image

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター), Hunter x Hunter (2011) Episode 8

================ ED ===================

怪獣

珍 獣

財宝

秘 宝

魔 境

秘境

「 未知 」 と いう 言葉 が 放つ 魔力

その 力 に 魅 せ られ た すごい 奴 ら が いる

人 は 彼ら を …

「 ハンター 」 と 呼ぶ

もう いっち ょう

今 右手 使った でしょ う

やった ヤッホウ

夜 が 明けて ゴン 達 を 乗せ た 飛行 船 は 目的 地 へ と 差し掛かる

第 三 次 ハンター 試験 の 幕開け で ある

みなさま 大変 長らく お 待た せ いたし まし た

この 飛行 船 は まもなく 目的 地 に 到着 いたし ます

は あ あれ が 次 の 試験 会場 か

なん だ ここ は

なにも ない ぞ

あっ ふん みなさま 三 次 試験 の スタート 地点 は ここ

トリック タワー と 呼ば れる 塔 の 天辺 と なり ます

トリック タワー

合格 の 条件 は この 塔 を 生き て 下 まで 降り て くる こと

制限 時間 は 七十二 時間 です

それでは これ より 三 次 試験 を 開始 いたし ます

皆様 の 健闘 を お 祈り し ます

そろそろ 出番 か

皆さん がんばって ください ね

まさか ここ を 降りろ って の か

自殺 行為 に 等しい な

ふん ん 普通 の 人間 なら な

これ くらい 一流 の ロック クライマー なら 難なく クリヤ できる ぜ

スッゲイ どんどん 降り て く

ふ ふ どうやら 三 次 試験 の 合格 第 一 号 は 俺 様 の よう だ な

止め て くれ

壁 を 使って 降りる の は 無理 みたい だ な

ほう

お っ どう し た

人数 が 減って いる

なに

全部 で 23 人 半数 近く が すでに ここ から 脱出 した こと に なる

う ~ そ だ ろ う いつの間に

この 屋上 の どこ か に 下 に 通じる 隠し 扉 が ある こと は 間違い ない ん だ が

クラ ピカ レオ リオ

どう し た ゴン

これ 隠し 扉 を 見つけ た ん だ

お っ

なるほど 石畳 が 回転 する こと で 下 へ 降り られる 仕組み か

よしゃ ー で かした ゴン さっそく 下 へ 降りよ う ぜ

でも 迷って る ん だ

なに を 迷う こと が あん だ よ

ここ と そこ と あそこ と あそこ に も ある ん だ 隠し 扉

そんなに

密集 する 五 つ の 隠し 扉 か いかにも うさんくさい な

いく つ か は 罠 かも しれ ない

しかも この 扉 たった 一 回 しか 使え ない みたい な ん だ よ な

マジ で

さっき 降り て た 人 の 扉 を もう 一 度 開け て みよ う と 思った ん だ けど

びくとも し なかった

扉 の 幅 から し て 降り られる の は 一 回 に つき 一 人 だけ

つまり 扉 は 一 人 に つき 一 人 ずつ

みんな ばらばら の 道 を いか なきゃ いけない って こと

ゴン と 俺 は この 中 から 一 つ ずつ 選ぶ こと に 決め た

罠 に かかって も 恨み っこ ない し レオ リオ と クラ ピカ は どう する

いい だ ろ う 運 も 実力 の うち って な

私 も 異論 は ない 決まった な

一 二 の 三 で 全員 一緒 に 行 こ う ぜ

みんな と は ここ で 一旦 お 別れ だ ね

地上 で 再び 会 お う

じゃ 行く ぜ

一 二 の 三 イッディディ あお

は あれ

短い 別れ だった な

なん だ よ どれ を 選 ん で も

結局 同じ 部屋 に 降りる よう に なって や がった の か よ

君 達 五 人 は

ここ から ゴール まで の 道程 を 多数決 で 乗り越え なけ れ ば なら ない

