image

ジョジョの奇妙な冒険, JoJo no Kimyou na Bouken (TV) (JoJo's Bizarre Adventure) Episode 4

ジョースター さん は 戦い に 勝った

しかし 何もかも 失った

三 日 前 この 病院 に 担ぎ込 ん だ が

今 あの 人 は まったく の ごとく

ほんの ちょっぴり でも あたえ て やり て ぇ 生きる 希望 よ

空 こぼれ落ち た 二 つ の 星 が

光 と 闇 の 水面 吸い込ま れ て ゆく

引き合う よう に 重なる 波紋

誇り の 道 を 往 く 者 に 太陽 の 導き を

野望 の 果て を 目指す 者 に 生 贄 を

震える ほど 心

燃え尽きる ほど 熱く

その 手 から 放て 鼓動

体 漲る 勇気 で

迷い なき 覚悟 に 喝采 を

その 血 の 運命 ジョジョ

心 だ

あの 人 に は 今 心 が 必要 な ん だ

真 夜中 だ と いう のに ジョースター さん の 病室 から 明かり が

こ … これ は

あ … あの 女 は

こんな 遅く まで 付きっきり の 看護

あの 手 ふやけ て 血 が 滲 ん で いる

何 百 回 何 千 回 と 冷水 で 火傷 を 冷やし て いる ん だ

よかった

意識 を

峠 は 越し まし た もう 大丈夫

君 が ずっと 看病 を …

君 は 君 が ここ に いる なんて

面影 が ある

いや まさか そんな はず は ない

すごく 似 て いる けど

似 てる って 誰 に ?

エリナ ・ ペン ドルトン に ?

お 久しぶり です ジョナサン ・ ジョースター ジョジョ

エリナ 大きく なった ね

まあ それ は あなた の ほう です わ

でも 本当 に しばらく です

ああ

どうやら 俺 じゃ 役者 不足 だった よう だ ぜ

出直す と す っか

スピード ワゴン は クール に 去る ぜ

つ … つい 気 が 緩 ん で 意識 を

まあ なんて こと 骨折 し て いる 腕 に 私 を

いつ だって 支える さ

人 の 出会 いって の は 運命 で 決め られ てる の かも しれ ねえ な

こんな 夜 遅く まで 遊 ん で いる 堕落 し た 女 が ー

大抵 の 人間 は 心 に 善 の タガ が ある

素晴らしい 悪 へ の 恐れ が ある の だ

だが ごく まれ に 善 なる タガ の ない 人間 が いる

悪 の エリート

気 に 入った ぞ 闇 の ジャック この ディオ に 服従 する の だ

素晴らしい 力 を 与え て やる

今 以上 の 快楽 を 手 に できる ぞ

悩み は もう なにも ない

あの 日 の 惨事 を 知る の は 僕 と スピード ワゴン の 二 人 だけ

警察 も 事故 と 納得 し て くれ た が

気 に なる の は 石 仮面

瓦礫 を 掘って も 出 て こ ない 粉 微塵 に なった と 信じ たい

そう 思 お う そして 早く 忘れよ う

ジョジョ

エリナ

誰 だ さっき から ずっと いる

どうか し た の

いや なんでも な …

ジョナサン ・ ジョースター くん

そして その レディー は ミス エリナ ・ ペン ドル トン

な … 何者

よく 生き残れ た もの だ あの 石 仮面 の 力 から

ジョジョ

そう そう 肺 の 中 の 空気 を 1 cc 残らず 絞り出せ

ジョジョ

ケガ し て いる 人 に なんて こと を

しばらく 呼吸 は でき ん が 心配 は いら ん

な … なん だ

な … なん だ 僕 の 体 が う … 腕 が

私 は ツェペリ 男爵 だ 勇気 だけ で は 石 仮面 に は 勝て ん よ

複雑 骨折 し た 腕 が …

ほとんど 痛み も ない

こんな 重い 石 も 持てる

信じ られ ない わ

い … いったい なに を し た

君 は 何者 だ

質問 は 一 つ ずつ に し て くれ ん か ね ジョジョ

私 が し た の で は ない 君 の 呼吸 が 痛 み を 消し た の だ よ

なぜ 僕 に こんな こと を

どうして 僕 の 名 を

い … い ない

質問 は 一 つ ずつ だって ば さ ジョジョ

答え を 見せ て あげる よ つい て おいで

そして それ を 見 て 私 を 知ったら

君 の 運命 は また 変わる

私 は 君 の 横隔膜 を 指 で 突き そして 特別 な 呼吸 法 に し た の だ

特別 な 呼吸 法 ?

