょっと 嬉し そうな の ヨシヒコ 。

で ここ から 戦って いただき ます ね 。

よき ところ で 負け ました って 言って もらい ます けども ➡

誰 が 言い ましょう か ? じゃあ 金髪 の お 兄さん お 願い し ます 。

いや ~ ちょっと 負け ました 言え ない …。

そんな こと 言わ ず に お 願い し ます 。 恥ずかしい んで 言え ないで すね 。

いや お 願い し ます 。 わかり ました 。

そし たら 最後 お決まり の 土下座 いき ます ね 。

ここ 頑張って ください ね 。

じゃ まずは 僕 が お 手本 やり ます 。

負け ました っつ って 。

負け ました ~。 こう …。

うわ ~!

まだ 本人 さん 登場 して ない のに 。

いや ご 本人 さん も 逃げ られて る と 思い ます よ 。

拍手 の 練習 を …。

よし 行く ぞ ヨシヒコ 。

何 ? なんで まだ 聞き た そう な の 。

何 好きな の ? もう 褒め られ ない から 行く 。

なんで 悲し そう な の 。

( 雷鳴 )

ヨシヒコ ヨシヒコ ~。

どう ? 運命 の 玉 集まって る ?

なんで 状況 把握 して ない んだ お前 は 。

今日 は ちょっと ね あの …。 なんて いう かな 。

提案 を し たい と 思って る の 。 プレゼン プレゼン …。

あ ごめん ちょっと ツバ が 飛んだ 。 プレゼン を し たい と 思って る 。

あの ね 玉 を 持つ 人 って 言い 方 が さ ➡

ちょっと やっぱり さあ なんか 少し さあ ➡

変な 感じ じゃ ん なんか 。 別に 。

ほう 嘘 。 そう ? じゃあ ちょっと ムラサキ 言って み ?

玉 を 持つ 人 。

あれ ま ! 堂々と して る 。

ねえ お前 もう あの 恥ずかし げ も なく ➡

そういう こと が 言える ような 年齢 に なった んだ ね 。

う っせ え ぞ この やろう 。

ペヤングフェイス ボッコボコ に して 大盛り の やつ に して や ん ぞ !

べ ~! もう すでに 大盛り と 同じ 大き さ な んです 。

むしろ 仏 の ほう が 大きい んです 。

な っ ! どちら が 仏 か わから ない 。

おい ちょっと 待て 。 ヨッ ちゃん ちょっと 待って 。

え 嘘 ? ヨ ヨッ ちゃん に は さ なに これ も 仏 に 見える の ?

区別 が つき ませ ん 。 マジ で !?

おい 早く 用件 を 話せ 。

そう か おお … じゃあ さ 俺 もう 今日 こっち で 話す わ 。

こっち で 話す … どうも 。

どうも どうも 。 ええ 仏 で ござい …。

仏 で ござい マッシングブル ー !

まあ いい や 。 余計な こと は 言い ませ ん 。

えっ と … 玉 を 持つ 人 って いう の を です ね ➡

これ から 玉 人 と 呼ぶ こと に いたし ます 。

で ええ と 次の 玉 人 が いる ところ が です ね ➡

ここ から ざ っく り ➡

東 に 向かった ところ に ある サラゴナ の 村 です 。

テメエ この 前 北 って 言った じゃ ねえ かよ 。

なんか さ こっち の ほう が イライラ し ない 。

てい うか こっち の ほう が よく ねえ か ?

( 鼻歌 )

♬「 これ は テレビ で やる こと か これ は テレビ で やる こと か 」

ウ ー ! ウ ー ! ウ ー !

まあ あの で とにかく です ね 。

いつも の ごとく その 玉 人 が 誰 な の か は …。

知り ませ ~ ん !

ムカツク なあ 。 もう ずっと ペヤング で やって 。

え ちょっと 待って 。 そ したら あの …。

私 もう これ から ロケ に 来 なくて よく なる よ ?

ロケ と か 言わ ない の 。

もう さ あれ だ よ もう ずっと さ あの …。

この ペヤン ペヤング の フタ に さ …。

アフレコ し てれば い いって こと に なっちゃ うよ ?

アフレコ と か 言わ ない の 。

なにやら 村人 に 覇気 が ない な 。

すみません 。 はい 。

この 村 に 神々しく 光る 玉 を お 持ち の 方 は いま せ ん か ?

光る 玉 ?

ああ それ なら この 村 の 王様 が 持って る はずだ よ 。

姫 様 が 生まれた とき に な ➡

空 から ふわ ~ って 降って きた 玉 って いう んで ➡

この 村 じゃ 超 有名だ よ 。

と いう こと は 玉 人 は その 姫君 か …。

なに ? それ は 本当 か ?

北 の 山 に 棲 む 魔物 の 涙 を 飲ま せれば ➡

フロリア 姫 は 治る の か ?

はい 。

それ は よかった 。

イヤハハハハッ 本当に よかった ! それ は よい 知らせ じゃ 。

早速 それ を 手 に 入れよう で は ない か 。

ルドラン 様 。 旅 の 者 が お 会い し たい と 申して おり ます が 。

姫 は こうして 一 年 以上 も 眠り 続けて おる 。

この 眠り を 覚ます の は ➡

その 魔物 の 涙 しか ない と いう のだ 。

かわいそうに 。

わし は 決めた ぞ 。

その 魔物 の 涙 を 持ち帰った 者 と フロリア 姫 を 結婚 さ せる 。

結婚 ?

結婚 って …。

ときに ルドラン 王 。

姫君 が 生まれた とき に こう 光る 玉 …。

さあ ! 村 の 男 たち に 発表 しよう 。

村 の たくましき 男 たち が 必ずや ➡

まもら … ま もろ ろ …。

魔物 の 涙 を … 持ち帰る であろう !

ま も … 王 よ ちょっと お 待ち を !

王 は 職務 に 戻ら れ ます 。

おう !

魔物 の 涙 言いにくい んだ な あの 人 な …。

ハァ … しかし これ は やはり ➡

魔物 の 涙 と やら を 持ち帰ら ない と ➡

玉 は 見せて も もらえ ない ようだ 。

って こと は ヨシヒコ この 姫 様 と 結婚 する って こと ?