だって さ

五 人

見 て タイマー も 五 人 分 ある よ

「 ○ 」 と 「 × 」 の ボタン が ついて る な

もし かして 後 一 人 誰 か この 部屋 に 降り て くる まで

われわれ は ここ から 出 られ ない の で は ない か

その とおり

誰 だ

私 の 名 は リッポー 刑務所 所長 兼 第 三 次 試験 の 試験 官 だ

刑務所 所長

この タワー に は 行く 通り も の ルート が 用意 さ れ て いる

お前 達 が 選 ん だ の は 多数決 の 道

クリア の ため に は 互い の 協力 が 必要 絶対 条件 と なる

たった 一 人 の わがまま は 決して 通ら ない 難 コース だ

そして この コース は 五 人 揃わ なけ れ ば 始め られ ない

では 諸君 ら の 健闘 を 祈る

へ ぇ 後 一 人 来 なきゃ 前 に 進め ねって よ

どう す ん だ よ

待つ しか ない か

お呼び でしょう か 所長

テスト を 開始 する 各自 配置 に つけ

う い ー す

なあ もう あれ から 二 時間 だ ぞ

もし かして もう 全員 別 の ルート から 行 っち まっ た ん じゃ ない の か

今頃 上 に 残って ん の は よっぽど の まる け だ ぜ

落ち着け レオ リオ 嘆 い て も 始まら ん

でも よ このまま 誰 も 来 ない で 七十二 時間 経 っち まっ たら

どう す ん だ よ

おい

なにも し ねぇ で

シッ 静か に

あっ

音 が する

お ぇ やれやれ

トンパ さん

なん だ

お っ さん か よ

よ ー し ゃ ー

なるほど 五 人 揃って タイマー を 嵌 め る と ドア が 現れる 仕掛け か

この ドア を 「 ○ 」 開ける 「 × 」 開け ない

もう ここ から 多数決 か

そんな もん 答え は 決まって ん のに な

あ だれ だ 「 × 」 の ボタン を 押し た の は へ は は すま ん すま ん 俺 だ

間違って 押し ち まった

ふざけ ん じゃ ねえ よ お っ さん あんた 目 が いかれ てん の か

えっ だ から 間違え た だけ だって

どう やったら 「 ○ 」 と 「 × 」 を 間違える って ん だ あ

いい じゃ ない ドア は ちゃんと 開 い た ん だ し

いいえ よく ねえ こいつ 絶対 わざと 「 × 」 を 押し や がった ん だ ぜ

行 こ う 争って いる 時間 が 惜しい

そう そう 仮に そい つ が わざと 全部 逆らって も さ

俺 達 が まとまって りゃ ぁ いい わけ だ ろ う

分かった よ

ひ ひ よ ー し ゃ ー 行く ぜ

この

おいおい 扉 を 出 て また すぐ 設問 か よ

どっち に 行く 「 ○ 」 右 「 × 」 左

右 か 左 か

は あ なんで 右 な ん だ よ こういう 時 は 左 だ ろ う 普通

確かに 行動 学 の 見地 から も

人 は 迷ったり 分かれ 道 を 選ぶ 時 に は

無意識 に 左 を 選択 する ケース が 多い らしい

それ 俺 も 聞い た こ と ある

ちょっと 待て それ じゃ 計算 が あわ ない ぞ

お前 ら 一体 どっち を 押し た ん だ よ

右 右 あ お前 ら な だからこそ 右 な ん だ よ 試験 官 の 裏 を かく なら な

試験 官 が 左 の 法則 を 知って い れ ば 左 の 道 を 難しく する だ ろ う

けっ どうせ 俺 達 は 単純 だ よ

俺 達

な なん だ よ ここ

見ろ よ あそこ

受験 者 が 来 た ぜ 手錠 を はずし て くれ

や ー れ やれ

ようやく 開放 さ れ た ぜ

諸君 説明 しよ う 諸君 ら の 前 に いる の は

この トリック タワー に 幽閉 さ れ て いる 囚人 達 だ

囚人

彼ら は 同時に 審査 委員 会 から

正式 に 任命 を 受け た 雇わ れ 試験 官 で も ある

諸君 に は これ から ここ で 彼ら 五 人 と 戦って もらう

