image

たまこまーけっと, Tamako Market Episode 1

Tamako Market Episode 1

冬 休み ど っか 行く

二 日 から お 母さん の 実家

初詣で は 一緒 に 行 こ う ね

ね ね クリス 餅 ツリー って どう かな

何 お 餅 で でき た クリスマス ツリー ほら ヨモギ と か 混ぜ 込 ん だ ら 樅 の 木 み たい に なる し

天辺 に は お 星 様 の 形 し た 黄粉 もち 飾ったり し て さ

スケール 感 は

片手 サイズ

玉屋 の 看板 商品 に なっちゃ う か も

餅 ツリー

玉子

みどり ちゃん かんな ちゃん じゃ あね

痛 ッ

空 が 青い ぜ

海 も 青い ぜ

秋刀魚 ください

まいど あり

玉 ちゃん 鯛 の 粗 も 持ってき な

花 が キレイ だ ぜ

木綿 を 二 丁

はい よ

揚げ たて 揚げ たて

わかった わかった

いい 香り が し て

眠たく なって

冷たく さ れ て

明るく

賑わって る 人並み 駆け抜ける 気分

呼び込 ん だ みたい に

溢れ て く again

飛び交って る ご 贔屓 に 得意 げ な 自分

膨ら ん だ 期待 に はしゃぎ たく なる

ぴょ ん っと 立って た よ

ずっと 待って た の

すれ違う その 笑顔

抱きしめ たい ギュッと

おいで さあ 皆

始まり は いつ でも 急に 走り出す

まるで どんな パーティー も 霞 む よう な

きらめく 場所 で ここ を 確かめ て い て

今日 も 寒い ね

玉 ちゃん 学校 今日 まで だ ね

そう だ よ

荷物 置か せ て ね

どうぞ

これ キレイ だ ね

今日 入った の よ

夜 に なる と 香り が する ん だ って

や だ 玉 ちゃん 大丈夫

息 息 でき てる

顔 が 顔 が

びっくり し た

や だ 何

お 花 と 一緒 に 入って き ちゃ った の かしら

鳥 かな

鳥 よ ね

ごめん ね 鳥 さん

痛く なかった . . .

駄目 だ ぜ

俺 に 惚れ ちゃ

喋った よ ね

玉 ちゃん

いや

驚 い た ぞ 娘

ごめんなさい

なんで 乗ら れ て ん だ ろ う

照れ て おる の か 娘

なんで こんなに 喋れ る ん だ ろ う

そんなに 褒める ん で ない

褒め て ない し

怖い し

降り て ほしい し

よ ~ 玉 ちゃん 鳥 飼った の か

飼って ない よ

あら いい わ ね 鳥

そんな いい もん じゃ ない よ

玉 ちゃん もっか い やって よ

せ ー の

あれ

いらっしゃい ませ

ありがとう ござい まし た

結構 可愛い もん だ ね

だから 駄目 な ん だ よ お め ぇ の 店 は よ

なん だ と この 野郎

もち 蔵

玉子

何 だ その 帽子

帽子 じゃ ない よ

また やって る ね

また やって る ん だ よ

まったく 父ちゃん たち は

うち より 三 日 早く 餅 屋 始め た から って 偉 そう に

お前 の ほう こそ チャラチャラ し や がって

ちった あ 伝統 受け継げ よ

とんで も ねえ ことし や がって

ライス ケーキ oh zee

ダセエ

この 看板 ダセエ

ありゃ 格好いい ね

大路 屋 の 看板 変え た の

さすが 玉 ちゃん

これ から は 餅 は 世界 に アピール し て いく 時代 な ん だ よ

英語 で ライス ケーキ って な

餅 は 餅 だ ろ う が

いや だ ね 時代遅れ の 頑固 職人 は

なん だ と この 野郎

ちょっと すみません よ

そこ 好き だ な

あれ 頭 が 軽く なった

本当 に ごめんなさい

痛かった ろ う な

家 の 中 で 冷やし た ほう が いい の か な

お 帰り

ただいま

食べる かい

そ ー っと ね そ ー っと

お 爺ちゃん

うち は なんで 餅 屋 な の

さあ 始め た の は お 爺ちゃん の お 爺ちゃん だ から ね

それ が どうか し た の かい あんこ

言って る でしょ う あん この こと は あん って 呼 ん で

あんこ が 可愛い けど ね

そう かな

悪かった な

ただいま

あんこ

お 帰り

あれ も っち ー だ いらっしゃい

おい 小僧

何 どさくさ 紛れ て うち に 上がり 込 ん で ん だ

え ー と それ その . . .