そんな もの は 拒否 して 玉 だけ もら や ぁ いい んだ よ 。

な ? それ は そう だ 。 我々 は ➡

魔 王 を 倒す ため に 旅 を して る んだ 。

こんな ところ で 結婚 など …。

惚れた な こりゃ 。

ヨシヒコ 俺 たち の 目的 は 姫君 じゃ ない 。

導か れ し 者 の オ ー ブ ぞ 。

ヨシヒコ !

はっ …。

はっ … じゃ ない よ 。

お前 完全に 惚れ ました フェイス の 真っ最中 だった ぞ ?

そんな わけない でしょう !

どこ 見て んだ よ ? 我々 の 目的 は 魔 王 を 倒す こと だ 。

こっち 見ろ よ 。

しかし この 姫君 を 救わ ない こと に は ➡

玉 は 手 に 入ら ん 。

その とおり だ !

どこ 見て … こっち 見なさ いって 。

行き ましょう !

( ムラサキ ) 行こう ぜ 。

動き なさい よ 。

行き ましょう …。 ヨシヒコ が 先頭 な の !

皆 の 者 覚悟 は よい か ?

まいる ぞ 。

いい か ?

用意 !

フフフッ … まるで 運動 会 だ な バカバカ し い 。

ところで ヨシヒコ 。

う お ~!

惚れた な 。 うん …。

フライング しちゃ って る もん ね アイツ 。

あれ 玉 の こと が さ 二の次 に なっちゃ って る から ね あの 子 ね 。

ああ よく ある こと だ 。

いざ と なったら 目 を 覚ます !

さあ 行こう 。 うむ 。

どうした ムラサキ ? 私 行か ない 。

ん ? ん ? ん ? それ は ?

なんか 体調 悪い 。 村 で 待って る わ 。

あっ あっ あっ あ そ っか 。

あ そ っか うん うん 。

( ため息 )

ラブスト ー リ ー の ヒロイン っぽい 感じ で 夜空 を 見上げる お嬢さん 。

フフフフ !

星空 を 見上げて ため 息 ひと つって こと は ➡

恋 の 悩み だ ね 。 いえ そんな …。

なんなら 私 が 相談 に のって やって も いい んだ よ 。

平気です 。 私 あなた みたいな 魔女 に 話す ほど ➡

簡単な 女 じゃ ない ので 。

魔女 ? 私 の どこ が 魔女 なんだい ?

魔女 です よ ね ? 最も ベタ な 感じ の 魔女 です よ ね ?

ど っ から どう 見て も スナック の ママ で は ないで す よ ね ?

それ は どう かな 。

何 な んだ よ あれ !

ぜ って ぇ 結婚 する って 言う に 決まって んだ よ !

いやいや いや 大丈夫 よ 。

ずっと 一緒に 冒険 して きた 仲間 なんだ ろ ?

向こう だって アンタ に 惚れて る に 決まって んだ 。

う っせ ぇ ババア ! わし っ 鼻 ババア ! そして シャクレ ! わし 猪木 !

お前 に 何 が わかん だ よ !?

アイツ はね 天下一 の バカ な の ! ちょっと かわいい 女の子 見る と ➡

すぐ 惚れて 私 の こと なんか 忘れ んだ よ !

しかたない ねぇ 。

だったら その 姫君 と やら に ➡

永遠に 眠って もらえば いい じゃ ない か 。

そう ! いつまでも 寝て りゃ いい んだ よ !

ん ? 何 これ ?

ねむ ねむ の 実 だ よ 。

ねむ ねむ の 実 ?

これ を 食べた 者 は 10 年間 眠り から 目覚める こと は ない 。

たとえ その 魔物 の 涙 を 飲んだ とて …。

これ を …。

食べ させる んだ フロリア に 。

村 の 男 たち は もはや 追いつく 気配 すら ない な 。

そう いえば ムラサキ は ? 今 ?

どうした ん です か ? ムラサキ は 。

今 気づいた の ?

え ~ っと ね 体調 が すぐれ ない らしくて 村 に 。

そう でした か 。

ヨシヒコ 正直に 言え 。

姫君 に 惚れた か ?

そんな バカ な ! 私 は 勇者 です よ 。

女 に うつつ を 抜かす など 。

今 それ は 何 を 書いて いる ?

子供 の 名前 を 考えて ます 。 惚れ と んな !

違い ます よ ! 万が一 の ため です よ 。

あっ そう だ 。 式場 を 選ば なくて は 。

おい パパパパ ー ン を 読む …。

パパパパ ー ン を 読ま ないで よ ねぇ 。

ちょ … な に 何 な の ? なんで チェック 入れる んだ よ ?

ねぇ ダンジョ ー どう 思う ? この 状況 。

確かに ヨシヒコ は あれ だ 。 巨乳 好き で は ない か 。

見る に あの 姫君 まな板 だ 。

惚れる 要素 が ない 。

あの 姫君 横 に なって る だけ で 胸 チェック して た の ?

もう や っぱ ベ ー スケ お っ さん だ な 。

ベ ー スケ は いい が お っ さん と 言う な 。

ベ ー スケ は いい んだ 。

ダ ー ッ !

無理だ な 。 寝て んだ もん な 。

ヘッヘッヘッ …。

ダ ー ッ !

飲み込ま ねえ な 。

ヘッヘッヘッ …。

何 ヤツ !? あっ や べ ぇ 。

そろそろ 魔物 の 洞窟 に 着き ます 。

魔物 の 気配 が とてつもない 。

しかし ヨシヒコ よ その 魔物 の 洞窟 を ➡

守り し 化け物 が おる と 言って いた ぞ 。

ただし その 姿 から は 想像 でき ない ➡

凶暴な 守り神 だ と 言って いた ぞ 。

ん ? ん ? ん ?

あれ は ?

あれ は 太鼓 の 卓越 した 人 の …。

あれ が 残虐 きわまりない 凶暴な 守り神 な の か 。

ハハハハ ! あれ は 太鼓 の 妖精 だ 。

あんな かわいい 妖精 を 凶暴 など と 笑 止 千万 !

よし 俺 が 叩いて やる 。

ドン ドン ドン カラカッカ 。

ドドン ドン 。 ダンジョ ー や ばい よ この パタ ー ン 。

なんか や ばい に おい が どんどん する よ !