勝負 は 一 対 一 各自 一 度 しか 戦え ない

戦い 方 は 自由 引き分け は なし

相手 に 負け を 認め させ たら 勝ち と する

順番 は 自由 に 決め て もらって 結構 諸君 ら は 多数決

つまり 三 勝 以上 すれ ば ここ を 通過 できる

ルール は 極めて 単純 だ

ち っ ここ でも 多数決 か よ

まあ 分かり やすく て いい けど

ふん しか し 勝負 自体 は そう 単純 で は ない

彼ら は 一 時間 に つき 一 年

諸君 を 足止め し たぶん だけ 刑期 が 短く なる 契約 を し て いる

つまり 時間 稼ぎ も 彼ら の 狙い と なる の だ

なるほど われわれ に も

七十二 時間 以内 に ゴール し なけ れ ば なら ない と いう 制約 が ある

この 勝負 時間 の 駆け引き も 重要 と なる わけ だ な

さあ こちら の 一 番手 は 俺 だ そちら も 選ば れよ

どう する

戦い 方 が 自由 って こと は 裏 を 返せ ば なんでも あり って こと だ ぜ

何 を 仕掛け て くる か 分から ない って こと か

相手 の 出方 が 測れ ない 分 初戦 は リスク が 大きい

ここ は 私 が

いや 俺 が 行 こ う

トンパ さん

毒 味 役 と して 俺 が 相手 の 出方 を 伺 お う

さっき の 侘び も 兼ねて な

お前 本気 か

え お それ に お前 さん 達 は 俺 を いまひとつ 信用 し きれ て ない だ ろ う

そんな 俺 に 二 勝 二 敗 の 場面 で 登場 する よう な 大将 役 を 任せ られる か

そりゃ ま ぁ そう だ が

じゃ 決まり だ な

トンパ お前

ふん

意外 だった な まさか あの トンパ が

自分 から 毒 味 役 を 言い出す と は な

大丈夫 かな トンパ さん

さて 勝負 の 方法 を 決めよ う か 俺 は デスマッチ を 提案 する

デスマッチ

死ぬ まで 戦う って こと か よ

だめ だ やつ の 挑発 に 乗って は いけない

どう する

いい だ ろ う その 勝負 受け た

あっ マジ か よ

その 覚悟 見事

ト トンパ

いい ぞ 勝負

ま 参った

なに

もし かして 参った って 言った の

ま 待った の 間違い じゃ ない の か

今 なんと

俺 が 負け を 認め れ ば そっち の 勝ち だ ろ う 参った 俺 の 負け だ

な な な

ふん ん … は は は …

いい だ ろ う この 勝負 俺 の 勝ち だ

われわれ が 後 二 勝 すれ ば お前 達 の 負け だ

先 に 進め ず 引き返す こと も でき ず 時間切れ まで 七十二 時間

ここ で 立ち尽くす こと に なる

そう なれ ば

われわれ は 全員 七十二 年 分 の 刑期 が 短縮 さ れる の だ

はは は …

いい や 面目ない 近く で みる と 強 そう な ん だ もん な

て め ぇ 今 はっきり 分かった ぜ

て め ぇ が 他人 の 足 を 引っ張って ばかり の 屑 野郎 だって こと な

その とおり さ 俺 は ずっと そうして き た

そして これ から も そう する つもり さ

なに

俺 が ハンター 試験 に 求め て いる の は 合格 じゃ ない 程よい 刺激 さ

刺激

そう だ 夢 追い 前途 ある 若者 が 食い潰さ れ て いく 修羅 の 場

野心 や 希望 が 永遠 に 絶た れる 一瞬 の 表情

次第に それ を 見る の が 何より の 楽しみ と なった

俺 自身 が 積極 的 に 荷 担 し て 新人 の 夢 を 摘み取った

俺 は ハンター に なる 気 なんか 端 から ない の さ

今年 は もう 十分 に 楽し ん だ

俺 に し て み れ ば ここ ら 辺 が 潮時 な ん だ

て め ぇ

よせ レオ リオ

だが

内輪もめ て 時間 を 潰す など や つら の 思う 壺 だ

でも さ 時間 稼ぎ も やつ ら の 狙い だ と し たら