呼吸 が おこす エネルギー を 見せ て あげよ う

な … なに を する 気 だ ろ う

あれ は 一体 な … なん だ あの 波紋 は

あんな 形 不自然 だ

今 から 見せる の は 君 の 痛 み を 消し た エネルギー と 同じ もの

やめろ

か … 蛙 は なんとも ない

これ が 仙道 だ

せ … 仙道 ?

波紋 エネルギー こそ 仙道 パワー

私 の 波紋 エネルギー は 蛙 の 肉体 を 波紋 と なって 伝わり

岩 を 砕 い た の だ

ジョジョ 私 は 知って いる

あの 石 仮面 は 壊れ て い ない

石 仮面 の 男 ディオ が 持って いる

なん だって 今 ディオ と 言った の か

そう だ そして 私 は 何 十 年 も あの 石 仮面 を 探し て いる

石 仮面 を 破壊 する ため に

石 仮面 を 被った 者 を 倒す ため に

君 は すでに 石 仮面 と 戦う 運命 に ある

仙道 を 学ば なけ れ ば なら ん

さも ない と 死ぬ 君 も この 全 人類 も

ま … まさか

ジョジョ なん の こと あの 人 は 一体 …

エリナ こ … この 件 に エリナ を 巻き込 ん で は いけない

彼女 だけ は 決して

こ … これ は は … 花 が しん … 信じ られ ん

腕 の 骨折 を 治し た 波紋 エネルギー が まだ 残って おり

枯れ かけ た 花 が 再生 さ れ た ん だ

この ジョジョ と いう 青年 は

とてつもない 才能 と 力 を 眠ら せ て いる の かも しれ ん

この 青年 なら 世界 を 救え る かも しれ ん ぞ

次第 次第 に 力 が 蘇って き た

食物 連鎖 と いう の が あった な

草 は 豚 に 食わ れ 豚 は 人間 に 食わ れる

我々 は その 人間 を 糧 と し てる わけ だ

人間 を 食料 と して こそ 「 真 の 帝王 」

ジャック 食って いい ぞ

まず 扱い やすい 邪悪 な 人間 だけ を しも べ と し

一気に 世界 を この世 を 手中 に 収め て やる

全て の 人間 の 頂点 に 立って やる

僕 は ツェペリ と いう 底 知れ ぬ 人物 に 波紋 エネルギー と いう もの を 習い

ともに ディオ と 戦う 決意 を し た

その わけ は

ジョジョ 私 が 仮面 を 追って いる わけ を 話 そ う

この ツェペリ ウィル ・ A ・ ツェペリ は 若かった

私 は 未知 の 探求 に 限りない 興味 を 持つ 若者 だった

学者 で あった 父 の 遺跡 発掘 隊 に 参加 し た 私 は

世界中 を 旅 し て 回った

そして アステカ 遺跡 へ 発掘 に 行った とき の こと

まさか

そう こと も あ ろ う か あの 石 仮面 は 私 が 偶然 発掘 し た もの な の だ よ

その 帰国 途中 で 隊 の 中 の 一 人 が なに か の きっかけ で 仮面 を かぶり

発現 さ せ た

血 に 飢え た そい つ は 友人 の 首 を ばっ くり 断ち切り

腕 を 足 を 体 を 引きちぎり まくった

船員 五十八 名 皆殺し だった

私 は 海 に 飛び込 ん だ が そい つ は 追って き た

その 時 夜 が 明け た

朝日 の 光 で 初めて 見え た そい つ の 顔 は

発掘 隊 の 隊長 私 の 父 だった

石 仮面 を 積 ん だ まま の 船 は どこ か へ 流さ れ て いった

私 は 恐れ た

いつか どこ か で 石 仮面 の 力 が 再び 発現 する だ ろ う と

その ため の 対抗 手段 を 考え て おか ね ば なる まい と

そして 波紋 法 に 辿 り つい た の だ

波紋 エネルギー は 自分 の 血液 の 流れ から 生み出す もの

対し て 石 仮面 は 他人 の 血液 から エネルギー を 吸い取る

形 は 表 と 裏 同じ エネルギー だった の だ

そう か 波紋 を 消す に は もう 一 つ の 波紋 を

そう だ

もう 一 つ の 大きな 波紋 エネルギー を ぶつけ れ ば

やつ ら は 砕け 散る

そして 波紋 法 の 作る エネルギー の 波 は

太陽 の 光 の 波 と 同じ 形 な の だ

ツェペリ さん 教え て ください 波紋 の 使い 方 を

どんな 試練 も 克服 し ます

いや だ と 言って も むりやり 教える わ

世界 の 帝王 に なる ため に ディオ は まず ジョジョ 君 を 狙う はず だ

いい か ジョジョ

呼吸 に は 血液 が 関わって いる

血液 は 酸素 を 肺 から 運ぶ から だ

そして 血液 中 の 酸素 は 体 細胞 に 関わって いる

体 細胞 イコール 肉体

つまり 水 に 波紋 を 起こす よう に

呼吸 法 に よって 肉体 に 波紋 を 起こす

エネルギー を 作り出す

手元 で 急に ぐ ー っと 伸び た

どう なって いる の だ

名づけ て ズーム パンチ

関節 を 外し 腕 を 伸ばす

その 際 の 激痛 は 波紋 エネルギー で 和らげる の だ

ジョジョ 呼吸 法 の リズム を 狂 わ す な よ

波紋 エネルギー は 精神 の 乱れ に すごく 敏感 な の だ よ

はい

おい ジョースター さん

スピード ワゴン

山間 の 町 ウィンド ナイツ ・ ロット ?