う お ~ っ !

なんだ と !? そら 言わ ん こっちゃ ない 。

おのれ キラ ー 太鼓 め !

メレブ と 見せかけ …。

ぎ ゃ ~ っ !

あ ~ っ !

寝言 でも ドン と 言って や がる 。 ( いびき )

まさか ここ でも ブラズ ー レ が 役立つ と は な 。

太鼓 の くせ に ブラ の ずれ 気 に する なんて 。

なんて こった い 。

フロリア は あと 少し で 命 を 失う と いう のに ➡

あの 魔物 の 涙 を 持ってこ られたら ➡

目 を 覚まし ち まう 。

何 これ ?

私 は ね フロリア が 死んだら ➡

その 血液 を 全部 飲み干す 算段 だった んだ よ 。

そう すれば 二十 歳 に 若返る はずだった んだ 。

そんな こと … やっぱり アンタ 魔女 だった の ね !

ど っ から どう 見て も 魔女 でしょう よ !

魔女 オブ ザ 魔女 でしょう よ !

えっ 逆に なんだ と 思って た んだ よ !

アタシ は ね … 二十 歳 に 若返ったら ➡

広瀬 すず の 顔 に なれる はずだった んだ ! 誰 だ よ 。

ま ぁ しかたがない 。 フロリア に は 数 段 劣る が ➡

アンタ の 血液 を 吸い取る こと に する よ 。

今 ねむ ねむ の 実 を アレ する から ちょっと 待って な 。

は !? ふざけ ん な よ テメエ !

数 段 劣る と か ぜ って え 殺す かんな !

おい ババア ! おい !

う お ~!

やめて よ 。 う あ ~!

この 魔物 強い ぞ 。

倒す 必要 は ない のです 。

スネ の ところ を 叩けば 涙 は でる 。

なるほど そこ は 弁慶 も 泣く らしい から な 。

スネ ~!

だから やめて って 。 あ ~!

予想 以上 に 強い 。

たぶん ね アイツ スネ 叩いた くらい じゃ 泣か ん ぞ 。

ああ かもし れ ん なぁ 。

どう したら 泣く んだ 。

もう 中 で タマネギ を 切り 続ける しか …。

しかし ヤツ の 目の前 で ➡

何 日 も タマネギ を 切り 続け られる もの だろう か 。

そんな 絶望 感 の さなか ➡

そんな なか でも 新しい 呪文 を ゲット した 私 であった 。

すごい ! それ は この 状況 を 打開 できる 呪文 です か ?

ど ~ かな ~。

どんな 呪文 だ 。

なんと この 呪文 は ➡

グル ー プ 全体 の 守備 力 と 攻撃 力 を 一気に 上げる 呪文 だ よ !

なんと ! どちら も です か ? そんな 呪文 初めて だ !

おお … 2 つ と も 上がれば 敵 の 攻撃 に 耐え ながら ➡

猛烈な 勢い で タマネギ を 切り 続ける こと が できる 。

さっそく かけて みせよう ぞ 。 その 名 も チア ー ズ 。

チア ー ズ !

(2 人 ) フゥ ~!

(2 人 ) レッツゴ ー ヨシヒコ レッツゴ ー ダンジョ ー !

(2 人 ) レッツゴ ー メレブ オ ー フゥ ー !

どう だ この 呪文 。

地元 の 大学生 が やってきて 応援 して くれる ぞ !

本物 だ ぞ ! 見た か あの リフトアップ 。 いい 低 さ だった ねぇ ~。

これ で 一気に 守備 力 と 攻撃 力 が 上がった ぞ !

俺 は むしろ 下がった 気 が する 。

ヨシヒコ は どう だ ?

なんだか 応援 さ れて 元気に なった 気 が し ます !

チア ー ズ !

しかし タマネギ が … タマネギ が ない !

元気 が あれば タマネギ など いら ん !

ゆく ぞ ! はい !

あ ~!

魔物 め ! 涙 が 出る ほど やっつけて やる !

ぬ あ ~!

やはり ダメ か 地元 チアリ ー ダ ー の 応援 だけ で は 。

俺 に 任せろ 2 人 と も 。

こういう もん は な 年の功 が もの を 言う もん さ 。

いい か 魔物 よ ~ く 聞け 。

1 杯 の かけ そば って 話 が あって な 。

お ~ なるほど そっち で いく の か 考えた な 。

ある 親子 が 夜 遅く に そば 屋 に 行って な 。

天ぷら そば 2 つ と 頼んだ 。

ん ん ん ? ふた ? ん ?

そし たら 店 の 主人 が ➡

もう 遅くて そば 1 人 前 しか ない って 言 いやがる んだ 。

親子 怒った ね 。

そば 屋 な のに そば が ねえ って どういう こと だ この 野郎 !

って な 。

ダンジョ ー この 話 の 展開 で どう やって お 涙 ちょうだい する つもりだ ?

主人 は 言った 。

天ぷら だけ じゃ ダメ です か ? って 。

ダメ に 決まって る だ ろ !

もう いい から そば 買って こい ! 外 で !

親子 は 一 歩 も 引か ない 。

そば 屋 も こんな 時間 に そば 買って くるって ➡

そば 売って る 店 なんか ねえ ! っつ って もう ケンカ だ 。

ああ ああ 大 ゲンカ 。

泣け ない よ ね この 展開 は 泣け ない よ ね ねえ ?

親子 が ね とうとう 言った よ 。

金 なら いくら でも 出す から ➡

今 から そば の 実 収穫 して そば 粉 に して ➡

そば を 打てよ ! って 。

確かに 夜 遅い けど でき ない こと じゃ ないだ ろ って 。

この 話 は どこ に 着地 する の ? ねえ 。

まあ しかたがない から そば 屋 は そば の 畑 に 行って ➡

そば の 実 収穫 した と さ 。

終わり !? 終わり じゃ ない よ ね ?

え ? ちょ … や だ ~ 泣いて る の ?

ヨシヒコ 泣いて る の 。

なんらか の ツボ に ハマ って 泣いて る の 。

そし たら …。

そば の 畑 に 女 の 死体 が ぐ わ ~!

うわ ~ っ ! あ ~ っ 何 これ 。

何 この 話 どこ に 向かって る の ?