お っ じゃ ん の 選択 は 正解 だった かも ね

い ~

あの 坊主 頭 おそらく 元 軍人 か 傭兵 だ よ 戦って たら

まず 最初 に 喉 を 潰さ れ て 参った って 言え ない よう に さ れ て た ね

後 は 死な ない 程度 に 拷問 さ れ た よ 残り 時間 ずっと

も もちろん それ も 計算 済み よ

顔色 悪い ぞ

少々 予定 が 狂った な

じ わ りじ わり と 時間 を かけ て 甚 振る つもり だった の だ が

大丈夫 だ よ 問題 ない

残り の 4 人 が 二 勝 すれ ば こっち の 勝ち な ん だ から

ともかく われわれ は 三 勝 し て 前 に 進む しか 道 は ない ん だ

次 は 誰 が 行く

はい 俺 が 行く よ

大丈夫 か

うん

どうやら 次 の やつ は 肉体 派 じゃ な さ そう だ な

だから って 油断 は する な よ

あいつ だって 列記 と し た 犯罪 者 な ん だ から な

うん 分かって る

トンパ の 思惑 に より 不利 な 状況 へ と 追い込ま れ た ゴン 達

次 の 対戦 相手 セ ドカン と の 勝負 に 待ち受け て いる もの は

一体 なに か

第 三 次 ハンター 試験 に 40 名 が 参加 し すでに 一 名 が 脱落

残り 39 名

嘘 待って た って 夢 の また

揺さぶって も 聞こえ ない

こぼれ落ち た メッセージ

どんな 日常 の 憂鬱 さえ

ため息 も 出 ず に 向かう 今日 の 僕ら

デス 声

月 の 色

心 は 揺れ て

破れ て く 錆び た 初期 衝動 は

呼び覚まし て 走り出す

つらい けど もっと

思う よう な

繋ぐ よう な

きっと 答え

忘れ ない で

次回

シュウ ジン x ニ x ゴヨウ ジン

君 の 後ろ に も ご 用心 読め 人 よ 気 を つけろ よ



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

Language learning online @ LingQ

================ ED ===================

怪獣

珍 獣

財宝

秘 宝

魔 境

秘境

「 未知 」 と いう 言葉 が 放つ 魔力

その 力 に 魅 せ られ た すごい 奴 ら が いる

人 は 彼ら を …

「 ハンター 」 と 呼ぶ

もう いっち ょう

今 右手 使った でしょ う

やった ヤッホウ

夜 が 明けて ゴン 達 を 乗せ た 飛行 船 は 目的 地 へ と 差し掛かる

第 三 次 ハンター 試験 の 幕開け で ある

みなさま 大変 長らく お 待た せ いたし まし た

この 飛行 船 は まもなく 目的 地 に 到着 いたし ます

は あ あれ が 次 の 試験 会場 か

なん だ ここ は

なにも ない ぞ

あっ ふん みなさま 三 次 試験 の スタート 地点 は ここ

トリック タワー と 呼ば れる 塔 の 天辺 と なり ます

トリック タワー

合格 の 条件 は この 塔 を 生き て 下 まで 降り て くる こと

制限 時間 は 七十二 時間 です

それでは これ より 三 次 試験 を 開始 いたし ます

皆様 の 健闘 を お 祈り し ます

そろそろ 出番 か

皆さん がんばって ください ね

まさか ここ を 降りろ って の か

自殺 行為 に 等しい な

ふん ん 普通 の 人間 なら な

これ くらい 一流 の ロック クライマー なら 難なく クリヤ できる ぜ

スッゲイ どんどん 降り て く

ふ ふ どうやら 三 次 試験 の 合格 第 一 号 は 俺 様 の よう だ な

止め て くれ

壁 を 使って 降りる の は 無理 みたい だ な

ほう

お っ どう し た

人数 が 減って いる

なに

全部 で 23 人 半数 近く が すでに ここ から 脱出 した こと に なる

う ~ そ だ ろ う いつの間に

