image

Re:ゼロから始める異世界生活, Re:ゼロから始める異世界生活 (24)

( リカード ・ ウェルキン ) 兄ちゃん

( ナツキ ・ スバル ) まさ か …

どう し た ?

( スバル ) え ?

( フェリックス ・ アーガイル ) ハム

ハム ( スバル ) あ あっ !

ボー っと し てる から いたずら し たら ―

に ゃん て うれしい 反応

フェリス か

ほか の 誰 に 見える の ?

白 鯨 の 霧 でも 吸い込み すぎ た ?

( スバル ) ああ いや … 大丈夫 だ

今 の で 聞き たい こと は 聞 け た

つまり ―

セーブ ポイント 更新 さ れ て くれ て た か

実は 魔女 教 関係 の こと で 新しく 気づ い た こと が 何 個 か ある

( リカード ・ ミミ ・ ティ ビー ) ん ?

誰 か 知って る か ?

その … 自分 の 意識 を 別 の 誰 か の 意識 に 上書き し て ―

精神 的 に 乗っ取る みたい な 力 を

( ユリウス ・ ユーク リウス ) つまり 大 罪 司教 が そう し た 異 能 を 用いる 可能 性 が ある と ―

君 は に らん で いる

そう だ

俺 は 憑依 って 呼 ん でる けど 奴 は それ で 生き延び てる

あちこち に 顔 を 出す 理由 も 説明 つく だ ろ

以前 古い 文献 で 似 た よう な 研究 を 見 た こと が ある

すでに 遺失 し た 魔法 だ が ―

その 技術 は 限ら れ た 条件 下 で しか 機能 し ない

条件 ?

魔女 教徒

それ も 限ら れ た 人員 に のみ 可能 な 術 法 と 推測 できる

それ が 指先 って こと ?

( ユリウス ) おそらく 自身 の 予備 の 肉体 なかなか 悪 趣味 な 趣向 だ

大 罪 司教 らしい と いう べき か な

大 罪 司教 の 腹心

つまり 指先 の 殲 ( せ ん ) 滅

それ が 成さ れ れ ば 奴 の 魂 は 乗り移り 先 を 失う

そう なった 時 が 奴 の 最期 と 言 える だ ろ う

あ …

森 に 潜む 指先 を 優先 し て 排除 し 怠 惰 と 雌雄 を 決する

それ が 結論 だ

( 一同 ) おお ー っ

( ユリウス ) ん ?

( スバル ) みんな あと 1 個 だけ 言わ なきゃ いけ ない こと が ある

ごめん 指先 だけ じゃ なく ―

たぶん 俺 も 乗り移る 対象 な ん だ けど ―

それ に つい て は どう し たら いい と 思う ?

( フェリックス ・ リカード ) は ?

( ボルドー ) 汚らわしい

( プリシラ ・ バーリ エル ) 生まれ て き て ごめんなさい と でも 謝罪 し て …

銀色 の ハーフ エルフ よ

ざ れ 言 だ

( エミリア ) 私 ね 期待 し て た の

ひょっとしたら スバル は 私 を ―

特別 扱い し ない ん じゃ ない か って

( スバル ) そんな の 無理 だ

君 だけ は ―

ほか の 人間 と 同じ 目 で 見る こと なんて ―

でき っこ ない

( エミリア ) 私 は 魔女 と 関係 なんて …

( パック ) リア

眉間 に しわ が 寄って る よ

( エミリア ) おはよう パック 今日 は 早い の ね

( パック ) おはよう リア

早寝 早起き を 心がけよ う と 思って

と いう の は ウソ

本当 の ところ は リア が 心配 だった から だ よ

大変 続き だった から ね 特に 昨日 は

( エミリア ) 分かって た こと だ もん

転ぶ と 分かって て も ―

転 ん だ ら 痛い し 血 も 出る もん だ よ

パック は どう し たら いい と 思う ?

う うん 私 だけ じゃ なく て ―

みんな の こと も もっと ちゃん と する に は …

ちゃんと し て もらう に は

リア の 好き に し たら い い ん じゃ ない か な

僕 は リア が 何 を しよ う と し て も リア の 味方 だ し

どう する に し て も ―

あの 村 の こと は 見捨て られ ない ん でしょ ?

ラム が 今朝 早く また 村 に 向かって た から ―

報告 を 待つ べき じゃ ない か な

うん

ちょっと ベティー の 顔 を 見 て くる

あ … うん

ベアトリス に よろしく ね

( 扉 の 開く 音 )

( エミリア ) ラム

( ラム ) エミリア 様 お 客 様 が お 見え に なって い ます

あなた は … 確か クルシュ 様 の ところ の …

( ヴィルヘルム ・ ヴァン ・ アスト レア ) ヴィルヘルム ・ トリアス と 申し ます

こ たび は 主君 の 名 代 と し て 参じ た 次第

( エミリア ) クルシュ 様 の ?

昨日 白紙 の 親書 を 頂 い た の だ けど …

なるほど やはり

え …

( ヴィルヘルム ) いえ 恥ずかし ながら 我 が 主 ( あるじ ) が ―

本来 お 伝え し たい 内容 と は そご が ござい ます

そう 手違い な の ね

はい エミリア 様 ならびに ラム 殿

お 屋敷 に 残ら れ て いる 方々 と ―

村 の 住人 に は 1 度 避難 し て いただく

それ が クルシュ 様 の ご 意向 です

え ?

森 の 近く に 犯罪 集団 が ?

( ラム ) はい すでに 使者 様 が お 連れ に なった 討伐 隊 は

村 の 付近 で 敵 戦力 に 備え て い ます

でも どう し て クルシュ 様 が ―

この 領地 の ため に 力 を 尽くし て くれる の ?