何 これ

鳥 だ と 思う ん だ けど お 花屋 さん に 置 い て あった から

もしかしたら お 花 かも

そんな わけ ある か よ

気 が つい た

よかった

私 は 由緒 正しき 王家 の もの で ある

私 の 王子 の 妃 を 探す ため わが国 を 旅立った

旅 の 途中 に 何やら 意識 が 遠退き

気 が つい た 時 に は お前 が 目の前 に

そして お前 は 私 に 向 って 思いっ切り 求愛 し て き た で あ ろ う

喋って や がる ぜ

私 に は 王子 の 妃 を 探す と いう 大事 な 役目 が ある が

気持ち 悪い

本 回 ばかり は 特別 に

ほんの 暫く の 間 だけ 私 の そば に おい て やろ う

喜べ 娘 よ

私 に 向 って くしゃみ を し た で あ ろ う 思いっ切り

あの よう に し て 娘 の ほう から くしゃみ を する こと は 求愛 の 合図

娘 の 思い を 受け取った 証 に 私 の 自慢 の 羽 を 見せ て や ろうか

ほれ

ほれ じゃ ねえ や

どん だけ 喋 ん だ よ この 鳥 は よ

教養 が ある もの で な

玉子 それ 今 すぐ 捨て に 行 こ う ぜ

無礼 な

普通 鳥 は こんなに 喋ら ない ん だ よ

鳥 鳥 言う な

私 の 名 は

自分 で 名乗る の か この 鳥 は

だから ただ の 鳥 で なく 私 は

デラ ・ モチマッヅィ

お前 もう 一 遍 言って み な

私 は デラ ・ モチマッヅィ

餅 は まずく ねえ

お 父さん

お 父さん

て め え に お 父さん って 呼ば れる 筋合い は ねえ

ごめんなさい

それにしても ここ は 一体 どこ な ん だ

変 な 人間 ばかり だ し

やたら と 寒い し

お 風呂 いって くる ね

偶に は うち の 風呂 に も 入れよ

はい

寒 ッ

息 白い よ ほら

あの 鳥飼 う の 玉 ちゃん

どう し よっ か

玉 ちゃん が ちゃんと 鳥 の 本 買って た の あんこ 知って る よ

ありゃ バレ て たか

あんな 鳥 見 た こと ない から

珍しい な と 思って さ

でも 名前 が よく ない よ ね

モチマッヅィ だ っけ

変え ちゃ え ば いい のに

もち 蔵

玉子

偶然 だ ね 今 帰り

いや 実は 俺 も 今 から

そう な の べ ちゃ べ ちゃ に 見える けど

あっ もち 蔵 もち 蔵

もう すぐ 私 の 誕生日

そう だ っけ

今年 こそ は な ん 送れ よ ね 毎年 何も くれ ない ん だ から さ

玉子 は 何 が 欲しい ん だ よ

って 玉子 い ねえ し

さ 寒い

鳥 お前 何 してん だ よ

さ 寒い

大丈夫 か よ

ここ 何 何 する とこ

銭湯 だ よ 体 洗ったり 暖まったり

行け 青年 よ

よう もち 蔵 また 来 た の か よ

玉子 ちゃん

ここ が 銭湯 か ね

お前 喋 ん な おっちゃ ん 腰 抜かし たら どう す ん だ よ

私 の アイデンティティ を 否定 する の か 無礼 な やつ

捨てる ぞ

今 の 何

何 が

今 その 鳥 が 喋った よ な

俺 子供 の 頃 から 動物 と 話す の 夢 な ん だ けど

私 の 名前 は デラ ・ モチマッヅィ 王家 の 使い 手 で ある

すげ え な もち 蔵

おっちゃん 鳥 いくら

暖かい ぞ それ に いい 匂い が する

青い 空

騙さ れ た

しかし 青年 よ 気 に 入った ぞ

もち 蔵

何 だ

なんか 鳥 の 声 が 聞こえる ん だ けど

娘 私 なら ここ に おる これ は また

この 鳥 ここ が 気 に 入った みたい だ ぞ

なかなか 可愛い とこ ある . . .

い ねえ

どこ 行き や がった

あれ 足 が 滑っちゃ っ た

おい

たま こ 隠せ

何 ?

アホ

もち もち たま や の もち

うる せ ー

おいしい もち

木本 さん の とこ 大 福 30 個 だって ね

あ たま こ 部活 ある ん だ ろ う いい ぞ

うん 木本 さん の とこ だけ 包 ん じゃ う ね

いって き ま ー す

たま こ

わかった

右 の 頬 も 叩 い て くれ

痛い 何 す ん だ よ

青年 よ お 主 は 変態 か

違う !

ところで なぜ 私 は お前 と 寝室 を ともに し て いる の だ

お前 が 女 風呂 覗 い た から だ ろ う

危なく って たま こ ん とこ に お い とけ ない から 俺 が

窓 を 開けろ

さらば 青年 よ

ちょっと 待て こら

よっ みどり ちゃん さすが 上手い ね

惚れ惚れ する よ

あ もう 餅 出し てる の

おいしい よ

出来 たて だ よ

お 花 見 た ま こ

どうぞ お 一 つ

いただ こ う

あ たま こ 粉

面目ない

もう すぐ 大晦日 だ ね

たま ちゃん の バースディ

たま こ 何 か ほしい もの ある ?

えっ と 看板 かな

はい ?