ええ ディオ らしい やつ を その 町 で 見 た って 情報 を 確認 し まし た

そこ じゃ 最近 行方 不明 者 が 増え てる よう です

時間 が ない ジョジョ 波紋 呼吸 法 の 仕上げ は 実戦 で やる ぞ

はい 戦い の 覚悟 は でき て い ます

俺 も だ ぜ

ウィンド ナイツ ・ ロット へ の 入口 だ

うん 予定 どおり 太陽 の ある うち に 行動 が 取れる

エリナ に なんの 挨拶 も なし に 出 て き て しまった な

でも 必ず 帰る

どう し た ん だ

御者 なぜ 止め た

気 を つけろ ここ は 太陽 が 届 い て い ない

おい 御者

ディオ か でも どこ に いる

二 人 と も 馬 から 離れ て い なさい

なん だ こいつ は 馬 の 体 に 潜り込 ん で いる

ジョースター さん こいつ は こいつ は や ばい

残虐 性 異常 性 に おい て ディオ 以上 だ

ディオ は すでに この よう な 仲間 を 増やし て いる

二 人 と も 下がって い なさい 私 が 戦う

ゾンビ だ な

人間 を 食って 永遠 の 生命 と 力 を 与え られ

しかし ディオ の 思い の まま に 操ら れる

いわば 肉 人形

最高 の 恐怖 を 与え て 青ざめ た 面 に し て から

お前 ら の 鮮血 の 暖か さ を 味わって やる ぜ

絶望 に 身 を 捩れ 虫けら ども

さて やつ は どう 出る

わし が やつ なら

ジョジョ これ は 大事 な もの の 考え 方 じゃ ぞ

その 一 もし 自分 が 敵 なら と 相手 の 立場 に 身 を 置く 思考

わし が やつ なら まず 太陽 まで の 逃げ道 トンネル の 入口 を 塞ぐ

馬車 を ぶん 投げ て トンネル を 崩す 気 か

飛べ スピード ワゴン

来る ぞ

ぜ … 全身 から メス が

あれ か 一瞬 の うち に 御者 を 串 刺し に し た の は

波紋 カッター

波紋 カッター の ほう が あん さん の メス より よう 切れる わ い

ジョジョ 戦い の 思考 その 二 じゃ

蚤 って いる よ な

ちっぽけ な 虫けら の 蚤 じゃ よ

あの 虫 は 我々 巨大 な 人間 に 所 構わ ず 戦い を 挑 ん で くる な

これ を 勇気 と 呼べ る だ ろ う か ね

蚤 ども の が 勇気 と は 呼べ ん な

では 勇気 と は 一体 なに か

勇気 と は 怖 さ を 知る こと 恐怖 を 我が 物 と する こと じゃ

呼吸 を 乱す の は 恐怖

だが 恐怖 を 支配 し た 時 呼吸 は 規則正しく 乱れ ない

波紋 法 の 呼吸 は 勇気 の 産物

人間 賛歌 は 勇気 の 賛歌

人間 の 素晴らし さ は 勇気 の 素晴らし さ

いくら 強く て も こい つら ゾンビ は 勇気 を 知ら ん

蚤 と 同類 よ 仙道 ウエーブ キック

波紋 エネルギー が 怪物 の 組織 を ズタズタ に 破壊 し た の だ

すげ ぇ ワイン を 零し て も い ねえ

ジョジョ あと は お前 が 仕上げ しろ

やつ の 脳 全体 を 熔 かす の だ

吸 血 鬼 を 倒す に は それ しか ない

よくも て め ぇ ら 必ず ぶ っ 殺す

細切り に し て 食らって やる ぜ

まさか やつ を 追って いく ん じゃ ねえ でしょう ね

行 か に ゃ なる まい