( ヴィルヘルム ) 我 が 主 は 辺境 伯 より こ たび の 王 選 に おける ―

同盟 関係 を 持ちかけ られ て おり ます

条件 は エリ オール 大 森林 の 採掘 権 の 分譲

お 分かり い ただ け ます か

そう いう こと な の ね

( ヴィルヘルム ) しかし 村人 の 全員 を 王 都 へ 避難 さ せる の は 困難 です

ひとまず 王 都 へ 行 ける の は 半数

あと の 半数 は ラム の 案内 で 聖域 へ 避難 さ せ ます

ロズワール 様 が そちら に 向かわ れ て い ます から

そ … そう な ん だ

すっかり 話し合い 終わって る ん だ

でも やっぱり 変 じゃ ない ? なんだか 都合 が よ すぎる よう な …

( 扉 が 開く 音 )

( スバル ) 失礼 し ます !

森 に 潜 ん だ 集団 に 奇妙 な 動き が

( エミリア ) あ …

( スバル ) もう 一刻 の 猶予 も あり ませ ん !

奴 ら が 動き出せ ば この 一帯 は 血 の 海 に !

いかが いたし ま しょ う 隊長

いえ 剣 鬼 ( けん き ) ヴィルヘルム 殿 !

エミリア 様

分かり まし た

ご 厚意 ありがたく お 受け し ます

村 の 人 たち に 説明 は ?

( ラム ) すでに 滞り なく 済 ん で おり ます エミリア 様

そう

( パック ) ベティー は 残る って

パック

( ベアトリス ) ベティー は いけ ない の よ に ー ちゃ の 帰り を 待って る かしら

心配 し なく て いい の よ

だって

まあ ベティー の 場合 ―

禁 書庫 に いる ほう が ずっと 安全 だ し ね

それ に あの 子 が 屋敷 と 離れ られ ない の は 契約 の 問題

リア 分かる よ ね

それ を 理由 に する の ズル い

そんな わけ で 僕 の かわいい 妹 が 残って る から ―

屋敷 に は 何 も し ない ほう が いい

ベティー は 優しく て 甘 々 だ けど 容赦 は ない から ね

( ヴィルヘルム ) 心得 て おり ます 大 精霊 様

うん

君 は 君 の し たい よう に しな よ

僕 は 君 の 君 だけ の 味方 だ から

( エミリア ) 避難 し ます

村 の 人 たち を 危険 な 目 に 遭わ せ たく ない もの

( ペトラ ) よろしく お 願い し ます

お 姉ちゃん

えっ と … これ って 何 か の 間違い じゃ ない ?

いいえ 竜 車 と 人数 の 兼ね合い で ―

エミリア 様 に は ―

この 子 たち と 一緒に 乗って もらう ほか に あり ませ ん

しかた の ない 措置 よ

ほか の 竜 車 に 乗せ て あげ られ ない ? この 子 たち だって その ほう が …

( スバル ) 誰 だって 自分 と 乗る の は 嫌がる はず です か ?

それ その 子 たち に 確認 し た こと が あり ます か ?

嫌わ れ てる ん だ って ―

嫌がら れる って 勝手 に 思い込 ん で しまって いる だけ で は ?

そんな こと … 聞か なく たって 分かって る の

それ が お互い の ため だって …

子供 6 人 竜 車 は 1 台

ここ で つま ずい て ちゃ 君 の 願い は どう やって かなえる

あなた は …

どう だ ペトラ

君 は あの お 姉さん と 一緒 の 竜 車 は どう し て も イヤ か ?

( ペトラ ) そんな こと ない よ

え ?

お 姉ちゃん お 芋 の ハンコ の お 姉ちゃん でしょ ?

いつも スバル と 一緒に ―

朝 の ラジーオ 体操 見 に き て くれ て た

それ は …

( ペトラ ) いつも 顔 は 見え なかった けど ―

お 姉ちゃん が スバル と 楽し そう に 話し てる の ―

見 て た もん エヘッ

一緒に 乗 ろ う

( ミルド ) 俺 も !

( ダイン ) お 姉ちゃん と 一緒 に 行く !

( リュカ ) 早く 行 こ う ぜ !

( 喜ぶ 子供 たち )

( エミリア ) ラム 聖域 の こと は お 願い ちゃんと 村 の 人 を 守って

エミリア 様 も 道中 お 気 を つけ て

あなた に も ありがとう って お 礼 を 言わ なきゃ

どこ に 行っちゃ っ た の ?

ハア …

( スバル ) なるほど

周り と の 連絡 手段 だけ が 謎 だった けど ―

つくづく ミー ティア って 便利 な もん だ

( 倒れる 音 )

( ケティ ) な っ …

俺 と エミリア の 感動 の 再会 を ―

ジャマ し て くれ た 罪 は 重い ぜ お前 ら

( ケティ ) お前 は

( ヴィルヘルム ) 遅い ( ケティ ) う …

早い 話 お前 が スパイ な の は バレバレ だった ん だ よ

見つけ た 方法 は 企業 秘密

んで 魔女 教 の 連絡 役 の お前 に せっかく な ん で ワナ を 張った

えっ

2 時間

お前 は 2 時間 遅れ の スケジュール を 仲間 に 報告 し た

その 間 に エミリア たち は 外 へ 逃がす

その 間 に 場所 の 割れ て いる 指先 は 潰す

その 間 に お前 たち の 司教 様 を 潰す 準備 を 整える

何もかも 先回り さ れ て 潰さ れる

その 恐ろし さ を 存分に 味わわ せ て やる ぜ

あなた たち に 精霊 の 祝福 が あり ます よう に

あ …

ご 武運 を

エミリア 様 を ダマ し て 遠く へ 追いや れ た の は ―

これ の おかげ だ ね

言い 方 に 気 を つけろ

内容 一緒 でも 人 聞き 悪 すぎ だ ろ

随分 と 奇妙 な 術 式 で 編ま れ た ローブ だ

ロズワール 手製 の 便利 グッズ で ―

認識 疎外 の 術 式 が 編み込ま れ てる らしい

もともと エミリア の 私物 で …

ん ?