昨日 さ もち 蔵 ん ち が 新しい 看板 に 変え て ね

その 看板 うち の お 父さん の 力作 だ よ

大工 さん って 看板 も 作って る の

うち に も あー いう の ほしい な

あと は ネオンサイン と か ね

看板 は ちょっと な

目立って いい ね

うち は 他 に も

たま こ

たま ちゃん

たま こ 大丈夫

ごめんなさい

いえいえ とんでもない

こんな ところ に おでこ 置 い てる ほう が 悪い んで

まったく です

どれ 見せ て み な

いい 角度 だった ね

たま ちゃん の おでこ と シャトル の 関係 性 が さ

あっ 部長 き た

おはよう ございます

今年 こそ たま ちゃん の 誕生日 ちゃん と 祝わ ない と

もち や が ひと 段落 する 時間 を 狙って

みんな で ハッピー バース ティ を 歌う

バイバイ

バイバイ じゃ あね

娘 よ 戻った か

ただいま

頭 に 乗る の 好き な の

こんにち わ

いらっしゃい

この 曲 で も ない

なかなか ない もん だ な

何 が だ

小さい 頃 に お 母さん が よく 歌って た 歌 が ね

す っ ごく いい 曲 だった ん だ よ

こんな 歌

でも この 曲 じゃあ ない

なかなか 見つから ない ん だ

続き が 知り たく て この レコード 屋 さん で ずっと 探し てる ん だ けど

母上 に 聞け ば よい で は ない か

だ ね そう でき れ ば いい ん だ けど

お 母さん 私 が 五 年生 の 時 に

は ー 娘 私 の 胸 で 泣け

娘 の 涙 を 吸い込む くらい の 羽 は 持ち合わせ て おる

大丈夫 だ よ

それ より ね

あたし お 母さん が 大好き だった うち の お 餅 を みんな に 食べ て もらい たい ん だ

あたし は 餅 屋 の 娘 だ から ね

アインシュペンナー ゴールド ブレンド

いただき ま ー す

苦 コーヒー は 苦い でも それ は 生きる 苦 さ を 味わい に 変える ため

ありがとう

いけ ねぇ いけ ねぇ

俺 旅 の 途中 だ

俺 が 大事 な 使命 が ある ん だ

年 が 変わる まえ に 出て 行く ぜ

大晦日

ご馳走様

さて と 新作 餅 の 研究 でも する かな

アウト 今日 は 大晦日 だ 残念 だった な

ガーン 忘れ て た

今日 は 一 年 で 一 番 忙しい 日 だった

お 餅 地獄

それ は そう と し て よ う たま こ

何 結構 いった な 重い ん だ よ ね

お前 もう 「 もち う っ まい 」 に 名前 変えろ

ダメ だ モチマッヅイ は 高貴 な 名 で ある

さて あんこ も 手伝って お 店 いこ う

え ー あん この こと 「 あん 」 って 呼 ん で くれ たら ね

自分 で あんこ って いってん じゃ ねえ の か よ

あんこ お 餅 みたい で かわ いい

あんこ は いい の

あん

変 な 鳥 に 呼ば れ た

うち の 娘 泣か す な もち う っ まい

モチマッヅイ だ

名前 変えろ

断る

煎餅 三 つ まいど あり

毎度

出 ねえ な お節 餅

いい アイデア と 思った のに

吾平 ちゃん 本物 の お節 が いい に 決まって る ん でしょ う

今年 こそ は 渡さ ない と な 誕生日 プレゼント

バカ

よ ー し いい 感じ の 羽 に なった

や べ ー 体 が 重い ぜ

こんな ん で 海 超え られる の か 俺

やっ もう いく って 決め た ん だ

それ に これ 以上 ここ に いる と

俺 や ばい

絶対 や ばい

終わった これ で お 正月 が 迎え られる ね

お腹 すい た

年越し そば でも 作 ろ う か

皆 の もの

辛い と は 思う か

俺 は いく ぜ

え ?

娘 よ 俺 は 今日 で ここ を 出て 行く

俺 って

出会い に は 別れ が ある もの だ

泣く な 泣く な よ 気持ち は わかる

例え お 主 が 泣 こ う と 男 の 道 は 続く の さ

止める な 止める な 餅 屋 の 娘

そ っか 気 を つけ て ね

せっかく だ から 食べ て 行き な よ

つき たて ほやほや の お 餅

これ は まだ 食べ た こ と ない でしょ う

これ が 一 番 おいしい ん だ

はい

どう

鳥 さん

よっ し

今年 は

渡し ま しょ う ね

よっ もち 蔵

プレゼント ?