しかし 行く の は ジョジョ 一 人

ジョジョ その ワイン を グラス から 一 滴 も 零さ ず に やつ を 倒し て こい

ジョジョ 戦い の 思考 その 三 じゃ

北国 ノルウェー に こんな 諺 が ある

「 北風 が 勇者 バイキング を 作った 」

その ワイン を 一 滴 たり と も 零し て みろ

その 時 は たとえ やつ を 倒し た と して も

わし は お前 を もう 見捨てる

おい お っ さん よ 正気 か て め ぇ

あんた は 黙 っと れ

分かり まし た 「 北風 が バイキング を 作った 」 です ね

まるで 迷路 だ 明かり で 照らし て も

必ず 闇 の 部分 が できる 構造 に 作ら れ て いる

ま … まずい この 火 は

明かり を 消さ なけ れ ば 狙わ れる だけ だ

しかし もう やつ が どこ から 来る か こっち に も 分から ない

匂う ぜ あった け え 血 の 匂い だ

戦い の 思考 その 一 敵 の 立場 で 考えよ う

やつ は 近い はず

そして 思考 その 二 恐怖 を 我が 物 と しろ

その 時 呼吸 は 乱れ ない

来い 頚動脈 に 噛み付 い て びん と 噛 ん だ まま 血管 を 引っ張って やる

北極 海 の 厳しい 北風 は 気骨 ある したたか な バイキング を 生 ん だ

すなわち 厳しい 条件 は 知恵 しだい で チャンス に も なり うる と いう こと だ

あの ワイン は バイキング を 作る かな

で なけ れ ば 所詮 ディオ に は 勝て ん

こ … これ は 波紋

そう か 北風 は この ワイン だ

ワイン の 波紋 を 感じる

グラス を 伝わり 腕 を 伝わり 体 を 伝わり 地面 を 伝わり

やつ の 生命 の 振動 を 感じる

この ワイン は 波紋 探知 機 だ

震える ぞ ハート 燃え尽きる ほど ヒート

そこ だ 吸 血 ゾンビ

壁 を 伝わ れ 波紋 仙道 波紋 オーバー ドライブ

来い ベロベロ して やる ぜ

ワイン の 意味 を 理解 し たら しい な ジョジョ

よ ー し 北風 は バイキング を 作った ぞ

とうとう 会え た な

呪い 抜 い て やる

勝て る の か この 凄ま じい 妄執 に

これ は 勇者 と して の 決闘 だ

ディオ 君 の 野望 僕 が 打ち砕く



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

Language learning online @ LingQ

ジョースター さん は 戦い に 勝った

しかし 何もかも 失った

三 日 前 この 病院 に 担ぎ込 ん だ が

今 あの 人 は まったく の ごとく

ほんの ちょっぴり でも あたえ て やり て ぇ 生きる 希望 よ

空 こぼれ落ち た 二 つ の 星 が

光 と 闇 の 水面 吸い込ま れ て ゆく

引き合う よう に 重なる 波紋

誇り の 道 を 往 く 者 に 太陽 の 導き を

野望 の 果て を 目指す 者 に 生 贄 を

震える ほど 心

燃え尽きる ほど 熱く

その 手 から 放て 鼓動

体 漲る 勇気 で

迷い なき 覚悟 に 喝采 を

その 血 の 運命 ジョジョ

心 だ

あの 人 に は 今 心 が 必要 な ん だ

真 夜中 だ と いう のに ジョースター さん の 病室 から 明かり が