盗 ん だ わけ じゃ ねえ よ ?

ふ ー ん

さ ー て 計画 通り ―

白紙 の 親書 対策 も うまく いった し

( ラム ) “ 手紙 は 間違い 俺 が 悪かった ”

村 の 人 の 説得 も スバル き ゅん が 頑張って …

ああ …

( スバル ) 頼む

エミリア が ―

あの 子 が みんな と 仲よく な れる 子 な ん だ って ―

それ を 分かり 合う ため の 機会 を 与え て ほしい

みんな いろいろ と 言い たい こと は ある だ ろ う けど ―

その 機会 を 作る ため の 時間 を 俺 たち に 守ら せ て ほしい !

( 青年 団長 ) あ あー もう しょうがない 人 だ な スバル 様 は

そんなに 一生懸命 守って くれる なんて 言わ れ ちゃ ―

しかたない でしょ

( 老婆 ) 年 を 取る と イヤ だ ね なんだか 涙腺 が もろく なって

あり が と な みんな

( ムラオサ ) それ は こっち の セリフ です よ

スバル 様

ジーン と さ せ て もらった し

掘り返す な 恥ずかしい

フフッ あと は …

お かえり どう だった ?

居所 が 割れ とる 連中 に 奇襲 や ぞ

しくじったら 傭 ( よう ) 兵 引退 する わ

案内 地図 様々 や な

って こと は 地図 の しるし は 奴 ら の 拠点 で 間違い なかった わけ だ

( リカード ) 几帳面 なんか 神経質 な ん か それ が 裏目 った わけ や

目的 の もん も この とおり

これ で 奴 ら の 連絡 網 は 潰れ た やろ

( ミミ ・ パール バトン ) ヤッハー ! 皆殺し だ ー

( ティ ビー ・ パール バトン ) 人 聞き 悪い こと 言わ ない です よ

ちゃ ー ん と 捕虜 も 取り まし た です

捕虜 ?

プッ … そい つ 魔女 教 じゃ ねえ よ

お前 出 て こ ない と 思ったら 捕まって た の か よ オットー

フッ ハハハハ …

( オットー ・ スー ウェン ) 誰 だ か 知り ませ ん が 助け て 頂 い て ありがとう ございます

って 素直 に 言い たく ない 気分 な ん です が チク ショウ !

( スバル ) アッハッハッハ

( ユリウス ) 準備 は 従前 に 整った

スバル いつ でも 行 ける

うん

やろ う みんな

手はず どおり 始める

さあ ―

今度 こそ 決着 だ !

怠 惰 と 運命 様 に 目 に 物見 せ て やろ う ぜ !

( ペテルギウス ・ ロマネコンティ ) よく おいでになり まし た 寵 ( ちょう ) 愛 の 信徒 よ

私 は 魔女 教 大 罪 司教 ―

“ 怠 惰 ” 担当 ―

ペテルギウス ・ ロマネコンティ ―

デス !

( スバル ) お初 に お 目 に かかり ます 大 罪 司教 様

この 身 この 魂 ―

こ たび の 試練 を 取り仕切る 司教 様 の 指先 ―

その 末席 に お 加え 頂け れ ば これ 以上 の 栄誉 は あり ませ ん

( ペテルギウス ) ハ … ハ … ハ …

おお ー っ ! 何と すばらしく みずみずしき 信仰 な の デス か ー !

あなた の よう な 敬虔 ( けいけん ) な 信徒 を ―

これ まで 見過ごし た 私 の 怠 惰 を ―

どう か お 許し を お 許し を お 許し を お 許し を お 許し を ー !

お やめ ください 司教 様

( ペテルギウス ) あー しかし しかし しかし ―

私 は 自ら の 怠 惰 を ―

愚か し さ を 罰せ ず に 償う すべ を 持た ない の デス

そんな こと は あり ませ ん

魔女 様 なら ば 愛す べき 信徒 の 傷つく 姿 より ―

試練 を 遂行 する 在り 方 を 喜ば れる はず です !

カー ! 全て あなた の おっしゃる とおり デス

そう 試練

今 の 私 に 求め られる の は 試練 !

あなた の 言葉 で 目 が 覚め た の デス

感謝 感謝

試練 を 取り 行い 試さ なけ れ ば ―

こ たび の 半 魔 が 器 に 足る か ―

魔女 を 降ろす に 足る か 試す の デス

魔女 を 降ろす 器 ?

合え ば よし 合わ ね ば 廃止

魔女 に ふさわしき 器 たら ん と する なら ば ―

いずれ 来 ( き た ) る 運命 の 日 に こそ 魔女 は この 地 に 再 誕 せ り ー デス

つまり ―

エミリア 自身 の こと は ついで で 何 の 価値 も 見 て ない の か

怪物 め …

福音 書 に 記さ れ し 言葉 が 愛 を 物語る !

全て が 私 を 導く の デス !

福音 の 提示 を

ん ? それ は ?

( スバル ) 見 て の とおり ミー ティア です 司教 様

あっ 映った 映った

あ ! 聞い て た とおり に 怖い 顔

一体 あなた は …

えー ! あなた 方 は 何 を !

では トラ トラ トラ !

( ペテルギウス ) が っ ほ ー っ

ワレ 奇襲 ニ 成功 セリー

な ! くっ くく … 奇襲 … 奇襲 …

ならば これ は いかが デスー !

なぜ なぜ 我が 権能 が 見え て いる の デス か ー !

さあ

俺 の 体 に 残り香 いっぱい 付け て く 魔女 に 聞い て くれよ

おっと 俺 と 違って お前 は ―

自由 に 魔女 と 面会 できる 許可 証 は もらって ない ん だった か な ー

は あ それ は どう いう …

魔女 に 親しく し た よう な 不 敬 な 発言 を !

ハート を ぎゅっと つかま れ た 仲 だ よ

文字どおり

あ ああ あり え な い ー !

あって は なら ない の デス !