いや

しっかり し て

大変 誰 か お 医者 さん

あ どう し た

何 が あった の

死 ん じゃ う このまま だ と 餅 を 喉 に 詰まら せ て

たま こ しっかり しろ

たま ちゃん

たま ちゃん

たま こ

たま ちゃん

いや 私 じゃ なく て ね

たま こ ちょっと 貸し て みろ

で た

餅 うま ー い

よ よかった

びっくり し た ごめん ね

どういう わけ だ か やって き た 見知らぬ 町 の 商店 街

旅 の 途中 で 会った の は なぜ か 餅 屋 の 娘 だった ぜ

よかった よかった

じゃ ね 良い お 年 を

良い お 年 を

あら や だ

また や っち まっ た

お 誕生日 が 終わっちゃ っ た

毎年 バタバタ し て すま ない な

私 も 毎年 忘れ ちゃ って る し

お 姉ちゃん 電話 光って る よ

かんな ちゃん 頑張った な

うわ ー ありがたい ね

これ で 商売 繁盛 すれ ば 言う こと な しだ

蕎麦 も いける な

それ 私 の お そば

お 妃 様 を 探し て 島 に 戻る の は もう ちょっと だけ 先 に なり そう だ ぜ

デラ デラ

回る 回る レコード

膨れ て 弾け たら

焦げ 目 音符 に なる よ

ドライヤー で 直ら ない 機嫌 と

喋り 過ぎ た 昨日

コンタクト を 外し て み た

世界 が ぼやけ て

一瞬 だ けど

居場所 を 確認 し ちゃ う よ

いつか 離れ て いく の か な

探し物 は いつも

そば に 隠れ てる の

手探り の 朧 知って る くせ に

あー 回る 回る レコード

膨れ て 弾ける の

でも ね 不思議 な メロディー

きっと 忘れ ない よ

あけ まして おめでとう ございます たま こ です

鏡餅 は 半紙 を 敷 い た 三 方 の 上 に 乗せ て

橙 ・ 譲葉 ・ 昆布 を 添え て ね

二十八 日 に 飾る ところ が 多い みたい

次回 は どんな お 餅 が 食べ られる かな



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

Language learning online @ LingQ

Tamako Market Episode 1 tamako|market|episode

冬 休み ど っか 行く ふゆ|やすみ|||いく

二 日 から お 母さん の 実家 ふた|ひ|||かあさん||じっか

初詣で は 一緒 に 行 こ う ね はつもうで||いっしょ||ぎょう|||

ね ね クリス 餅 ツリー って どう かな ||くりす|もち|つりー|||

何 お 餅 で でき た クリスマス ツリー なん||もち||||くりすます|つりー ほら ヨモギ と か 混ぜ 込 ん だ ら 樅 の 木 み たい に なる し |よもぎ|||まぜ|こみ||||しょう||き|||||