こ … これ は

あ … あの 女 は

こんな 遅く まで 付きっきり の 看護

あの 手 ふやけ て 血 が 滲 ん で いる

何 百 回 何 千 回 と 冷水 で 火傷 を 冷やし て いる ん だ

よかった

意識 を

峠 は 越し まし た もう 大丈夫

君 が ずっと 看病 を …

君 は 君 が ここ に いる なんて

面影 が ある

いや まさか そんな はず は ない

すごく 似 て いる けど

似 てる って 誰 に ?

エリナ ・ ペン ドルトン に ?

お 久しぶり です ジョナサン ・ ジョースター ジョジョ

エリナ 大きく なった ね

まあ それ は あなた の ほう です わ

でも 本当 に しばらく です

ああ

どうやら 俺 じゃ 役者 不足 だった よう だ ぜ

出直す と す っか

スピード ワゴン は クール に 去る ぜ

つ … つい 気 が 緩 ん で 意識 を

まあ なんて こと 骨折 し て いる 腕 に 私 を

いつ だって 支える さ

人 の 出会 いって の は 運命 で 決め られ てる の かも しれ ねえ な

こんな 夜 遅く まで 遊 ん で いる 堕落 し た 女 が ー

大抵 の 人間 は 心 に 善 の タガ が ある

素晴らしい 悪 へ の 恐れ が ある の だ

だが ごく まれ に 善 なる タガ の ない 人間 が いる

悪 の エリート

気 に 入った ぞ 闇 の ジャック この ディオ に 服従 する の だ

素晴らしい 力 を 与え て やる

今 以上 の 快楽 を 手 に できる ぞ

悩み は もう なにも ない

あの 日 の 惨事 を 知る の は 僕 と スピード ワゴン の 二 人 だけ

警察 も 事故 と 納得 し て くれ た が

気 に なる の は 石 仮面

瓦礫 を 掘って も 出 て こ ない 粉 微塵 に なった と 信じ たい

そう 思 お う そして 早く 忘れよ う

ジョジョ

エリナ

誰 だ さっき から ずっと いる

どうか し た の

いや なんでも な …

ジョナサン ・ ジョースター くん

そして その レディー は ミス エリナ ・ ペン ドル トン

な … 何者

よく 生き残れ た もの だ あの 石 仮面 の 力 から

ジョジョ

そう そう 肺 の 中 の 空気 を 1 cc 残らず 絞り出せ

ジョジョ

ケガ し て いる 人 に なんて こと を

しばらく 呼吸 は でき ん が 心配 は いら ん

な … なん だ

な … なん だ 僕 の 体 が う … 腕 が

私 は ツェペリ 男爵 だ 勇気 だけ で は 石 仮面 に は 勝て ん よ

複雑 骨折 し た 腕 が …

ほとんど 痛み も ない

こんな 重い 石 も 持てる

信じ られ ない わ

い … いったい なに を し た

君 は 何者 だ

質問 は 一 つ ずつ に し て くれ ん か ね ジョジョ

私 が し た の で は ない 君 の 呼吸 が 痛 み を 消し た の だ よ

なぜ 僕 に こんな こと を

どうして 僕 の 名 を

い … い ない

質問 は 一 つ ずつ だって ば さ ジョジョ

答え を 見せ て あげる よ つい て おいで

そして それ を 見 て 私 を 知ったら

君 の 運命 は また 変わる

私 は 君 の 横隔膜 を 指 で 突き そして 特別 な 呼吸 法 に し た の だ

特別 な 呼吸 法 ?