行く ぜ パトラッシュ !

逃げ られる など と 思わ ない こと デス

げ っ !

来 た 来 た 来 た 来 た 来 てる 来 てる 来 てる !

パトラッシュ 頑張って !

( ペテルギウス ) ムダ ! 無理 !

我が身 の 勤勉 さ の 前 に かき 消える が いい デス ! !

頼って ばっかり で すま ねえ お前 は 最高 だ パトラッシュ !

( ペテルギウス ) しか ー し しかし しかし しかし しか ー し !

ここ まで まで だ !

( ミミ ・ ヘー タロー ) は あー っ !

お前 ら … 今 俺 の こと 巻き込む とこ だった ぞ !

でも ありがとう 死 ん じゃ う か と 思った !

どう いたし まして イエーイ !

空 の 上 に いる の が 大 罪 司教 です です ?

( ミミ ) えー ! 何 あれ スゴ !

丸まった お っ さん 飛 ん でる !

えー スゴ !

あんな 気持ち 悪い 飛び 方 初めて 見 た です

お前 ら に は そう いう 風 に 見え て ん の か

どっち に しろ あいつ の 相手 は 任せろ

手はず どおり 後ろ を 頼む !

分かり まし た です 行く です よ お 姉ちゃん !

あい あー い !

お 兄さん ―

ここ で 勝ったら かっこいい ぞ !

おう 任せ と け !

来い よ 司教 様 !

あなた は あなた は 一体 一体 何 を ー !

そんな はず が ない ! 福音 書 に は ―

我が 運命 の 導き に は 何 も 記さ れ て い ない の デスー !

あなた は … あなた は 一体 何 を !

4 回 繰り返し て き た よ 悪夢 なら 俺 の ほう が 死ぬ ほど 見 た

やはり やはり やはり ―

あ は た は “ 傲慢 ” の …

俺 の 名前 は ナツキ ・ スバル

銀 髪 の ハーフ エルフ エミリア の 騎士 だ

( ペテルギウス ) ギイー !

( スバル ) 傲慢 だ か 何だか 知ら ねえ が ―

俺 の 欲し がる 看板 は それ だけ で ―

あと は いら ね えよ

この 場所 は …

( スバル ) 一 度 俺 が 終わった こと の ある 場所 だ

そん でも って ―

お前 に とって も 終わり の 場所 に なる ―

そう いう 場所 だ

ここ まで 誘い込む の が あなた の 狙い で あれ ば ―

何 を 用意 し た の デス か ?

決まって る 天敵 だ よ

俺 と お前 の 共通 の

あ !

天敵 と は また 随分 と 言って くれる もの だ

ルグニカ 王国 近衛 ( この え ) 騎士 団 所属 ユリウス ・ ユーク リウス

貴 様 を 切る 王国 の 剣 ( つる ぎ ) だ

精霊 術 師 デス か …

どこまでも 本当 に どこまでも …

これ も あなた の 筋書き

これほど の 屈辱 を 私 は 知ら ない の デス !

そう か 存分に 堪能 し て くれ

それ が お前 の し て き た こと の ツケ だ よ

やる ぜ ユリウス

いい の だ ね ?

引か ねえ 曲げ ねえ 負け られ ねえ もう 誰 も 失い たく ねえ

私 は 君 を ひどく 打ちのめし た 男 だ

あの 行い に 私 なり の 理由 と 意義 が あった と 今 も 信じ て いる が ―

それ は 君 に とって 関係 の ない 独善 的 な もの に すぎ ない

君 は 私 を 信じ られる の だ ろ う か

( スバル ) 俺 は お前 が 大嫌い だ

ああ 知って る と も

手足 折ら れ て 普通 に 考えりゃ トラウマ だ ぞ

手加減 知ら ねえ の か ? て め え

言って おく が あれ でも だいぶ 手 を 抜 い て い た よ

マジ か 手加減 し て あれ か

や っぱ お前 最高 に イヤ な 奴 だ

俺 は お前 が 大嫌い だ よ “ 最 優 ” の 騎士

だから ―

お前 を 信じる

お前 が すげ え 騎士 だって こと を 俺 の 恥 が 知って る から だ

( ユリウス ) ならば 私 は 全 霊 で ―

それ に 応えよ う

( ペテルギウス ) もう 茶 番 は よろしい デス か

精霊 術 師 1 人 加わった ところ で 何 が できる と いう の デス か

あなた 方 を 下し 残る 者 ども を 八 つ 裂き に し ―

試練 を 再開 する だけ の こと

我 が 勤勉 さ に 怠 惰 な 諦め も 終焉 も ない の デス !

あ あー あ あー !

怠 惰 怠 惰 怠 惰 ! 怠 惰 ー !

アル クラリ スタ !

( ペテルギウス ) ハハハハ カカ カッ … う っ

あなた は … あなた に は 見え て ない はず デス

見え て い ない はず デス

見え ざる 手 が 見え … 見える ?

見える はず が … 見え て た まる もの か !

私 以外 に ふ たっ 2 人 も !

( スバル ) 見え てる の は 俺 だ ペテルギウス

は ?

( スバル ) ユリウス は 俺 の 見 てる 光景 を ―

見 て いる だけ だ よ

思った 以上 に 気持ち 悪い 感覚 だ けど な

ネクト で 意識 的 に 感覚 の 一部 を 共有 し ―

維持 する こと も できる はず

君 から 最初 この 案 を 持ちかけ られ た 時 は ―

正気 を 疑った もの だ が

ちゃんと でき た だ ろ ?

男 は 度胸 何でも やって みる もん さ

フン

おのれ おのれ …

おのれ おのれ おのれ おのれ !

お のれ ー !

お前 と 運命 共同 体 って の も ゾッと し ねえ

とっとと 終わら せよ う ぜ !

ああ そう しよ う

君 の 目 で 私 が 切 ろ う

我が 友 ナツキ ・ スバル !