ヨシヒコ まっすぐ 聞いて る 。

言う な よ 。

話 が 長 すぎて 眠く なって ➡

あくび した とき の 涙 だって 絶対 言う な よ 。

そう だ な 。 倒さ れた 悔し さ で ➡

流した 涙 と いう こと に しよう 。 な ?

勇者 様 が お 帰り に なった ぞ !

( 歓声 )

勇者 様 !

さ ぁ 勇者 よ ご 苦労であった 。

それ が その … 魔物 の 涙 か 。

はい 。

さ ぁ 夫 と なる キミ から 飲ま せて やって くれ 。

姫 よ 目覚めた まえ 。

♬~

お ~ っ ! 起きた 。

姫 が 目 を 覚ました ぞ !

あなた 様 が ➡

私 を 起こして くださった のです か ?

はい 。

フロリア よい か ? わし は お前 を 起こす こと が できた 男 と ➡

お前 を 結婚 さ せる と 誓った 。

お前 は それ で よい な ?

お 待ち ください ルドラン 殿 。

実は …。 あぁ わかって おる 。

最初 ここ へ 来た とき に 1 人 お な ご を 伴って おった な 。

選ぶ が よい 。 フロリア か ➡

冒険 を ともに して いる あの お なご か 。

あっ 出た ! これ 「Ⅴ」 の やつ だ 。

何 だ それ は ? どっち か 選ぶ の 。

大 富豪 の 姫君 か 幼なじみ か 花嫁 を 。

どちら でも よい ぞ 。

そ なた の 人生 じゃ 。

うん うん 。 で ま ぁ こうや って 悩む んだ けど ➡

ほぼ ほぼ の 人 が 幼なじみ の ➡

一緒に 旅 して る 女の子 を 選ぶ わけ 。 そりゃ そうだ よね 情 が ある から 。

で 姫君 の ほう を 選んだり する と 「 おい !」 って 。

「 おい お前 マジ かよ 。 おい !」 って 言わ れたり する わけ 。

結婚 して くださる のです か ? 勇者 様 。

すみません と いう こと で 申し訳ない …。

し ます ! おい !

結婚 し ます ! おい ~!

いい じゃ ない か 5 人 で 旅 すれば 。 私 は 冒険 など 怖い のです 。

よ ~ し 早速 式 の 用意 だ 。

式 を 挙げる ぞ 。 ハハハッ !

ハハハッ ! ハハハッ !

( 歓声 )

起きろ ムラサキ 。 起きろ !

ん … あれ ? 魔女 は ?

あんな もの は 一撃 だ 。 ただ の ババア だ しな 。

そんな こと じゃ ない ! 早く し ない と ➡

ヨシヒコ は 結婚 して まう ぞ 。

いい よ し たきゃ すれば 。

ホント に いい の か ? ムラサキ 。

結婚 しち まったら ヨシヒコ は 二度と 戻って こ ない ぞ 。

いい よ 別に 好きで も なんでも ねえ し 。

やせ我慢 は よせよ 。

ホント に いい の かい ?

お前 の 勇者 を 取ら れて も 。

お前 が 行か なきゃ お前 の 恋 の 冒険 終わ っち まう ぜ 。

魔 王 を 倒す 。

魔 王 を 倒す ため だ から な !

♬~

それでは お 二 人 誓い の キス を 。

( 扉 を 叩く 音 )

フロリア やっぱり 僕 は キミ じゃ なきゃ ダメ な んだ !

結婚 して くれ !

お前 は … 誰 ?

あなた は ラクトル !

ずっと 眠って いた から 忘れて しまって いた 。

迎え に 来て くれた の ね ラクトル 。

さあ 行こう 2 人 で 幸せな 家庭 を 築く んだ !

ラクトル !

あっ ちょ マジ すみません 。 あっ キモ い …。

ラクトルパンチ !

さあ 行こう !

( 鐘 の 音 )

なんか ごめん ね 。

なんか ジ ー ン と きた よ ね 。

まあ お 詫び だ と して も 玉 もらえて よかった ね 。

しかし 彼女 が 玉 人 だ と する と 魔 王 と 戦う 際 に ➡

彼女 を 召喚 する は めに なる ぞ 。 いい よ アイツ は 呼ば なくて 。

怖い ~! つって た んだ ろ 使え ねえ 使え ねえ 。

来て も 私 が ぶ っ 飛ばす 。

召喚 し といて ぶ っ 飛ばす は ない であろう 。

だって ヨシヒコ だって 結婚 する フリ して ➡

玉 もらったら 逃げよう と 思って た んだ ろ ?

その とおり だ ! 当たり前だ ろ !

まあ そういう こと に して おこう 。 しかし たまら ん な 。

魔 王 を 前 に 女 2 人 で ケンカ さ れた 日 に は 。

兄 様 絶対 フロリア 様 が お 好きだった はず 。

心配だ わ また 変化 して お 助け し なければ 。

待って ~ 兄 様 !

ハッハッハッハッ ! や だ ~ ハッハッハッ !



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

Language learning online @ LingQ

はい どうも ! 旅 の 方 お 疲れ さ まで す 。

お 疲れ さ まで す 。

盗賊 か 。 先 を 急いで る 。 道 を あけろ 。

私 自身 は 盗賊 で は ございませ ん 。

今 から 盗賊 さん 登場 し ます んで ➡

皆さん に やって ほしい 段取り 等 々 です ね ➡

ご 説明 さ せて いただき ます 。 よろしい です か ?

元気です か ? 元気です よ !

俺 が 元気で どう する んだ っつ って ね 。

斬っちゃ えば ?

とりあえず 聞いて みよう 。 なんで だ よ 。

わりと 有名な 盗賊 さん な んです けど ➡

そこ まで 迫力 が ない んです ね 。 ただ 皆さん に は ➡

かなり 驚いた 感じ の リアクション 取って もらっちゃ おうか な と 思って ます 。

驚く の ? 皆さん の リアクション しだい で は ね ➡

本人 も ノリノリ に なっちゃ い ます んで ね 。

ノリノリ に さ せた くない です けど ね 。 はい 。

それでは 練習 さ せて ください 。 私 を 盗賊 だ と 思って いただいて ね 。

はい 。

出て きた 。 (3 人 ) うわ っ …。

惜しい 。 もう ちょっと 驚いちゃ い ましょう 。

「 ぬ ぬ ぬ ぬ っ 何 ヤツ !?」 くらい まで いっちゃ い ましょう か 。

恥ずかしい っす ね 。 恥ずかしく ない 。 ねっ !