この 屋上 の どこ か に 下 に 通じる 隠し 扉 が ある こと は 間違い ない ん だ が

クラ ピカ レオ リオ

どう し た ゴン

これ 隠し 扉 を 見つけ た ん だ

お っ

なるほど 石畳 が 回転 する こと で 下 へ 降り られる 仕組み か

よしゃ ー で かした ゴン さっそく 下 へ 降りよ う ぜ

でも 迷って る ん だ

なに を 迷う こと が あん だ よ

ここ と そこ と あそこ と あそこ に も ある ん だ 隠し 扉

そんなに

密集 する 五 つ の 隠し 扉 か いかにも うさんくさい な

いく つ か は 罠 かも しれ ない

しかも この 扉 たった 一 回 しか 使え ない みたい な ん だ よ な

マジ で

さっき 降り て た 人 の 扉 を もう 一 度 開け て みよ う と 思った ん だ けど

びくとも し なかった

扉 の 幅 から し て 降り られる の は 一 回 に つき 一 人 だけ

つまり 扉 は 一 人 に つき 一 人 ずつ

みんな ばらばら の 道 を いか なきゃ いけない って こと

ゴン と 俺 は この 中 から 一 つ ずつ 選ぶ こと に 決め た

罠 に かかって も 恨み っこ ない し レオ リオ と クラ ピカ は どう する

いい だ ろ う 運 も 実力 の うち って な

私 も 異論 は ない 決まった な

一 二 の 三 で 全員 一緒 に 行 こ う ぜ

みんな と は ここ で 一旦 お 別れ だ ね

地上 で 再び 会 お う

じゃ 行く ぜ

二 の

イッディディ

あお

は あれ

短い 別れ だった な

なん だ よ どれ を 選 ん で も

結局 同じ 部屋 に 降りる よう に なって や がった の か よ

君 達 五 人 は

ここ から ゴール まで の 道程 を 多数決 で 乗り越え なけ れ ば なら ない

だって さ

五 人

見 て タイマー も 五 人 分 ある よ

「 ○ 」 と 「 × 」 の ボタン が ついて る な

もし かして 後 一 人 誰 か この 部屋 に 降り て くる まで

われわれ は ここ から 出 られ ない の で は ない か

その とおり

誰 だ

私 の 名 は リッポー 刑務所 所長 兼 第 三 次 試験 の 試験 官 だ

刑務所 所長

この タワー に は 行く 通り も の ルート が 用意 さ れ て いる

お前 達 が 選 ん だ の は 多数決 の 道

クリア の ため に は 互い の 協力 が 必要 絶対 条件 と なる

たった 一 人 の わがまま は 決して 通ら ない 難 コース だ

そして この コース は 五 人 揃わ なけ れ ば 始め られ ない

では 諸君 ら の 健闘 を 祈る

へ ぇ 後 一 人 来 なきゃ 前 に 進め ねって よ

どう す ん だ よ

待つ しか ない か

お呼び でしょう か 所長

テスト を 開始 する 各自 配置 に つけ

う い ー す

なあ もう あれ から 二 時間 だ ぞ

もし かして もう 全員 別 の ルート から 行 っち まっ た ん じゃ ない の か

今頃 上 に 残って ん の は よっぽど の まる け だ ぜ

落ち着け レオ リオ 嘆 い て も 始まら ん

でも よ このまま 誰 も 来 ない で 七十二 時間 経 っち まっ たら

どう す ん だ よ

おい

なにも し ねぇ で

シッ 静か に

あっ

音 が する

お ぇ やれやれ

トンパ さん

なん だ

お っ さん か よ

よ ー し ゃ ー

なるほど 五 人 揃って タイマー を 嵌 め る と ドア が 現れる 仕掛け か

この ドア を 「 ○ 」 開ける 「 × 」 開け ない

もう ここ から 多数決 か

そんな もん 答え は 決まって ん のに な

だれ だ 「 × 」 の ボタン を 押し た の は

へ は は すま ん すま ん 俺 だ

間違って 押し ち まった

ふざけ ん じゃ ねえ よ お っ さん あんた 目 が いかれ てん の か