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

Language learning online @ LingQ

( リカード ・ ウェルキン ) 兄ちゃん

( ナツキ ・ スバル ) まさ か …

どう し た ?

( スバル ) え ?

( フェリックス ・ アーガイル ) ハム

ハム ( スバル ) あ あっ !

ボー っと し てる から いたずら し たら ―

に ゃん て うれしい 反応

フェリス か

ほか の 誰 に 見える の ?

白 鯨 の 霧 でも 吸い込み すぎ た ?

( スバル ) ああ いや … 大丈夫 だ

今 の で 聞き たい こと は 聞 け た

つまり ―

セーブ ポイント 更新 さ れ て くれ て た か

実は 魔女 教 関係 の こと で 新しく 気づ い た こと が 何 個 か ある

( リカード ・ ミミ ・ ティ ビー ) ん ?

誰 か 知って る か ?

その … 自分 の 意識 を 別 の 誰 か の 意識 に 上書き し て ―

精神 的 に 乗っ取る みたい な 力 を

( ユリウス ・ ユーク リウス ) つまり 大 罪 司教 が そう し た 異 能 を 用いる 可能 性 が ある と ―

君 は に らん で いる

そう だ

俺 は 憑依 って 呼 ん でる けど 奴 は それ で 生き延び てる

あちこち に 顔 を 出す 理由 も 説明 つく だ ろ

以前 古い 文献 で 似 た よう な 研究 を 見 た こと が ある

すでに 遺失 し た 魔法 だ が ―

その 技術 は 限ら れ た 条件 下 で しか 機能 し ない

条件 ?

魔女 教徒

それ も 限ら れ た 人員 に のみ 可能 な 術 法 と 推測 できる

それ が 指先 って こと ?

( ユリウス ) おそらく 自身 の 予備 の 肉体 なかなか 悪 趣味 な 趣向 だ

大 罪 司教 らしい と いう べき か な

大 罪 司教 の 腹心

つまり 指先 の 殲 ( せ ん ) 滅

それ が 成さ れ れ ば 奴 の 魂 は 乗り移り 先 を 失う

そう なった 時 が 奴 の 最期 と 言 える だ ろ う

あ …

森 に 潜む 指先 を 優先 し て 排除 し 怠 惰 と 雌雄 を 決する

それ が 結論 だ

( 一同 ) おお ー っ

( ユリウス ) ん ?

( スバル ) みんな あと 1 個 だけ 言わ なきゃ いけ ない こと が ある

ごめん 指先 だけ じゃ なく ―

たぶん 俺 も 乗り移る 対象 な ん だ けど ―

それ に つい て は どう し たら いい と 思う ?

( フェリックス ・ リカード ) は ?

( ボルドー ) 汚らわしい

( プリシラ ・ バーリ エル ) 生まれ て き て ごめんなさい と でも 謝罪 し て …

銀色 の ハーフ エルフ よ

ざ れ 言 だ

( エミリア ) 私 ね 期待 し て た の

ひょっとしたら スバル は 私 を ―

特別 扱い し ない ん じゃ ない か って

( スバル ) そんな の 無理 だ

君 だけ は ―

ほか の 人間 と 同じ 目 で 見る こと なんて ―

でき っこ ない

( エミリア ) 私 は 魔女 と 関係 なんて …

( パック ) リア

眉間 に しわ が 寄って る よ

( エミリア ) おはよう パック 今日 は 早い の ね

( パック ) おはよう リア

早寝 早起き を 心がけよ う と 思って

と いう の は ウソ

本当 の ところ は リア が 心配 だった から だ よ

大変 続き だった から ね 特に 昨日 は

( エミリア ) 分かって た こと だ もん

転ぶ と 分かって て も ―

転 ん だ ら 痛い し 血 も 出る もん だ よ

パック は どう し たら いい と 思う ?

う うん 私 だけ じゃ なく て ―

みんな の こと も もっと ちゃん と する に は …

ちゃんと し て もらう に は

リア の 好き に し たら い い ん じゃ ない か な

僕 は リア が 何 を しよ う と し て も リア の 味方 だ し

どう する に し て も ―

あの 村 の こと は 見捨て られ ない ん でしょ ?

ラム が 今朝 早く また 村 に 向かって た から ―

報告 を 待つ べき じゃ ない か な

うん

ちょっと ベティー の 顔 を 見 て くる

あ … うん

ベアトリス に よろしく ね

( 扉 の 開く 音 )

( エミリア ) ラム

( ラム ) エミリア 様 お 客 様 が お 見え に なって い ます

あなた は … 確か クルシュ 様 の ところ の …

( ヴィルヘルム ・ ヴァン ・ アスト レア ) ヴィルヘルム ・ トリアス と 申し ます

こ たび は 主君 の 名 代 と し て 参じ た 次第

( エミリア ) クルシュ 様 の ?

昨日 白紙 の 親書 を 頂 い た の だ けど …

なるほど やはり

え …

( ヴィルヘルム ) いえ 恥ずかし ながら 我 が 主 ( あるじ ) が ―

本来 お 伝え し たい 内容 と は そご が ござい ます

そう 手違い な の ね

はい エミリア 様 ならびに ラム 殿

お 屋敷 に 残ら れ て いる 方々 と ―

村 の 住人 に は 1 度 避難 し て いただく

それ が クルシュ 様 の ご 意向 です

え ?

森 の 近く に 犯罪 集団 が ?

( ラム ) はい すでに 使者 様 が お 連れ に なった 討伐 隊 は

村 の 付近 で 敵 戦力 に 備え て い ます

でも どう し て クルシュ 様 が ―

この 領地 の ため に 力 を 尽くし て くれる の ?