呼吸 が おこす エネルギー を 見せ て あげよ う

な … なに を する 気 だ ろ う

あれ は 一体 な … なん だ あの 波紋 は

あんな 形 不自然 だ

今 から 見せる の は 君 の 痛 み を 消し た エネルギー と 同じ もの

やめろ

か … 蛙 は なんとも ない

これ が 仙道 だ

せ … 仙道 ?

波紋 エネルギー こそ 仙道 パワー

私 の 波紋 エネルギー は 蛙 の 肉体 を 波紋 と なって 伝わり

岩 を 砕 い た の だ

ジョジョ 私 は 知って いる

あの 石 仮面 は 壊れ て い ない

石 仮面 の 男 ディオ が 持って いる

なん だって 今 ディオ と 言った の か

そう だ そして 私 は 何 十 年 も あの 石 仮面 を 探し て いる

石 仮面 を 破壊 する ため に

石 仮面 を 被った 者 を 倒す ため に

君 は すでに 石 仮面 と 戦う 運命 に ある

仙道 を 学ば なけ れ ば なら ん

さも ない と 死ぬ 君 も この 全 人類 も

ま … まさか

ジョジョ なん の こと あの 人 は 一体 …

エリナ こ … この 件 に エリナ を 巻き込 ん で は いけない

彼女 だけ は 決して

こ … これ は は … 花 が しん … 信じ られ ん

腕 の 骨折 を 治し た 波紋 エネルギー が まだ 残って おり

枯れ かけ た 花 が 再生 さ れ た ん だ

この ジョジョ と いう 青年 は

とてつもない 才能 と 力 を 眠ら せ て いる の かも しれ ん

この 青年 なら 世界 を 救え る かも しれ ん ぞ

次第 次第 に 力 が 蘇って き た

食物 連鎖 と いう の が あった な

草 は 豚 に 食わ れ 豚 は 人間 に 食わ れる

我々 は その 人間 を 糧 と し てる わけ だ

人間 を 食料 と して こそ 「 真 の 帝王 」

ジャック 食って いい ぞ

まず 扱い やすい 邪悪 な 人間 だけ を しも べ と し

一気に 世界 を この世 を 手中 に 収め て やる

全て の 人間 の 頂点 に 立って やる

僕 は ツェペリ と いう 底 知れ ぬ 人物 に 波紋 エネルギー と いう もの を 習い

ともに ディオ と 戦う 決意 を し た

その わけ は

ジョジョ 私 が 仮面 を 追って いる わけ を 話 そ う

この ツェペリ ウィル ・ A ・ ツェペリ は 若かった

私 は 未知 の 探求 に 限りない 興味 を 持つ 若者 だった

学者 で あった 父 の 遺跡 発掘 隊 に 参加 し た 私 は

世界中 を 旅 し て 回った

そして アステカ 遺跡 へ 発掘 に 行った とき の こと

まさか

そう こと も あ ろ う か あの 石 仮面 は 私 が 偶然 発掘 し た もの な の だ よ

その 帰国 途中 で 隊 の 中 の 一 人 が なに か の きっかけ で 仮面 を かぶり

発現 さ せ た

血 に 飢え た そい つ は 友人 の 首 を ばっ くり 断ち切り

腕 を 足 を 体 を 引きちぎり まくった

船員 五十八 名 皆殺し だった

私 は 海 に 飛び込 ん だ が そい つ は 追って き た

その 時 夜 が 明け た

朝日 の 光 で 初めて 見え た そい つ の 顔 は

発掘 隊 の 隊長 私 の 父 だった

石 仮面 を 積 ん だ まま の 船 は どこ か へ 流さ れ て いった

私 は 恐れ た

いつか どこ か で 石 仮面 の 力 が 再び 発現 する だ ろ う と

その ため の 対抗 手段 を 考え て おか ね ば なる まい と

そして 波紋 法 に 辿 り つい た の だ

波紋 エネルギー は 自分 の 血液 の 流れ から 生み出す もの

対し て 石 仮面 は 他人 の 血液 から エネルギー を 吸い取る

形 は 表 と 裏 同じ エネルギー だった の だ

そう か 波紋 を 消す に は もう 一 つ の 波紋 を

そう だ

もう 一 つ の 大きな 波紋 エネルギー を ぶつけ れ ば

やつ ら は 砕け 散る

そして 波紋 法 の 作る エネルギー の 波 は

太陽 の 光 の 波 と 同じ 形 な の だ

ツェペリ さん 教え て ください 波紋 の 使い 方 を

どんな 試練 も 克服 し ます

いや だ と 言って も むりやり 教える わ

世界 の 帝王 に なる ため に ディオ は まず ジョジョ 君 を 狙う はず だ

いい か ジョジョ

呼吸 に は 血液 が 関わって いる

血液 は 酸素 を 肺 から 運ぶ から だ

そして 血液 中 の 酸素 は 体 細胞 に 関わって いる

体 細胞 イコール 肉体

つまり 水 に 波紋 を 起こす よう に

呼吸 法 に よって 肉体 に 波紋 を 起こす

エネルギー を 作り出す

手元 で 急に ぐ ー っと 伸び た

どう なって いる の だ

名づけ て ズーム パンチ

関節 を 外し 腕 を 伸ばす

その 際 の 激痛 は 波紋 エネルギー で 和らげる の だ

ジョジョ 呼吸 法 の リズム を 狂 わ す な よ

波紋 エネルギー は 精神 の 乱れ に すごく 敏感 な の だ よ

はい

おい ジョースター さん

スピード ワゴン

山間 の 町 ウィンド ナイツ ・ ロット ?