えっ だ から 間違え た だけ だって

どう やったら 「 ○ 」 と 「 × 」 を 間違える って ん だ あ

いい じゃ ない ドア は ちゃんと 開 い た ん だ し

いいえ よく ねえ こいつ 絶対 わざと 「 × 」 を 押し や がった ん だ ぜ

行 こ う 争って いる 時間 が 惜しい

そう そう 仮に そい つ が わざと 全部 逆らって も さ

俺 達 が まとまって りゃ ぁ いい わけ だ ろ う

分かった よ

ひ ひ よ ー し ゃ ー 行く ぜ

この

おいおい 扉 を 出 て また すぐ 設問 か よ

どっち に 行く 「 ○ 」 右 「 × 」 左

右 か 左 か

は あ なんで 右 な ん だ よ こういう 時 は 左 だ ろ う 普通

確かに 行動 学 の 見地 から も

人 は 迷ったり 分かれ 道 を 選ぶ 時 に は

無意識 に 左 を 選択 する ケース が 多い らしい

それ 俺 も 聞い た こ と ある

ちょっと 待て それ じゃ 計算 が あわ ない ぞ

お前 ら 一体 どっち を 押し た ん だ よ

あ お前 ら な

だからこそ 右 な ん だ よ 試験 官 の 裏 を かく なら な

試験 官 が 左 の 法則 を 知って い れ ば 左 の 道 を 難しく する だ ろ う

けっ どうせ 俺 達 は 単純 だ よ

俺 達

な なん だ よ ここ

見ろ よ あそこ

受験 者 が 来 た ぜ 手錠 を はずし て くれ

や ー れ やれ

ようやく 開放 さ れ た ぜ

諸君 説明 しよ う 諸君 ら の 前 に いる の は

この トリック タワー に 幽閉 さ れ て いる 囚人 達 だ

囚人

彼ら は 同時に 審査 委員 会 から

正式 に 任命 を 受け た 雇わ れ 試験 官 で も ある

諸君 に は これ から ここ で 彼ら 五 人 と 戦って もらう

勝負 は 一 対 一 各自 一 度 しか 戦え ない

戦い 方 は 自由 引き分け は なし

相手 に 負け を 認め させ たら 勝ち と する

順番 は 自由 に 決め て もらって 結構 諸君 ら は 多数決

つまり 三 勝 以上 すれ ば ここ を 通過 できる

ルール は 極めて 単純 だ

ち っ ここ でも 多数決 か よ

まあ 分かり やすく て いい けど

ふん しか し 勝負 自体 は そう 単純 で は ない

彼ら は 一 時間 に つき 一 年

諸君 を 足止め し たぶん だけ 刑期 が 短く なる 契約 を し て いる

つまり 時間 稼ぎ も 彼ら の 狙い と なる の だ

なるほど われわれ に も

七十二 時間 以内 に ゴール し なけ れ ば なら ない と いう 制約 が ある

この 勝負 時間 の 駆け引き も 重要 と なる わけ だ な

さあ こちら の 一 番手 は 俺 だ そちら も 選ば れよ

どう する

戦い 方 が 自由 って こと は 裏 を 返せ ば なんでも あり って こと だ ぜ

何 を 仕掛け て くる か 分から ない って こと か

相手 の 出方 が 測れ ない 分 初戦 は リスク が 大きい

ここ は 私 が

いや 俺 が 行 こ う

トンパ さん

毒 味 役 と して 俺 が 相手 の 出方 を 伺 お う

さっき の 侘び も 兼ねて な

お前 本気 か

え お それ に お前 さん 達 は 俺 を いまひとつ 信用 し きれ て ない だ ろ う

そんな 俺 に 二 勝 二 敗 の 場面 で 登場 する よう な 大将 役 を 任せ られる か

そりゃ ま ぁ そう だ が

じゃ 決まり だ な

トンパ お前

ふん

意外 だった な まさか あの トンパ が

自分 から 毒 味 役 を 言い出す と は な

大丈夫 かな トンパ さん

さて 勝負 の 方法 を 決めよ う か 俺 は デスマッチ を 提案 する

デスマッチ

死ぬ まで 戦う って こと か よ

だめ だ やつ の 挑発 に 乗って は いけない

どう する