( ヴィルヘルム ) 我 が 主 は 辺境 伯 より こ たび の 王 選 に おける ―

同盟 関係 を 持ちかけ られ て おり ます

条件 は エリ オール 大 森林 の 採掘 権 の 分譲

お 分かり い ただ け ます か

そう いう こと な の ね

( ヴィルヘルム ) しかし 村人 の 全員 を 王 都 へ 避難 さ せる の は 困難 です

ひとまず 王 都 へ 行 ける の は 半数

あと の 半数 は ラム の 案内 で 聖域 へ 避難 さ せ ます

ロズワール 様 が そちら に 向かわ れ て い ます から

そ … そう な ん だ

すっかり 話し合い 終わって る ん だ

でも やっぱり 変 じゃ ない ? なんだか 都合 が よ すぎる よう な …

( 扉 が 開く 音 )

( スバル ) 失礼 し ます !

森 に 潜 ん だ 集団 に 奇妙 な 動き が

( エミリア ) あ …

( スバル ) もう 一刻 の 猶予 も あり ませ ん !

奴 ら が 動き出せ ば この 一帯 は 血 の 海 に !

いかが いたし ま しょ う 隊長

いえ 剣 鬼 ( けん き ) ヴィルヘルム 殿 !

エミリア 様

分かり まし た

ご 厚意 ありがたく お 受け し ます

村 の 人 たち に 説明 は ?

( ラム ) すでに 滞り なく 済 ん で おり ます エミリア 様

そう

( パック ) ベティー は 残る って

パック

( ベアトリス ) ベティー は いけ ない の よ に ー ちゃ の 帰り を 待って る かしら

心配 し なく て いい の よ

だって

まあ ベティー の 場合 ―

禁 書庫 に いる ほう が ずっと 安全 だ し ね

それ に あの 子 が 屋敷 と 離れ られ ない の は 契約 の 問題

リア 分かる よ ね

それ を 理由 に する の ズル い

そんな わけ で 僕 の かわいい 妹 が 残って る から ―

屋敷 に は 何 も し ない ほう が いい

ベティー は 優しく て 甘 々 だ けど 容赦 は ない から ね

( ヴィルヘルム ) 心得 て おり ます 大 精霊 様

うん

君 は 君 の し たい よう に しな よ

僕 は 君 の 君 だけ の 味方 だ から

( エミリア ) 避難 し ます

村 の 人 たち を 危険 な 目 に 遭わ せ たく ない もの

( ペトラ ) よろしく お 願い し ます

お 姉ちゃん

えっ と … これ って 何 か の 間違い じゃ ない ?

いいえ 竜 車 と 人数 の 兼ね合い で ―

エミリア 様 に は ―

この 子 たち と 一緒に 乗って もらう ほか に あり ませ ん

しかた の ない 措置 よ

ほか の 竜 車 に 乗せ て あげ られ ない ? この 子 たち だって その ほう が …

( スバル ) 誰 だって 自分 と 乗る の は 嫌がる はず です か ?

それ その 子 たち に 確認 し た こと が あり ます か ?

嫌わ れ てる ん だ って ―

嫌がら れる って 勝手 に 思い込 ん で しまって いる だけ で は ?

そんな こと … 聞か なく たって 分かって る の

それ が お互い の ため だって …

子供 6 人 竜 車 は 1 台

ここ で つま ずい て ちゃ 君 の 願い は どう やって かなえる

あなた は …

どう だ ペトラ

君 は あの お 姉さん と 一緒 の 竜 車 は どう し て も イヤ か ?

( ペトラ ) そんな こと ない よ

え ?

お 姉ちゃん お 芋 の ハンコ の お 姉ちゃん でしょ ?

いつも スバル と 一緒に ―

朝 の ラジーオ 体操 見 に き て くれ て た

それ は …

( ペトラ ) いつも 顔 は 見え なかった けど ―

お 姉ちゃん が スバル と 楽し そう に 話し てる の ―

見 て た もん エヘッ

一緒に 乗 ろ う

( ミルド ) 俺 も !

( ダイン ) お 姉ちゃん と 一緒 に 行く !

( リュカ ) 早く 行 こ う ぜ !

( 喜ぶ 子供 たち )

( エミリア ) ラム 聖域 の こと は お 願い ちゃんと 村 の 人 を 守って

エミリア 様 も 道中 お 気 を つけ て

あなた に も ありがとう って お 礼 を 言わ なきゃ

どこ に 行っちゃ っ た の ?

ハア …

( スバル ) なるほど

周り と の 連絡 手段 だけ が 謎 だった けど ―

つくづく ミー ティア って 便利 な もん だ

( 倒れる 音 )

( ケティ ) な っ …

俺 と エミリア の 感動 の 再会 を ―

ジャマ し て くれ た 罪 は 重い ぜ お前 ら

( ケティ ) お前 は

( ヴィルヘルム ) 遅い ( ケティ ) う …

早い 話 お前 が スパイ な の は バレバレ だった ん だ よ

見つけ た 方法 は 企業 秘密

んで 魔女 教 の 連絡 役 の お前 に せっかく な ん で ワナ を 張った

えっ

2 時間

お前 は 2 時間 遅れ の スケジュール を 仲間 に 報告 し た

その 間 に エミリア たち は 外 へ 逃がす

その 間 に 場所 の 割れ て いる 指先 は 潰す

その 間 に お前 たち の 司教 様 を 潰す 準備 を 整える

何もかも 先回り さ れ て 潰さ れる

その 恐ろし さ を 存分に 味わわ せ て やる ぜ

あなた たち に 精霊 の 祝福 が あり ます よう に

あ …

ご 武運 を

エミリア 様 を ダマ し て 遠く へ 追いや れ た の は ―

これ の おかげ だ ね

言い 方 に 気 を つけろ

内容 一緒 でも 人 聞き 悪 すぎ だ ろ

随分 と 奇妙 な 術 式 で 編ま れ た ローブ だ

ロズワール 手製 の 便利 グッズ で ―

認識 疎外 の 術 式 が 編み込ま れ てる らしい

もともと エミリア の 私物 で …

ん ?

盗 ん だ わけ じゃ ねえ よ ?