天辺 に は お 星 様 の 形 し た 黄粉 もち 飾ったり し て さ てっぺん||||ほし|さま||かた|||きなこ||かざったり|||

スケール 感 は すけーる|かん|

片手 サイズ かたて|さいず

玉屋 の 看板 商品 に なっちゃ う か も たまや||かんばん|しょうひん|||||

餅 ツリー もち|つりー

玉子 たまご

みどり ちゃん かんな ちゃん じゃ あね

痛 ッ つう|

空 が 青い ぜ から||あおい|

海 も 青い ぜ うみ||あおい|

秋刀魚 ください さんま|

まいど あり

玉 ちゃん 鯛 の 粗 も 持ってき な たま||たい||そ||もってき|

花 が キレイ だ ぜ か||||

木綿 を 二 丁 もめん||ふた|ちょう

はい よ

揚げ たて 揚げ たて あげ||あげ|

わかった わかった

いい 香り が し て |かおり|||

眠たく なって ねむたく|

冷たく さ れ て つめたく|||

明るく あかるく

賑わって る 人並み 駆け抜ける 気分 にぎわって||ひとなみ|かけぬける|きぶん

呼び込 ん だ みたい に よびこ||||

溢れ て く again あふれ|||

飛び交って る ご 贔屓 に 得意 げ な 自分 とびかって|||ひいき||とくい|||じぶん

膨ら ん だ 期待 に はしゃぎ たく なる ふくら|||きたい||||

ぴょ ん っと 立って た よ |||たって||

ずっと 待って た の |まって||

すれ違う その 笑顔 すれちがう||えがお

抱きしめ たい ギュッと だきしめ||ぎゅっと

おいで さあ 皆 ||みな

始まり は いつ でも 急に 走り出す はじまり||||きゅうに|はしりだす

まるで どんな パーティー も 霞 む よう な ||ぱーてぃー||かすみ|||

きらめく 場所 で ここ を 確かめ て い て |ばしょ||||たしかめ|||

今日 も 寒い ね きょう||さむい|

玉 ちゃん 学校 今日 まで だ ね たま||がっこう|きょう|||

そう だ よ

荷物 置か せ て ね にもつ|おか|||

どうぞ

これ キレイ だ ね

今日 入った の よ きょう|はいった||

夜 に なる と 香り が する ん だ って よ||||かおり|||||

や だ 玉 ちゃん 大丈夫 ||たま||だいじょうぶ

息 息 でき てる いき|いき||

顔 が 顔 が かお||かお|

びっくり し た

や だ 何 ||なん

お 花 と 一緒 に 入って き ちゃ った の かしら |か||いっしょ||はいって|||||

鳥 かな ちょう|

鳥 よ ね ちょう||

ごめん ね 鳥 さん ||ちょう|

痛く なかった . . . いたく|

駄目 だ ぜ だめ||

俺 に 惚れ ちゃ おれ||ほれ|

喋った よ ね しゃべった||

玉 ちゃん たま|

いや

驚 い た ぞ 娘 おどろ||||むすめ

ごめんなさい

なんで 乗ら れ て ん だ ろ う |のら||||||

照れ て おる の か 娘 てれ|||||むすめ

なんで こんなに 喋れ る ん だ ろ う ||しゃべれ|||||

そんなに 褒める ん で ない |ほめる|||

褒め て ない し ほめ|||

怖い し こわい|

降り て ほしい し ふり|||

よ ~ 玉 ちゃん 鳥 飼った の か |たま||ちょう|かった||

飼って ない よ かって||

あら いい わ ね 鳥 ||||ちょう

そんな いい もん じゃ ない よ

玉 ちゃん もっか い やって よ たま|||||

せ ー の |-|

あれ

いらっしゃい ませ

ありがとう ござい まし た

結構 可愛い もん だ ね けっこう|かわいい|||

だから 駄目 な ん だ よ お め ぇ の 店 は よ |だめ|||||||||てん||

なん だ と この 野郎 ||||やろう

もち 蔵 |くら

玉子 たまご

何 だ その 帽子 なん|||ぼうし

帽子 じゃ ない よ ぼうし|||

また やって る ね

また やって る ん だ よ

まったく 父ちゃん たち は |とうちゃん||

うち より 三 日 早く 餅 屋 始め た から って 偉 そう に ||みっ|ひ|はやく|もち|や|はじめ||||えら||

お前 の ほう こそ チャラチャラ し や がって おまえ|||||||

ちった あ 伝統 受け継げ よ ||でんとう|うけつげ|

とんで も ねえ ことし や がって

ライス ケーキ oh zee らいす|けーき||

ダセエ

この 看板 ダセエ |かんばん|

ありゃ 格好いい ね |かっこいい|

大路 屋 の 看板 変え た の おおじ|や||かんばん|かえ||

さすが 玉 ちゃん |たま|

これ から は 餅 は 世界 に アピール し て いく 時代 な ん だ よ |||もち||せかい||あぴーる||||じだい||||

英語 で ライス ケーキ って な えいご||らいす|けーき||

餅 は 餅 だ ろ う が もち||もち||||

いや だ ね 時代遅れ の 頑固 職人 は |||じだいおくれ||がんこ|しょくにん|

なん だ と この 野郎 ||||やろう

ちょっと すみません よ

そこ 好き だ な |すき||

あれ 頭 が 軽く なった |あたま||かるく|

本当 に ごめんなさい ほんとう||

痛かった ろ う な いたかった|||

家 の 中 で 冷やし た ほう が いい の か な いえ||なか||ひやし|||||||

お 帰り |かえり

ただいま

食べる かい たべる|

そ ー っと ね そ ー っと |-||||-|

お 爺ちゃん |じいちゃん

うち は なんで 餅 屋 な の |||もち|や||

さあ 始め た の は お 爺ちゃん の お 爺ちゃん だ から ね |はじめ|||||じいちゃん|||じいちゃん|||

それ が どうか し た の かい あんこ

言って る でしょ う あん この こと は あん って 呼 ん で いって||||||||||よ||

あんこ が 可愛い けど ね ||かわいい||

そう かな

悪かった な わるかった|

ただいま

あんこ

お 帰り |かえり

あれ も っち ー だ いらっしゃい |||-||

おい 小僧 |こぞう

何 どさくさ 紛れ て うち に 上がり 込 ん で ん だ なん||まぎれ||||あがり|こみ||||

え ー と それ その . . . |-|||

何 これ なん|

鳥 だ と 思う ん だ けど ちょう|||おもう||| お 花屋 さん に 置 い て あった から |はなや|||お||||

もしかしたら お 花 かも ||か|

そんな わけ ある か よ

気 が つい た き|||

よかった

私 は 由緒 正しき 王家 の もの で ある わたくし||ゆいしょ|ただしき|おうけ||||

私 の 王子 の 妃 を 探す ため わが国 を 旅立った わたくし||おうじ||きさき||さがす||わがくに||たびだった

旅 の 途中 に 何やら 意識 が 遠退き たび||とちゅう||なにやら|いしき||とおのき

気 が つい た 時 に は お前 が 目の前 に き||||じ|||おまえ||めのまえ|

そして お前 は 私 に 向 って 思いっ切り 求愛 し て き た で あ ろ う |おまえ||わたくし||むかい||おもいっきり|きゅうあい||||||||

喋って や がる ぜ しゃべって|||

私 に は 王子 の 妃 を 探す と いう 大事 な 役目 が ある が わたくし|||おうじ||きさき||さがす|||だいじ||やくめ|||

気持ち 悪い きもち|わるい

本 回 ばかり は 特別 に ほん|かい|||とくべつ|

ほんの 暫く の 間 だけ 私 の そば に おい て やろ う |しばらく||あいだ||わたくし|||||||

喜べ 娘 よ よろこべ|むすめ|

私 に 向 って くしゃみ を し た で あ ろ う 思いっ切り わたくし||むかい||||||||||おもいっきり

あの よう に し て 娘 の ほう から くしゃみ を する こと は 求愛 の 合図 |||||むすめ|||||||||きゅうあい||あいず

娘 の 思い を 受け取った 証 に 私 の 自慢 の 羽 を 見せ て や ろうか むすめ||おもい||うけとった|あかし||わたくし||じまん||はね||みせ|||