いい だ ろ う その 勝負 受け た

あっ マジ か よ

その 覚悟 見事

ト トンパ

いい ぞ 勝負

ま 参った

なに

もし かして 参った って 言った の

ま 待った の 間違い じゃ ない の か

今 なんと

俺 が 負け を 認め れ ば そっち の 勝ち だ ろ う 参った 俺 の 負け だ

な な な

ふん ん … は は は …

いい だ ろ う この 勝負 俺 の 勝ち だ

われわれ が 後 二 勝 すれ ば お前 達 の 負け だ

先 に 進め ず 引き返す こと も でき ず 時間切れ まで 七十二 時間

ここ で 立ち尽くす こと に なる

そう なれ ば

われわれ は 全員 七十二 年 分 の 刑期 が 短縮 さ れる の だ

はは は …

いい や 面目ない 近く で みる と 強 そう な ん だ もん な

て め ぇ 今 はっきり 分かった ぜ

て め ぇ が 他人 の 足 を 引っ張って ばかり の 屑 野郎 だって こと な

その とおり さ 俺 は ずっと そうして き た

そして これ から も そう する つもり さ

なに

俺 が ハンター 試験 に 求め て いる の は 合格 じゃ ない 程よい 刺激 さ

刺激

そう だ 夢 追い 前途 ある 若者 が 食い潰さ れ て いく 修羅 の 場

野心 や 希望 が 永遠 に 絶た れる 一瞬 の 表情

次第に それ を 見る の が 何より の 楽しみ と なった

俺 自身 が 積極 的 に 荷 担 し て 新人 の 夢 を 摘み取った

俺 は ハンター に なる 気 なんか 端 から ない の さ

今年 は もう 十分 に 楽し ん だ

俺 に し て み れ ば ここ ら 辺 が 潮時 な ん だ

て め ぇ

よせ レオ リオ

だが

内輪もめ て 時間 を 潰す など や つら の 思う 壺 だ

でも さ 時間 稼ぎ も やつ ら の 狙い だ と し たら

お っ じゃ ん の 選択 は 正解 だった かも ね

い ~

あの 坊主 頭 おそらく 元 軍人 か 傭兵 だ よ 戦って たら

まず 最初 に 喉 を 潰さ れ て 参った って 言え ない よう に さ れ て た ね

後 は 死な ない 程度 に 拷問 さ れ た よ 残り 時間 ずっと

も もちろん それ も 計算 済み よ

顔色 悪い ぞ

少々 予定 が 狂った な

じ わ りじ わり と 時間 を かけ て 甚 振る つもり だった の だ が

大丈夫 だ よ 問題 ない

残り の 4 人 が 二 勝 すれ ば こっち の 勝ち な ん だ から

ともかく われわれ は 三 勝 し て 前 に 進む しか 道 は ない ん だ

次 は 誰 が 行く

はい 俺 が 行く よ

大丈夫 か

うん

どうやら 次 の やつ は 肉体 派 じゃ な さ そう だ な

だから って 油断 は する な よ

あいつ だって 列記 と し た 犯罪 者 な ん だ から な

うん 分かって る

トンパ の 思惑 に より 不利 な 状況 へ と 追い込ま れ た ゴン 達

次 の 対戦 相手 セ ドカン と の 勝負 に 待ち受け て いる もの は

一体 なに か

第 三 次 ハンター 試験 に 40 名 が 参加 し すでに 一 名 が 脱落

残り 39 名

嘘 待って た って 夢 の また

揺さぶって も 聞こえ ない

こぼれ落ち た メッセージ

どんな 日常 の 憂鬱 さえ

ため息 も 出 ず に 向かう 今日 の 僕ら

デス 声

月 の 色

心 は 揺れ て

破れ て く 錆び た 初期 衝動 は

呼び覚まし て 走り出す

つらい けど もっと

思う よう な

繋ぐ よう な

きっと 答え

忘れ ない で

次回

シュウ ジン x ニ x ゴヨウ ジン

君 の 後ろ に も ご 用心 読め 人 よ 気 を つけろ よ

×

We use cookies to help make LingQ better. By visiting the site, you agree to our cookie policy.