ふ ー ん

さ ー て 計画 通り ―

白紙 の 親書 対策 も うまく いった し

( ラム ) “ 手紙 は 間違い 俺 が 悪かった ”

村 の 人 の 説得 も スバル き ゅん が 頑張って …

ああ …

( スバル ) 頼む

エミリア が ―

あの 子 が みんな と 仲よく な れる 子 な ん だ って ―

それ を 分かり 合う ため の 機会 を 与え て ほしい

みんな いろいろ と 言い たい こと は ある だ ろ う けど ―

その 機会 を 作る ため の 時間 を 俺 たち に 守ら せ て ほしい !

( 青年 団長 ) あ あー もう しょうがない 人 だ な スバル 様 は

そんなに 一生懸命 守って くれる なんて 言わ れ ちゃ ―

しかたない でしょ

( 老婆 ) 年 を 取る と イヤ だ ね なんだか 涙腺 が もろく なって

あり が と な みんな

( ムラオサ ) それ は こっち の セリフ です よ

スバル 様

ジーン と さ せ て もらった し

掘り返す な 恥ずかしい

フフッ あと は …

お かえり どう だった ?

居所 が 割れ とる 連中 に 奇襲 や ぞ

しくじったら 傭 ( よう ) 兵 引退 する わ

案内 地図 様々 や な

って こと は 地図 の しるし は 奴 ら の 拠点 で 間違い なかった わけ だ

( リカード ) 几帳面 なんか 神経質 な ん か それ が 裏目 った わけ や

目的 の もん も この とおり

これ で 奴 ら の 連絡 網 は 潰れ た やろ

( ミミ ・ パール バトン ) ヤッハー ! 皆殺し だ ー

( ティ ビー ・ パール バトン ) 人 聞き 悪い こと 言わ ない です よ

ちゃ ー ん と 捕虜 も 取り まし た です

捕虜 ?

プッ … そい つ 魔女 教 じゃ ねえ よ

お前 出 て こ ない と 思ったら 捕まって た の か よ オットー

フッ ハハハハ …

( オットー ・ スー ウェン ) 誰 だ か 知り ませ ん が 助け て 頂 い て ありがとう ございます

って 素直 に 言い たく ない 気分 な ん です が チク ショウ !

( スバル ) アッハッハッハ

( ユリウス ) 準備 は 従前 に 整った

スバル いつ でも 行 ける

うん

やろ う みんな

手はず どおり 始める

さあ ―

今度 こそ 決着 だ !

怠 惰 と 運命 様 に 目 に 物見 せ て やろ う ぜ !

( ペテルギウス ・ ロマネコンティ ) よく おいでになり まし た 寵 ( ちょう ) 愛 の 信徒 よ

私 は 魔女 教 大 罪 司教 ―

“ 怠 惰 ” 担当 ―

ペテルギウス ・ ロマネコンティ ―

デス !

( スバル ) お初 に お 目 に かかり ます 大 罪 司教 様

この 身 この 魂 ―

こ たび の 試練 を 取り仕切る 司教 様 の 指先 ―

その 末席 に お 加え 頂け れ ば これ 以上 の 栄誉 は あり ませ ん

( ペテルギウス ) ハ … ハ … ハ …

おお ー っ ! 何と すばらしく みずみずしき 信仰 な の デス か ー !

あなた の よう な 敬虔 ( けいけん ) な 信徒 を ―

これ まで 見過ごし た 私 の 怠 惰 を ―

どう か お 許し を お 許し を お 許し を お 許し を お 許し を ー !

お やめ ください 司教 様

( ペテルギウス ) あー しかし しかし しかし ―

私 は 自ら の 怠 惰 を ―

愚か し さ を 罰せ ず に 償う すべ を 持た ない の デス

そんな こと は あり ませ ん

魔女 様 なら ば 愛す べき 信徒 の 傷つく 姿 より ―

試練 を 遂行 する 在り 方 を 喜ば れる はず です !

カー ! 全て あなた の おっしゃる とおり デス

そう 試練

今 の 私 に 求め られる の は 試練 !

あなた の 言葉 で 目 が 覚め た の デス

感謝 感謝

試練 を 取り 行い 試さ なけ れ ば ―

こ たび の 半 魔 が 器 に 足る か ―

魔女 を 降ろす に 足る か 試す の デス

魔女 を 降ろす 器 ?

合え ば よし 合わ ね ば 廃止

魔女 に ふさわしき 器 たら ん と する なら ば ―

いずれ 来 ( き た ) る 運命 の 日 に こそ 魔女 は この 地 に 再 誕 せ り ー デス

つまり ―

エミリア 自身 の こと は ついで で 何 の 価値 も 見 て ない の か

怪物 め …

福音 書 に 記さ れ し 言葉 が 愛 を 物語る !

全て が 私 を 導く の デス !

福音 の 提示 を

ん ? それ は ?

( スバル ) 見 て の とおり ミー ティア です 司教 様

あっ 映った 映った

あ ! 聞い て た とおり に 怖い 顔

一体 あなた は …

えー ! あなた 方 は 何 を !

では トラ トラ トラ !

( ペテルギウス ) が っ ほ ー っ

ワレ 奇襲 ニ 成功 セリー

な ! くっ くく … 奇襲 … 奇襲 …

ならば これ は いかが デスー !

なぜ なぜ 我が 権能 が 見え て いる の デス か ー !

さあ

俺 の 体 に 残り香 いっぱい 付け て く 魔女 に 聞い て くれよ

おっと 俺 と 違って お前 は ―

自由 に 魔女 と 面会 できる 許可 証 は もらって ない ん だった か な ー

は あ それ は どう いう …

魔女 に 親しく し た よう な 不 敬 な 発言 を !

ハート を ぎゅっと つかま れ た 仲 だ よ

文字どおり

あ ああ あり え な い ー !

あって は なら ない の デス !

行く ぜ パトラッシュ !