ほれ

ほれ じゃ ねえ や

どん だけ 喋 ん だ よ この 鳥 は よ ||しゃべ|||||ちょう||

教養 が ある もの で な きょうよう|||||

玉子 それ 今 すぐ 捨て に 行 こ う ぜ たまご||いま||すて||ぎょう|||

無礼 な ぶれい|

普通 鳥 は こんなに 喋ら ない ん だ よ ふつう|ちょう|||しゃべら||||

鳥 鳥 言う な ちょう|ちょう|いう|

私 の 名 は わたくし||な|

自分 で 名乗る の か この 鳥 は じぶん||なのる||||ちょう|

だから ただ の 鳥 で なく 私 は |||ちょう|||わたくし|

デラ ・ モチマッヅィ

お前 もう 一 遍 言って み な おまえ||ひと|へん|いって||

私 は デラ ・ モチマッヅィ わたくし|||

餅 は まずく ねえ もち|||

お 父さん |とうさん

お 父さん |とうさん

て め え に お 父さん って 呼ば れる 筋合い は ねえ |||||とうさん||よば||すじあい||

ごめんなさい

それにしても ここ は 一体 どこ な ん だ |||いったい||||

変 な 人間 ばかり だ し へん||にんげん|||

やたら と 寒い し ||さむい|

お 風呂 いって くる ね |ふろ|||

偶に は うち の 風呂 に も 入れよ たまに||||ふろ|||いれよ

はい

寒 ッ さむ|

息 白い よ ほら いき|しろい||

あの 鳥飼 う の 玉 ちゃん |とりかい|||たま|

どう し よっ か

玉 ちゃん が ちゃんと 鳥 の 本 買って た の あんこ 知って る よ たま||||ちょう||ほん|かって||||しって||

ありゃ バレ て たか

あんな 鳥 見 た こと ない から |ちょう|み||||

珍しい な と 思って さ めずらしい|||おもって|

でも 名前 が よく ない よ ね |なまえ|||||

モチマッヅィ だ っけ

変え ちゃ え ば いい のに かえ|||||

もち 蔵 |くら

玉子 たまご

偶然 だ ね 今 帰り ぐうぜん|||いま|かえり

いや 実は 俺 も 今 から |じつは|おれ||いま|

そう な の べ ちゃ べ ちゃ に 見える けど ||||||||みえる|

あっ もち 蔵 もち 蔵 ||くら||くら

もう すぐ 私 の 誕生日 ||わたくし||たんじょうび

そう だ っけ

今年 こそ は な ん 送れ よ ね 毎年 何も くれ ない ん だ から さ ことし|||||おくれ|||まいとし|なにも||||||

玉子 は 何 が 欲しい ん だ よ たまご||なん||ほしい|||

って 玉子 い ねえ し |たまご|||

さ 寒い |さむい

鳥 お前 何 してん だ よ ちょう|おまえ|なん|||

さ 寒い |さむい

大丈夫 か よ だいじょうぶ||

ここ 何 何 する とこ |なん|なん||

銭湯 だ よ 体 洗ったり 暖まったり せんとう|||からだ|あらったり|あたたまったり

行け 青年 よ いけ|せいねん|

よう もち 蔵 また 来 た の か よ ||くら||らい||||

玉子 ちゃん たまご|

ここ が 銭湯 か ね ||せんとう||

お前 喋 ん な おっちゃ ん 腰 抜かし たら どう す ん だ よ おまえ|しゃべ|||||こし|ぬかし||||||

私 の アイデンティティ を 否定 する の か 無礼 な やつ わたくし||あいでんてぃてぃ||ひてい||||ぶれい||

捨てる ぞ すてる|

今 の 何 いま||なん

何 が なん|

今 その 鳥 が 喋った よ な いま||ちょう||しゃべった||

俺 子供 の 頃 から 動物 と 話す の 夢 な ん だ けど おれ|こども||ころ||どうぶつ||はなす||ゆめ||||

私 の 名前 は デラ ・ モチマッヅィ 王家 の 使い 手 で ある わたくし||なまえ||||おうけ||つかい|て||

すげ え な もち 蔵 ||||くら

おっちゃん 鳥 いくら |ちょう|

暖かい ぞ それ に いい 匂い が する あたたかい|||||におい||

青い 空 あおい|から

騙さ れ た だまさ||

しかし 青年 よ 気 に 入った ぞ |せいねん||き||はいった|

もち 蔵 |くら

何 だ なん|

なんか 鳥 の 声 が 聞こえる ん だ けど |ちょう||こえ||きこえる|||

娘 私 なら ここ に おる むすめ|わたくし|||| これ は また

この 鳥 ここ が 気 に 入った みたい だ ぞ |ちょう|||き||はいった|||

なかなか 可愛い とこ ある . . . |かわいい||

い ねえ

どこ 行き や がった |いき||

あれ 足 が 滑っちゃ っ た |あし||すべっちゃ||

おい

たま こ 隠せ ||かくせ

何 ? なん

アホ

もち もち たま や の もち

うる せ ー ||-

おいしい もち

木本 さん の とこ 大 福 30 個 だって ね きもと||||だい|ふく|こ||

あ たま こ 部活 ある ん だ ろ う |||ぶかつ||||| いい ぞ

うん 木本 さん の とこ だけ 包 ん じゃ う ね |きもと|||||つつ||||

いって き ま ー す |||-|

たま こ

わかった

右 の 頬 も 叩 い て くれ みぎ||ほお||たた|||

痛い 何 す ん だ よ いたい|なん||||

青年 よ お 主 は 変態 か せいねん|||おも||へんたい|

違う ! ちがう

ところで なぜ 私 は お前 と 寝室 を ともに し て いる の だ ||わたくし||おまえ||しんしつ|||||||

お前 が 女 風呂 覗 い た から だ ろ う おまえ||おんな|ふろ|のぞ||||||

危なく って たま こ ん とこ に お い とけ ない から 俺 が あぶなく||||||||||||おれ|

窓 を 開けろ まど||あけろ

さらば 青年 よ |せいねん|

ちょっと 待て こら |まて|

よっ みどり ちゃん さすが 上手い ね ||||うまい|

惚れ惚れ する よ ほれぼれ||

あ もう 餅 出し てる の ||もち|だし||

おいしい よ

出来 たて だ よ でき|||

お 花 見 た ま こ |か|み|||

どうぞ お 一 つ ||ひと|

いただ こ う

あ たま こ 粉 |||こな

面目ない めんぼくない

もう すぐ 大晦日 だ ね ||おおみそか||

たま ちゃん の バースディ

たま こ 何 か ほしい もの ある ? ||なん||||

えっ と 看板 かな ||かんばん|

はい ?