はい 。 ねえ 斬っちゃ いなよ 。

おい 聞く 必要 ある の か ? はい やって み ましょう 。

はい 出た !

ぬ ぬ ぬ ぬ っ 何 ヤツ !?

すばらしい 。 他の 3 人 も 頑張れ ! ねっ 。

で その リアクション を いただいたら わりと 長 めの 自己 紹介 し ます 。

今 まで 斬り 捨てた 人 の 名前 と か 手 に 入れた 金品 の 自慢 。

あと 自分 の 必殺 技 と か 織り交ぜて 自己 紹介 あり ます んで ➡

その つど 「 何 !?」 的な リアクション ください 。

で それ が 済んだ ところ で かなり の 金品 食料 を ➡

要求 して きま ~ す 。 そ したら 何て 言い ましょう ?

そう は させる か ! わかって ます ね 。 お 兄さん 最高 。

ありがとう ございます 。 なに ちょっと 嬉し そうな の ヨシヒコ 。

で ここ から 戦って いただき ます ね 。

よき ところ で 負け ました って 言って もらい ます けども ➡

誰 が 言い ましょう か ? じゃあ 金髪 の お 兄さん お 願い し ます 。

いや ~ ちょっと 負け ました 言え ない …。

そんな こと 言わ ず に お 願い し ます 。 恥ずかしい んで 言え ないで すね 。

いや お 願い し ます 。 わかり ました 。

そし たら 最後 お決まり の 土下座 いき ます ね 。

ここ 頑張って ください ね 。

じゃ まずは 僕 が お 手本 やり ます 。

負け ました っつ って 。

負け ました ~。 こう …。

うわ ~!

まだ 本人 さん 登場 して ない のに 。

いや ご 本人 さん も 逃げ られて る と 思い ます よ 。

拍手 の 練習 を …。

よし 行く ぞ ヨシヒコ 。

何 ? なんで まだ 聞き た そう な の 。

何 好きな の ? もう 褒め られ ない から 行く 。

なんで 悲し そう な の 。

( 雷鳴 )

ヨシヒコ ヨシヒコ ~。

どう ? 運命 の 玉 集まって る ?

なんで 状況 把握 して ない んだ お前 は 。

今日 は ちょっと ね あの …。 なんて いう かな 。

提案 を し たい と 思って る の 。 プレゼン プレゼン …。

あ ごめん ちょっと ツバ が 飛んだ 。 プレゼン を し たい と 思って る 。

あの ね 玉 を 持つ 人 って 言い 方 が さ ➡

ちょっと やっぱり さあ なんか 少し さあ ➡

変な 感じ じゃ ん なんか 。 別に 。

ほう 嘘 。 そう ? じゃあ ちょっと ムラサキ 言って み ?

玉 を 持つ 人 。

あれ ま ! 堂々と して る 。

ねえ お前 もう あの 恥ずかし げ も なく ➡

そういう こと が 言える ような 年齢 に なった んだ ね 。

う っせ え ぞ この やろう 。

ペヤングフェイス ボッコボコ に して 大盛り の やつ に して や ん ぞ !

べ ~! もう すでに 大盛り と 同じ 大き さ な んです 。

むしろ 仏 の ほう が 大きい んです 。

な っ ! どちら が 仏 か わから ない 。

おい ちょっと 待て 。 ヨッ ちゃん ちょっと 待って 。

え 嘘 ? ヨ ヨッ ちゃん に は さ なに これ も 仏 に 見える の ?

区別 が つき ませ ん 。 マジ で !?

おい 早く 用件 を 話せ 。

そう か おお … じゃあ さ 俺 もう 今日 こっち で 話す わ 。

こっち で 話す … どうも 。

どうも どうも 。 ええ 仏 で ござい …。

仏 で ござい マッシングブル ー !

まあ いい や 。 余計な こと は 言い ませ ん 。

えっ と … 玉 を 持つ 人 って いう の を です ね ➡

これ から 玉 人 と 呼ぶ こと に いたし ます 。

で ええ と 次の 玉 人 が いる ところ が です ね ➡

ここ から ざ っく り ➡

東 に 向かった ところ に ある サラゴナ の 村 です 。

テメエ この 前 北 って 言った じゃ ねえ かよ 。

なんか さ こっち の ほう が イライラ し ない 。

てい うか こっち の ほう が よく ねえ か ?

( 鼻歌 )

♬「 これ は テレビ で やる こと か これ は テレビ で やる こと か 」

ウ ー ! ウ ー ! ウ ー !

まあ あの で とにかく です ね 。

いつも の ごとく その 玉 人 が 誰 な の か は …。

知り ませ ~ ん !

ムカツク なあ 。 もう ずっと ペヤング で やって 。

え ちょっと 待って 。 そ したら あの …。

私 もう これ から ロケ に 来 なくて よく なる よ ?

ロケ と か 言わ ない の 。

もう さ あれ だ よ もう ずっと さ あの …。

この ペヤン ペヤング の フタ に さ …。

アフレコ し てれば い いって こと に なっちゃ うよ ?

アフレコ と か 言わ ない の 。

なにやら 村人 に 覇気 が ない な 。

すみません 。 はい 。

この 村 に 神々しく 光る 玉 を お 持ち の 方 は いま せ ん か ?

光る 玉 ?

ああ それ なら この 村 の 王様 が 持って る はずだ よ 。

姫 様 が 生まれた とき に な ➡

空 から ふわ ~ って 降って きた 玉 って いう んで ➡

この 村 じゃ 超 有名だ よ 。

と いう こと は 玉 人 は その 姫君 か …。

なに ? それ は 本当 か ?

北 の 山 に 棲 む 魔物 の 涙 を 飲ま せれば ➡

フロリア 姫 は 治る の か ?