ええ ディオ らしい やつ を その 町 で 見 た って 情報 を 確認 し まし た

そこ じゃ 最近 行方 不明 者 が 増え てる よう です

時間 が ない ジョジョ 波紋 呼吸 法 の 仕上げ は 実戦 で やる ぞ

はい 戦い の 覚悟 は でき て い ます

俺 も だ ぜ

ウィンド ナイツ ・ ロット へ の 入口 だ

うん 予定 どおり 太陽 の ある うち に 行動 が 取れる

エリナ に なんの 挨拶 も なし に 出 て き て しまった な

でも 必ず 帰る

どう し た ん だ

御者 なぜ 止め た

気 を つけろ ここ は 太陽 が 届 い て い ない

おい 御者

ディオ か でも どこ に いる

二 人 と も 馬 から 離れ て い なさい

なん だ こいつ は 馬 の 体 に 潜り込 ん で いる

ジョースター さん こいつ は こいつ は や ばい

残虐 性 異常 性 に おい て ディオ 以上 だ

ディオ は すでに この よう な 仲間 を 増やし て いる

二 人 と も 下がって い なさい 私 が 戦う

ゾンビ だ な

人間 を 食って 永遠 の 生命 と 力 を 与え られ

しかし ディオ の 思い の まま に 操ら れる

いわば 肉 人形

最高 の 恐怖 を 与え て 青ざめ た 面 に し て から

お前 ら の 鮮血 の 暖か さ を 味わって やる ぜ

絶望 に 身 を 捩れ 虫けら ども

さて やつ は どう 出る

わし が やつ なら

ジョジョ これ は 大事 な もの の 考え 方 じゃ ぞ

その 一 もし 自分 が 敵 なら と 相手 の 立場 に 身 を 置く 思考

わし が やつ なら まず 太陽 まで の 逃げ道 トンネル の 入口 を 塞ぐ

馬車 を ぶん 投げ て トンネル を 崩す 気 か

飛べ スピード ワゴン

来る ぞ

ぜ … 全身 から メス が

あれ か 一瞬 の うち に 御者 を 串 刺し に し た の は

波紋 カッター

波紋 カッター の ほう が あん さん の メス より よう 切れる わ い

ジョジョ 戦い の 思考 その 二 じゃ

蚤 って いる よ な

ちっぽけ な 虫けら の 蚤 じゃ よ

あの 虫 は 我々 巨大 な 人間 に 所 構わ ず 戦い を 挑 ん で くる な

これ を 勇気 と 呼べ る だ ろ う か ね

蚤 ども の が 勇気 と は 呼べ ん な

では 勇気 と は 一体 なに か

勇気 と は 怖 さ を 知る こと 恐怖 を 我が 物 と する こと じゃ

呼吸 を 乱す の は 恐怖

だが 恐怖 を 支配 し た 時 呼吸 は 規則正しく 乱れ ない

波紋 法 の 呼吸 は 勇気 の 産物

人間 賛歌 は 勇気 の 賛歌

人間 の 素晴らし さ は 勇気 の 素晴らし さ

いくら 強く て も こい つら ゾンビ は 勇気 を 知ら ん

蚤 と 同類 よ 仙道 ウエーブ キック

波紋 エネルギー が 怪物 の 組織 を ズタズタ に 破壊 し た の だ