昨日 さ もち 蔵 ん ち が 新しい 看板 に 変え て ね きのう|||くら||||あたらしい|かんばん||かえ||

その 看板 うち の お 父さん の 力作 だ よ |かんばん||||とうさん||りきさく||

大工 さん って 看板 も 作って る の だいく|||かんばん||つくって||

うち に も あー いう の ほしい な

あと は ネオンサイン と か ね

看板 は ちょっと な かんばん|||

目立って いい ね めだって||

うち は 他 に も ||た||

たま こ

たま ちゃん

たま こ 大丈夫 ||だいじょうぶ

ごめんなさい

いえいえ とんでもない

こんな ところ に おでこ 置 い てる ほう が 悪い んで ||||お|||||わるい|

まったく です

どれ 見せ て み な |みせ|||

いい 角度 だった ね |かくど||

たま ちゃん の おでこ と シャトル の 関係 性 が さ |||||しゃとる||かんけい|せい||

あっ 部長 き た |ぶちょう||

おはよう ございます

今年 こそ たま ちゃん の 誕生日 ちゃん と 祝わ ない と ことし|||||たんじょうび|||いわわ||

もち や が ひと 段落 する 時間 を 狙って ||||だんらく||じかん||ねらって

みんな で ハッピー バース ティ を 歌う ||はっぴー||||うたう

バイバイ

バイバイ じゃ あね

娘 よ 戻った か むすめ||もどった|

ただいま

頭 に 乗る の 好き な の あたま||のる||すき||

こんにち わ

いらっしゃい

この 曲 で も ない |きょく|||

なかなか ない もん だ な

何 が だ なん||

小さい 頃 に お 母さん が よく 歌って た 歌 が ね ちいさい|ころ|||かあさん|||うたって||うた||

す っ ごく いい 曲 だった ん だ よ ||||きょく||||

こんな 歌 |うた

でも この 曲 じゃあ ない ||きょく||

なかなか 見つから ない ん だ |みつから|||

続き が 知り たく て この レコード 屋 さん で ずっと 探し てる ん だ けど つづき||しり||||れこーど|や||||さがし||||

母上 に 聞け ば よい で は ない か ははうえ||きけ||||||

だ ね そう でき れ ば いい ん だ けど

お 母さん 私 が 五 年生 の 時 に |かあさん|わたくし||いつ|ねんせい||じ|

は ー 娘 私 の 胸 で 泣け |-|むすめ|わたくし||むね||なけ

娘 の 涙 を 吸い込む くらい の 羽 は 持ち合わせ て おる むすめ||なみだ||すいこむ|||はね||もちあわせ||

大丈夫 だ よ だいじょうぶ||

それ より ね

あたし お 母さん が 大好き だった うち の お 餅 を みんな に 食べ て もらい たい ん だ ||かあさん||だいすき|||||もち||||たべ|||||