はい 。

それ は よかった 。

イヤハハハハッ 本当に よかった ! それ は よい 知らせ じゃ 。

早速 それ を 手 に 入れよう で は ない か 。

ルドラン 様 。 旅 の 者 が お 会い し たい と 申して おり ます が 。

姫 は こうして 一 年 以上 も 眠り 続けて おる 。

この 眠り を 覚ます の は ➡

その 魔物 の 涙 しか ない と いう のだ 。

かわいそうに 。

わし は 決めた ぞ 。

その 魔物 の 涙 を 持ち帰った 者 と フロリア 姫 を 結婚 さ せる 。

結婚 ?

結婚 って …。

ときに ルドラン 王 。

姫君 が 生まれた とき に こう 光る 玉 …。

さあ ! 村 の 男 たち に 発表 しよう 。

村 の たくましき 男 たち が 必ずや ➡

まもら … ま もろ ろ …。

魔物 の 涙 を … 持ち帰る であろう !

ま も … 王 よ ちょっと お 待ち を !

王 は 職務 に 戻ら れ ます 。

おう !

魔物 の 涙 言いにくい んだ な あの 人 な …。

ハァ … しかし これ は やはり ➡

魔物 の 涙 と やら を 持ち帰ら ない と ➡

玉 は 見せて も もらえ ない ようだ 。

って こと は ヨシヒコ この 姫 様 と 結婚 する って こと ?

そんな もの は 拒否 して 玉 だけ もら や ぁ いい んだ よ 。

な ? それ は そう だ 。 我々 は ➡

魔 王 を 倒す ため に 旅 を して る んだ 。

こんな ところ で 結婚 など …。

惚れた な こりゃ 。

ヨシヒコ 俺 たち の 目的 は 姫君 じゃ ない 。

導か れ し 者 の オ ー ブ ぞ 。

ヨシヒコ !

はっ …。

はっ … じゃ ない よ 。

お前 完全に 惚れ ました フェイス の 真っ最中 だった ぞ ?

そんな わけない でしょう !

どこ 見て んだ よ ? 我々 の 目的 は 魔 王 を 倒す こと だ 。

こっち 見ろ よ 。

しかし この 姫君 を 救わ ない こと に は ➡

玉 は 手 に 入ら ん 。

その とおり だ !

どこ 見て … こっち 見なさ いって 。

行き ましょう !

( ムラサキ ) 行こう ぜ 。

動き なさい よ 。

行き ましょう …。 ヨシヒコ が 先頭 な の !

皆 の 者 覚悟 は よい か ?

まいる ぞ 。

いい か ?

用意 !

フフフッ … まるで 運動 会 だ な バカバカ し い 。

ところで ヨシヒコ 。

う お ~!

惚れた な 。 うん …。

フライング しちゃ って る もん ね アイツ 。

あれ 玉 の こと が さ 二の次 に なっちゃ って る から ね あの 子 ね 。

ああ よく ある こと だ 。

いざ と なったら 目 を 覚ます !

さあ 行こう 。 うむ 。

どうした ムラサキ ? 私 行か ない 。

ん ? ん ? ん ? それ は ?

なんか 体調 悪い 。 村 で 待って る わ 。

あっ あっ あっ あ そ っか 。

あ そ っか うん うん 。

( ため息 )

ラブスト ー リ ー の ヒロイン っぽい 感じ で 夜空 を 見上げる お嬢さん 。

フフフフ !

星空 を 見上げて ため 息 ひと つって こと は ➡

恋 の 悩み だ ね 。 いえ そんな …。

なんなら 私 が 相談 に のって やって も いい んだ よ 。

平気です 。 私 あなた みたいな 魔女 に 話す ほど ➡

簡単な 女 じゃ ない ので 。

魔女 ? 私 の どこ が 魔女 なんだい ?

魔女 です よ ね ? 最も ベタ な 感じ の 魔女 です よ ね ?

ど っ から どう 見て も スナック の ママ で は ないで す よ ね ?

それ は どう かな 。

何 な んだ よ あれ !

ぜ って ぇ 結婚 する って 言う に 決まって んだ よ !

いやいや いや 大丈夫 よ 。

ずっと 一緒に 冒険 して きた 仲間 なんだ ろ ?

向こう だって アンタ に 惚れて る に 決まって んだ 。

う っせ ぇ ババア ! わし っ 鼻 ババア ! そして シャクレ ! わし 猪木 !

お前 に 何 が わかん だ よ !?

アイツ はね 天下一 の バカ な の ! ちょっと かわいい 女の子 見る と ➡

すぐ 惚れて 私 の こと なんか 忘れ んだ よ !

しかたない ねぇ 。

だったら その 姫君 と やら に ➡

永遠に 眠って もらえば いい じゃ ない か 。

そう ! いつまでも 寝て りゃ いい んだ よ !

ん ? 何 これ ?

ねむ ねむ の 実 だ よ 。

ねむ ねむ の 実 ?

これ を 食べた 者 は 10 年間 眠り から 目覚める こと は ない 。

たとえ その 魔物 の 涙 を 飲んだ とて …。

これ を …。

食べ させる んだ フロリア に 。

村 の 男 たち は もはや 追いつく 気配 すら ない な 。

そう いえば ムラサキ は ? 今 ?

どうした ん です か ? ムラサキ は 。

今 気づいた の ?

え ~ っと ね 体調 が すぐれ ない らしくて 村 に 。

そう でした か 。

ヨシヒコ 正直に 言え 。

姫君 に 惚れた か ?

そんな バカ な ! 私 は 勇者 です よ 。

女 に うつつ を 抜かす など 。

今 それ は 何 を 書いて いる ?

子供 の 名前 を 考えて ます 。 惚れ と んな !

違い ます よ ! 万が一 の ため です よ 。

あっ そう だ 。 式場 を 選ば なくて は 。

おい パパパパ ー ン を 読む …。

パパパパ ー ン を 読ま ないで よ ねぇ 。

ちょ … な に 何 な の ? なんで チェック 入れる んだ よ ?

ねぇ ダンジョ ー どう 思う ? この 状況 。

確かに ヨシヒコ は あれ だ 。 巨乳 好き で は ない か 。

見る に あの 姫君 まな板 だ 。

惚れる 要素 が ない 。

あの 姫君 横 に なって る だけ で 胸 チェック して た の ?

もう や っぱ ベ ー スケ お っ さん だ な 。

ベ ー スケ は いい が お っ さん と 言う な 。

ベ ー スケ は いい んだ 。

ダ ー ッ !