逃げ られる など と 思わ ない こと デス

げ っ !

来 た 来 た 来 た 来 た 来 てる 来 てる 来 てる !

パトラッシュ 頑張って !

( ペテルギウス ) ムダ ! 無理 !

我が身 の 勤勉 さ の 前 に かき 消える が いい デス ! !

頼って ばっかり で すま ねえ お前 は 最高 だ パトラッシュ !

( ペテルギウス ) しか ー し しかし しかし しかし しか ー し !

ここ まで まで だ !

( ミミ ・ ヘー タロー ) は あー っ !

お前 ら … 今 俺 の こと 巻き込む とこ だった ぞ !

でも ありがとう 死 ん じゃ う か と 思った !

どう いたし まして イエーイ !

空 の 上 に いる の が 大 罪 司教 です です ?

( ミミ ) えー ! 何 あれ スゴ !

丸まった お っ さん 飛 ん でる !

えー スゴ !

あんな 気持ち 悪い 飛び 方 初めて 見 た です

お前 ら に は そう いう 風 に 見え て ん の か

どっち に しろ あいつ の 相手 は 任せろ

手はず どおり 後ろ を 頼む !

分かり まし た です 行く です よ お 姉ちゃん !

あい あー い !

お 兄さん ―

ここ で 勝ったら かっこいい ぞ !

おう 任せ と け !

来い よ 司教 様 !

あなた は あなた は 一体 一体 何 を ー !

そんな はず が ない ! 福音 書 に は ―

我が 運命 の 導き に は 何 も 記さ れ て い ない の デスー !

あなた は … あなた は 一体 何 を !

4 回 繰り返し て き た よ 悪夢 なら 俺 の ほう が 死ぬ ほど 見 た

やはり やはり やはり ―

あ は た は “ 傲慢 ” の …

俺 の 名前 は ナツキ ・ スバル

銀 髪 の ハーフ エルフ エミリア の 騎士 だ

( ペテルギウス ) ギイー !

( スバル ) 傲慢 だ か 何だか 知ら ねえ が ―

俺 の 欲し がる 看板 は それ だけ で ―

あと は いら ね えよ

この 場所 は …

( スバル ) 一 度 俺 が 終わった こと の ある 場所 だ

そん でも って ―

お前 に とって も 終わり の 場所 に なる ―

そう いう 場所 だ

ここ まで 誘い込む の が あなた の 狙い で あれ ば ―

何 を 用意 し た の デス か ?

決まって る 天敵 だ よ

俺 と お前 の 共通 の

あ !

天敵 と は また 随分 と 言って くれる もの だ

ルグニカ 王国 近衛 ( この え ) 騎士 団 所属 ユリウス ・ ユーク リウス

貴 様 を 切る 王国 の 剣 ( つる ぎ ) だ

精霊 術 師 デス か …

どこまでも 本当 に どこまでも …

これ も あなた の 筋書き

これほど の 屈辱 を 私 は 知ら ない の デス !

そう か 存分に 堪能 し て くれ

それ が お前 の し て き た こと の ツケ だ よ

やる ぜ ユリウス

いい の だ ね ?

引か ねえ 曲げ ねえ 負け られ ねえ もう 誰 も 失い たく ねえ

私 は 君 を ひどく 打ちのめし た 男 だ

あの 行い に 私 なり の 理由 と 意義 が あった と 今 も 信じ て いる が ―

それ は 君 に とって 関係 の ない 独善 的 な もの に すぎ ない

君 は 私 を 信じ られる の だ ろ う か

( スバル ) 俺 は お前 が 大嫌い だ

ああ 知って る と も

手足 折ら れ て 普通 に 考えりゃ トラウマ だ ぞ

手加減 知ら ねえ の か ? て め え

言って おく が あれ でも だいぶ 手 を 抜 い て い た よ

マジ か 手加減 し て あれ か

や っぱ お前 最高 に イヤ な 奴 だ

俺 は お前 が 大嫌い だ よ “ 最 優 ” の 騎士

だから ―

お前 を 信じる

お前 が すげ え 騎士 だって こと を 俺 の 恥 が 知って る から だ

( ユリウス ) ならば 私 は 全 霊 で ―

それ に 応えよ う

( ペテルギウス ) もう 茶 番 は よろしい デス か

精霊 術 師 1 人 加わった ところ で 何 が できる と いう の デス か

あなた 方 を 下し 残る 者 ども を 八 つ 裂き に し ―

試練 を 再開 する だけ の こと

我 が 勤勉 さ に 怠 惰 な 諦め も 終焉 も ない の デス !

あ あー あ あー !

怠 惰 怠 惰 怠 惰 ! 怠 惰 ー !

アル クラリ スタ !

( ペテルギウス ) ハハハハ カカ カッ … う っ

あなた は … あなた に は 見え て ない はず デス

見え て い ない はず デス

見え ざる 手 が 見え … 見える ?

見える はず が … 見え て た まる もの か !

私 以外 に ふ たっ 2 人 も !

( スバル ) 見え てる の は 俺 だ ペテルギウス

は ?

( スバル ) ユリウス は 俺 の 見 てる 光景 を ―

見 て いる だけ だ よ

思った 以上 に 気持ち 悪い 感覚 だ けど な

ネクト で 意識 的 に 感覚 の 一部 を 共有 し ―

維持 する こと も できる はず

君 から 最初 この 案 を 持ちかけ られ た 時 は ―

正気 を 疑った もの だ が

ちゃんと でき た だ ろ ?

男 は 度胸 何でも やって みる もん さ

フン

おのれ おのれ …

おのれ おのれ おのれ おのれ !

お のれ ー !

お前 と 運命 共同 体 って の も ゾッと し ねえ

とっとと 終わら せよ う ぜ !

ああ そう しよ う

君 の 目 で 私 が 切 ろ う

我が 友 ナツキ ・ スバル !


×

We use cookies to help make LingQ better. By visiting the site, you agree to our cookie policy.