あたし は 餅 屋 の 娘 だ から ね ||もち|や||むすめ|||

アインシュペンナー ゴールド ブレンド ||ぶれんど

いただき ま ー す ||-|

苦 コーヒー は 苦い く|こーひー||にがい でも それ は 生きる 苦 さ を 味わい に 変える ため |||いきる|く|||あじわい||かえる|

ありがとう

いけ ねぇ いけ ねぇ

俺 旅 の 途中 だ おれ|たび||とちゅう|

俺 が 大事 な 使命 が ある ん だ おれ||だいじ||しめい||||

年 が 変わる まえ に 出て 行く ぜ とし||かわる|||でて|いく|

大晦日 おおみそか

ご馳走様 ごちそうさま

さて と 新作 餅 の 研究 でも する かな ||しんさく|もち||けんきゅう|||

アウト 今日 は 大晦日 だ 残念 だった な あうと|きょう||おおみそか||ざんねん||

ガーン 忘れ て た |わすれ||

今日 は 一 年 で 一 番 忙しい 日 だった きょう||ひと|とし||ひと|ばん|いそがしい|ひ|

お 餅 地獄 |もち|じごく

それ は そう と し て よ う たま こ

何 結構 いった な なん|けっこう|| 重い ん だ よ ね おもい||||

お前 もう 「 もち う っ まい 」 に 名前 変えろ おまえ|||||||なまえ|かえろ

ダメ だ モチマッヅイ は 高貴 な 名 で ある だめ||||こうき||な||

さて あんこ も 手伝って お 店 いこ う |||てつだって||てん||

え ー あん この こと 「 あん 」 って 呼 ん で くれ たら ね |-||||||よ|||||

自分 で あんこ って いってん じゃ ねえ の か よ じぶん|||||||||

あんこ お 餅 みたい で かわ いい ||もち||||

あんこ は いい の

あん

変 な 鳥 に 呼ば れ た へん||ちょう||よば||

うち の 娘 泣か す な もち う っ まい ||むすめ|なか||||||

モチマッヅイ だ

名前 変えろ なまえ|かえろ

断る ことわる

煎餅 三 つ まいど あり せんべい|みっ|||

毎度 まいど

出 ねえ な お節 餅 だ|||おせち|もち

いい アイデア と 思った のに |あいであ||おもった|

吾平 ちゃん 本物 の お節 が いい に 決まって る ん でしょ う あいら||ほんもの||おせち||||きまって||||

今年 こそ は 渡さ ない と な 誕生日 プレゼント ことし|||わたさ||||たんじょうび|ぷれぜんと

バカ ばか

よ ー し いい 感じ の 羽 に なった |-|||かんじ||はね||

や べ ー 体 が 重い ぜ ||-|からだ||おもい|

こんな ん で 海 超え られる の か 俺 |||うみ|こえ||||おれ

やっ もう いく って 決め た ん だ ||||きめ|||

それ に これ 以上 ここ に いる と |||いじょう||||

俺 や ばい おれ||

絶対 や ばい ぜったい||

終わった これ で お 正月 が 迎え られる ね おわった||||しょうがつ||むかえ||

お腹 すい た おなか||

年越し そば でも 作 ろ う か としこし|||さく|||

皆 の もの みな||

辛い と は 思う か からい|||おもう|

俺 は いく ぜ おれ|||

え ?

娘 よ 俺 は 今日 で ここ を 出て 行く むすめ||おれ||きょう||||でて|いく

俺 って おれ|

出会い に は 別れ が ある もの だ であい|||わかれ||||

泣く な 泣く な よ 気持ち は わかる なく||なく|||きもち||

例え お 主 が 泣 こ う と 男 の 道 は 続く の さ たとえ||おも||なき||||おとこ||どう||つづく||

止める な 止める な 餅 屋 の 娘 とどめる||とどめる||もち|や||むすめ

そ っか 気 を つけ て ね ||き||||

せっかく だ から 食べ て 行き な よ |||たべ||いき||

つき たて ほやほや の お 餅 |||||もち

これ は まだ 食べ た こ と ない でしょ う |||たべ||||||

これ が 一 番 おいしい ん だ ||ひと|ばん|||

はい

どう

鳥 さん ちょう|

よっ し

今年 は ことし|

渡し ま しょ う ね わたし||||

よっ もち 蔵 ||くら

プレゼント ? ぷれぜんと

いや

しっかり し て

大変 誰 か お 医者 さん たいへん|だれ|||いしゃ|

あ どう し た

何 が あった の なん|||

死 ん じゃ う このまま だ と 餅 を 喉 に 詰まら せ て し|||||||もち||のど||つまら||

たま こ しっかり しろ

たま ちゃん

たま ちゃん

たま こ

たま ちゃん

いや 私 じゃ なく て ね |わたくし||||

たま こ ちょっと 貸し て みろ |||かし||

で た

餅 うま ー い もち||-|

よ よかった

びっくり し た ごめん ね

どういう わけ だ か やって き た 見知らぬ 町 の 商店 街 |||||||みしらぬ|まち||しょうてん|がい

旅 の 途中 で 会った の は なぜ か 餅 屋 の 娘 だった ぜ たび||とちゅう||あった|||||もち|や||むすめ||

よかった よかった

じゃ ね 良い お 年 を ||よい||とし|

良い お 年 を よい||とし|

あら や だ

また や っち まっ た

お 誕生日 が 終わっちゃ っ た |たんじょうび||おわっちゃ||

毎年 バタバタ し て すま ない な まいとし||||||

私 も 毎年 忘れ ちゃ って る し わたくし||まいとし|わすれ||||

お 姉ちゃん 電話 光って る よ |ねえちゃん|でんわ|ひかって||

かんな ちゃん 頑張った な ||がんばった|

うわ ー ありがたい ね |-||

これ で 商売 繁盛 すれ ば 言う こと な しだ ||しょうばい|はんじょう|||いう|||

蕎麦 も いける な そば|||

それ 私 の お そば |わたくし|||

お 妃 様 を 探し て 島 に 戻る の は もう ちょっと だけ 先 に なり そう だ ぜ |きさき|さま||さがし||しま||もどる||||||さき|||||

デラ デラ

回る 回る レコード まわる|まわる|れこーど

膨れ て 弾け たら ふくれ||はじけ|

焦げ 目 音符 に なる よ こげ|め|おんぷ|||

ドライヤー で 直ら ない 機嫌 と どらいやー||なおら||きげん|

喋り 過ぎ た 昨日 しゃべり|すぎ||きのう

コンタクト を 外し て み た こんたくと||はずし|||

世界 が ぼやけ て せかい|||

一瞬 だ けど いっしゅん||

居場所 を 確認 し ちゃ う よ いばしょ||かくにん||||

いつか 離れ て いく の か な |はなれ|||||

探し物 は いつも さがしもの||

そば に 隠れ てる の ||かくれ||

手探り の 朧 知って る くせ に てさぐり||おぼろ|しって|||

あー 回る 回る レコード |まわる|まわる|れこーど

膨れ て 弾ける の ふくれ||はじける|

でも ね 不思議 な メロディー ||ふしぎ||めろでぃー

きっと 忘れ ない よ |わすれ||

あけ まして おめでとう ございます たま こ です

鏡餅 は 半紙 を 敷 い た 三 方 の 上 に 乗せ て かがみもち||はんし||し|||みっ|かた||うえ||のせ|

橙 ・ 譲葉 ・ 昆布 を 添え て ね だいだい|ゆずりは|こんぶ||そえ||

二十八 日 に 飾る ところ が 多い みたい にじゅうはち|ひ||かざる|||おおい|

次回 は どんな お 餅 が 食べ られる かな じかい||||もち||たべ||

×

We use cookies to help make LingQ better. By visiting the site, you agree to our cookie policy.