すげ ぇ ワイン を 零し て も い ねえ

ジョジョ あと は お前 が 仕上げ しろ

やつ の 脳 全体 を 熔 かす の だ

吸 血 鬼 を 倒す に は それ しか ない

よくも て め ぇ ら 必ず ぶ っ 殺す

細切り に し て 食らって やる ぜ

まさか やつ を 追って いく ん じゃ ねえ でしょう ね

行 か に ゃ なる まい

しかし 行く の は ジョジョ 一 人

ジョジョ その ワイン を グラス から 一 滴 も 零さ ず に やつ を 倒し て こい

ジョジョ 戦い の 思考 その 三 じゃ

北国 ノルウェー に こんな 諺 が ある

「 北風 が 勇者 バイキング を 作った 」

その ワイン を 一 滴 たり と も 零し て みろ

その 時 は たとえ やつ を 倒し た と して も

わし は お前 を もう 見捨てる

おい お っ さん よ 正気 か て め ぇ

あんた は 黙 っと れ

分かり まし た 「 北風 が バイキング を 作った 」 です ね

まるで 迷路 だ 明かり で 照らし て も

必ず 闇 の 部分 が できる 構造 に 作ら れ て いる

ま … まずい この 火 は

明かり を 消さ なけ れ ば 狙わ れる だけ だ

しかし もう やつ が どこ から 来る か こっち に も 分から ない

匂う ぜ あった け え 血 の 匂い だ

戦い の 思考 その 一 敵 の 立場 で 考えよ う

やつ は 近い はず

そして 思考 その 二 恐怖 を 我が 物 と しろ

その 時 呼吸 は 乱れ ない

来い 頚動脈 に 噛み付 い て びん と 噛 ん だ まま 血管 を 引っ張って やる

北極 海 の 厳しい 北風 は 気骨 ある したたか な バイキング を 生 ん だ

すなわち 厳しい 条件 は 知恵 しだい で チャンス に も なり うる と いう こと だ

あの ワイン は バイキング を 作る かな

で なけ れ ば 所詮 ディオ に は 勝て ん

こ … これ は 波紋

そう か 北風 は この ワイン だ

ワイン の 波紋 を 感じる

グラス を 伝わり 腕 を 伝わり 体 を 伝わり 地面 を 伝わり

やつ の 生命 の 振動 を 感じる

この ワイン は 波紋 探知 機 だ

震える ぞ ハート 燃え尽きる ほど ヒート

そこ だ 吸 血 ゾンビ

壁 を 伝わ れ 波紋 仙道 波紋 オーバー ドライブ

来い ベロベロ して やる ぜ

ワイン の 意味 を 理解 し たら しい な ジョジョ

よ ー し 北風 は バイキング を 作った ぞ

とうとう 会え た な

呪い 抜 い て やる

勝て る の か この 凄ま じい 妄執 に

これ は 勇者 と して の 決闘 だ

ディオ 君 の 野望 僕 が 打ち砕く

×

We use cookies to help make LingQ better. By visiting the site, you agree to our cookie policy.