無理だ な 。 寝て んだ もん な 。

ヘッヘッヘッ …。

ダ ー ッ !

飲み込ま ねえ な 。

ヘッヘッヘッ …。

何 ヤツ !? あっ や べ ぇ 。

そろそろ 魔物 の 洞窟 に 着き ます 。

魔物 の 気配 が とてつもない 。

しかし ヨシヒコ よ その 魔物 の 洞窟 を ➡

守り し 化け物 が おる と 言って いた ぞ 。

ただし その 姿 から は 想像 でき ない ➡

凶暴な 守り神 だ と 言って いた ぞ 。

ん ? ん ? ん ?

あれ は ?

あれ は 太鼓 の 卓越 した 人 の …。

あれ が 残虐 きわまりない 凶暴な 守り神 な の か 。

ハハハハ ! あれ は 太鼓 の 妖精 だ 。

あんな かわいい 妖精 を 凶暴 など と 笑 止 千万 !

よし 俺 が 叩いて やる 。

ドン ドン ドン カラカッカ 。

ドドン ドン 。 ダンジョ ー や ばい よ この パタ ー ン 。

なんか や ばい に おい が どんどん する よ !

う お ~ っ !

なんだ と !? そら 言わ ん こっちゃ ない 。

おのれ キラ ー 太鼓 め !

メレブ と 見せかけ …。

ぎ ゃ ~ っ !

あ ~ っ !

寝言 でも ドン と 言って や がる 。 ( いびき )

まさか ここ でも ブラズ ー レ が 役立つ と は な 。

太鼓 の くせ に ブラ の ずれ 気 に する なんて 。

なんて こった い 。

フロリア は あと 少し で 命 を 失う と いう のに ➡

あの 魔物 の 涙 を 持ってこ られたら ➡

目 を 覚まし ち まう 。

何 これ ?

私 は ね フロリア が 死んだら ➡

その 血液 を 全部 飲み干す 算段 だった んだ よ 。

そう すれば 二十 歳 に 若返る はずだった んだ 。

そんな こと … やっぱり アンタ 魔女 だった の ね !

ど っ から どう 見て も 魔女 でしょう よ !

魔女 オブ ザ 魔女 でしょう よ !

えっ 逆に なんだ と 思って た んだ よ !

アタシ は ね … 二十 歳 に 若返ったら ➡

広瀬 すず の 顔 に なれる はずだった んだ ! 誰 だ よ 。

ま ぁ しかたがない 。 フロリア に は 数 段 劣る が ➡

アンタ の 血液 を 吸い取る こと に する よ 。

今 ねむ ねむ の 実 を アレ する から ちょっと 待って な 。

は !? ふざけ ん な よ テメエ !

数 段 劣る と か ぜ って え 殺す かんな !

おい ババア ! おい !

う お ~!

やめて よ 。 う あ ~!

この 魔物 強い ぞ 。

倒す 必要 は ない のです 。

スネ の ところ を 叩けば 涙 は でる 。

なるほど そこ は 弁慶 も 泣く らしい から な 。

スネ ~!

だから やめて って 。 あ ~!

予想 以上 に 強い 。

たぶん ね アイツ スネ 叩いた くらい じゃ 泣か ん ぞ 。

ああ かもし れ ん なぁ 。

どう したら 泣く んだ 。

もう 中 で タマネギ を 切り 続ける しか …。

しかし ヤツ の 目の前 で ➡

何 日 も タマネギ を 切り 続け られる もの だろう か 。

そんな 絶望 感 の さなか ➡

そんな なか でも 新しい 呪文 を ゲット した 私 であった 。

すごい ! それ は この 状況 を 打開 できる 呪文 です か ?

ど ~ かな ~。

どんな 呪文 だ 。

なんと この 呪文 は ➡

グル ー プ 全体 の 守備 力 と 攻撃 力 を 一気に 上げる 呪文 だ よ !

なんと ! どちら も です か ? そんな 呪文 初めて だ !

おお … 2 つ と も 上がれば 敵 の 攻撃 に 耐え ながら ➡

猛烈な 勢い で タマネギ を 切り 続ける こと が できる 。

さっそく かけて みせよう ぞ 。 その 名 も チア ー ズ 。

チア ー ズ !

(2 人 ) フゥ ~!

(2 人 ) レッツゴ ー ヨシヒコ レッツゴ ー ダンジョ ー !

(2 人 ) レッツゴ ー メレブ オ ー フゥ ー !

どう だ この 呪文 。

地元 の 大学生 が やってきて 応援 して くれる ぞ !

本物 だ ぞ ! 見た か あの リフトアップ 。 いい 低 さ だった ねぇ ~。

これ で 一気に 守備 力 と 攻撃 力 が 上がった ぞ !

俺 は むしろ 下がった 気 が する 。

ヨシヒコ は どう だ ?

なんだか 応援 さ れて 元気に なった 気 が し ます !

チア ー ズ !

しかし タマネギ が … タマネギ が ない !

元気 が あれば タマネギ など いら ん !

ゆく ぞ ! はい !

あ ~!

魔物 め ! 涙 が 出る ほど やっつけて やる !

ぬ あ ~!

やはり ダメ か 地元 チアリ ー ダ ー の 応援 だけ で は 。

俺 に 任せろ 2 人 と も 。

こういう もん は な 年の功 が もの を 言う もん さ 。

いい か 魔物 よ ~ く 聞け 。

1 杯 の かけ そば って 話 が あって な 。

お ~ なるほど そっち で いく の か 考えた な 。

ある 親子 が 夜 遅く に そば 屋 に 行って な 。

天ぷら そば 2 つ と 頼んだ 。

ん ん ん ? ふた ? ん ?

そし たら 店 の 主人 が ➡

もう 遅くて そば 1 人 前 しか ない って 言 いやがる んだ 。

親子 怒った ね 。

そば 屋 な のに そば が ねえ って どういう こと だ この 野郎 !

って な 。

ダンジョ ー この 話 の 展開 で どう やって お 涙 ちょうだい する つもりだ ?

主人 は 言った 。

天ぷら だけ じゃ ダメ です か ? って 。

ダメ に 決まって る だ ろ !

もう いい から そば 買って こい ! 外 で !

親子 は 一 歩 も 引か ない 。

そば 屋 も こんな 時間 に そば 買って くるって ➡

そば 売って る 店 なんか ねえ ! っつ って もう ケンカ だ 。

ああ ああ 大 ゲンカ 。

泣け ない よ ね この 展開 は 泣け ない よ ね ねえ ?

親子 が ね とうとう 言った よ 。

金 なら いくら でも 出す から ➡

今 から そば の 実 収穫 して そば 粉 に して ➡

そば を 打てよ ! って 。

確かに 夜 遅い けど でき ない こと じゃ ないだ ろ って 。

この 話 は どこ に 着地 する の ? ねえ 。

まあ しかたがない から そば 屋 は そば の 畑 に 行って ➡

そば の 実 収穫 した と さ 。

終わり !? 終わり じゃ ない よ ね ?

え ? ちょ … や だ ~ 泣いて る の ?

ヨシヒコ 泣いて る の 。

なんらか の ツボ に ハマ って 泣いて る の 。

そし たら …。

そば の 畑 に 女 の 死体 が ぐ わ ~!

うわ ~ っ ! あ ~ っ 何 これ 。

何 この 話 どこ に 向かって る の ?

ヨシヒコ まっすぐ 聞いて る 。

言う な よ 。

話 が 長 すぎて 眠く なって ➡

あくび した とき の 涙 だって 絶対 言う な よ 。

そう だ な 。 倒さ れた 悔し さ で ➡

流した 涙 と いう こと に しよう 。 な ?

勇者 様 が お 帰り に なった ぞ !

( 歓声 )

勇者 様 !

さ ぁ 勇者 よ ご 苦労であった 。

それ が その … 魔物 の 涙 か 。

はい 。

さ ぁ 夫 と なる キミ から 飲ま せて やって くれ 。

姫 よ 目覚めた まえ 。

♬~

お ~ っ ! 起きた 。

姫 が 目 を 覚ました ぞ !

あなた 様 が ➡

私 を 起こして くださった のです か ?

はい 。

フロリア よい か ? わし は お前 を 起こす こと が できた 男 と ➡

お前 を 結婚 さ せる と 誓った 。

お前 は それ で よい な ?

お 待ち ください ルドラン 殿 。

実は …。 あぁ わかって おる 。

最初 ここ へ 来た とき に 1 人 お な ご を 伴って おった な 。

選ぶ が よい 。 フロリア か ➡

冒険 を ともに して いる あの お なご か 。

あっ 出た ! これ 「Ⅴ」 の やつ だ 。

何 だ それ は ? どっち か 選ぶ の 。

大 富豪 の 姫君 か 幼なじみ か 花嫁 を 。

どちら でも よい ぞ 。

そ なた の 人生 じゃ 。

うん うん 。 で ま ぁ こうや って 悩む んだ けど ➡

ほぼ ほぼ の 人 が 幼なじみ の ➡

一緒に 旅 して る 女の子 を 選ぶ わけ 。 そりゃ そうだ よね 情 が ある から 。

で 姫君 の ほう を 選んだり する と 「 おい !」 って 。

「 おい お前 マジ かよ 。 おい !」 って 言わ れたり する わけ 。

結婚 して くださる のです か ? 勇者 様 。

すみません と いう こと で 申し訳ない …。

し ます ! おい !

結婚 し ます ! おい ~!

いい じゃ ない か 5 人 で 旅 すれば 。 私 は 冒険 など 怖い のです 。

よ ~ し 早速 式 の 用意 だ 。

式 を 挙げる ぞ 。 ハハハッ !

ハハハッ ! ハハハッ !

( 歓声 )

起きろ ムラサキ 。 起きろ !

ん … あれ ? 魔女 は ?

あんな もの は 一撃 だ 。 ただ の ババア だ しな 。

そんな こと じゃ ない ! 早く し ない と ➡

ヨシヒコ は 結婚 して まう ぞ 。

いい よ し たきゃ すれば 。

ホント に いい の か ? ムラサキ 。

結婚 しち まったら ヨシヒコ は 二度と 戻って こ ない ぞ 。

いい よ 別に 好きで も なんでも ねえ し 。

やせ我慢 は よせよ 。

ホント に いい の かい ?

お前 の 勇者 を 取ら れて も 。

お前 が 行か なきゃ お前 の 恋 の 冒険 終わ っち まう ぜ 。

魔 王 を 倒す 。

魔 王 を 倒す ため だ から な !

♬~

それでは お 二 人 誓い の キス を 。

( 扉 を 叩く 音 )

フロリア やっぱり 僕 は キミ じゃ なきゃ ダメ な んだ !

結婚 して くれ !

お前 は … 誰 ?

あなた は ラクトル !

ずっと 眠って いた から 忘れて しまって いた 。

迎え に 来て くれた の ね ラクトル 。

さあ 行こう 2 人 で 幸せな 家庭 を 築く んだ !

ラクトル !

あっ ちょ マジ すみません 。 あっ キモ い …。

ラクトルパンチ !

さあ 行こう !

( 鐘 の 音 )

なんか ごめん ね 。

なんか ジ ー ン と きた よ ね 。

まあ お 詫び だ と して も 玉 もらえて よかった ね 。

しかし 彼女 が 玉 人 だ と する と 魔 王 と 戦う 際 に ➡

彼女 を 召喚 する は めに なる ぞ 。 いい よ アイツ は 呼ば なくて 。

怖い ~! つって た んだ ろ 使え ねえ 使え ねえ 。

来て も 私 が ぶ っ 飛ばす 。

召喚 し といて ぶ っ 飛ばす は ない であろう 。

だって ヨシヒコ だって 結婚 する フリ して ➡

玉 もらったら 逃げよう と 思って た んだ ろ ?

その とおり だ ! 当たり前だ ろ !

まあ そういう こと に して おこう 。 しかし たまら ん な 。

魔 王 を 前 に 女 2 人 で ケンカ さ れた 日 に は 。

兄 様 絶対 フロリア 様 が お 好きだった はず 。

心配だ わ また 変化 して お 助け し なければ 。

待って ~ 兄 様 !

ハッハッハッハッ ! や だ ~ ハッハッハッ !

×

We use cookies to help make LingQ better. By visiting the site, you agree to our cookie policy.