image

はたらく魔王さま!, Hataraku Maou-sama! (The Devil is a Part-Timer!) Episode 5

------------------ OP -----------------------------

------------------ ED -----------------------------

---------------------------------------------------------------------

これ は これ は 大 魔 王 サタン 様

勇者 エミ リヤ も 久しぶり

ルシフェル

この 瞬間

この 場所 が スダート

イメージ し て 見よ う

何 が できる の か な

信じ られ ない 出来事 だって ある

もっと 超え て 行ける ね

ゼロ から 生まれる すべて 輝 い て

FLY あの 空 へ ゼロ から 生まれる すべて 輝 い て

FLY あの 空 へ

思い切り 羽ばたき たい

最高 の スマイル で 笑い ながら

さ ぁ 、 行く

未知 の 世界 へ と 今 飛び出 そ う よ

未来 を 選び 決める の は 自分

夢 を 追いかけ て 行 こう 泣く 日 を ある

それ は 大事 な 願い 消え ない で

きっと 会え る から

明日 の 君

どうして

魔 王 と 勇者 、 笹塚 を 救う

私 の 聖 剣 は あの 時 魔 王 と 勇者 、 笹塚 を 救う

魔 王 と 勇者 、 笹塚 を 救う

確かに 貴方 の 胸 を 貫 い た はず 魔 王 と 勇者 、 笹塚 を 救う

確かに 貴方 の 胸 を 貫 い た はず

そう だ よ ね

何で 僕 は ここ で いる ん だ ろ う

そこ に 隠れ て た 新しい お 友達 の おかげ か

いい加減 、 姿 みせろ う よ

大 法 神 協会 の 六 人 の 大 神官 の 一 人

オルバメイヤ

オルバ ?

ゲート に 入った 時

恵美 の 後ろ に いったん の は お前 な ん だ ろ う

それ を 聞い た 時

大体 予想 は つい て た

お前 以外 に 俺 や 恵美 に 対 し て 仕込み が できる ヤツ は い ない

ばれ て いる なら 仕方 が ない

元気 そう だ な 、 エミ リヤ

オルバ 、 嘘 よ

何で 貴方 が ルシフェル と

知り たい か

ならば メート の お土産 に 教え て

魔 王 軍 を 駆逐 し た 後 勇者 に 威張ら れ ちゃ いや だ から

ごっそり 摩擦 し て 権力 を 奪 ち しまう ぜ

って とこ だ ろ う

ルシフェル の 方 は 天 界 着き を 餌 に

仲間 に 引き込 ん だ ん だ ろ う

なぜ それ を

なぜ それ を じゃ ない

筋書き が 在り 来たり な ん だ よ

今時 メート の お土産 って

B 級 映画 って 妄執 上げ こ ん 書く ぞ この 禿

禿 、 B 級

ちょっと 待って ください 、 魔 王 様

聞き ず って なり ます 、 一体 いつ 映画 など と いう 無駄 使い

いい だ ろ う 、 映画 くらい

俺 の 小遣い で 見 て ん だ から

私 だって 偶に は 主婦 業 を 休 ん で

娯楽 に 興じ たい 我慢 し てる のに

魔 王 様 、 小遣い 減額 です

そういう こと 言う

貴 様 いい加減 に しろ う

芦屋

はい 、 茶 番 は 終わり

早速 で 悪い けど

幕 を 引か せ て もらう よ

魔 王 様

見る なら せめて 毎月 一 日 の 映画 の 日 に

喋る な 、 芦屋 、 後 その 詳報 どうでも いい

じゃ 、 次 は エミリヤ か

それ ども 魔 王 様

面倒臭い や

二 人 纏め ちゃ いい

勇者 エミ リヤ に 敗北 し て

以来 の 破壊 の 味

まさか これほど まで に 美味 と

ルシフェル

慌て て な

どう せ 大した 抵抗 を でき ない

だらしない わ ね

尻尾 を 巻 い て 逃げる の

うる せい

今 は 芦屋 を 助ける が 先 だ

それにしても

ルシフェル は この 世界 で

どうやら あれ だけ の 魔力 を

人間 の 負 能 感情 を 勝手 に し て ん だ よ

ここ 最近 の 連続 コンビニ 強盗 事件

全部 あいつ ら の 仕業 だ

は ? 何で そんな こと

絶望 、 恐怖 、 悲しみ

極限 状態 に 追い込ま れ た 人間 の 負 能 感情 から

魔力 を 吸収 する だけ だ

あんな 悪魔 の 姿 で 襲わ れ たら

普通 の 人間 は 恐ろしく ちびちび で だ ろ う

それ が 奴 の 魔力 の 元 な の さ

何 だ 、 気づ い て た の か

魔 王 様

お前 の お陰 だ よ

地下 街 崩落 時 に 巻き込ま れ た 時

人間 の 恐怖 と 絶望 が

体 に 入り込 ん て い て 気づ い た

それ で もっと の 姿 に 戻った ん だって な

だったら なぜ もっと 魔力 を 得よ う と し ない

この 世界 を 恐怖 と 絶望 で 満たせ ば

エンテイスラ に 帰る ほど の 魔力 だって 得 られ た だ ろ う

俺 、 この 世界 結構 好き な ん だ よ

人間 に なった の も

いろいろ 新鮮 と 面白かった し

世話 に なった 世界 に

迷惑 かけ たく ねえ から

俺 は そういう 方法 取り たく ねえ

甘い ね

甘 すぎる よ 、 魔 王 様

それ じゃ 僕 の 方 から 生かせ て もらう よ

この 子 から 恐怖 と 絶望 の エネルギー を

たっぷり と もらえ て

千穂 ちゃん

お前 、 ち ー ちゃん を

若 さ と は 罪 だ ね

些細 な 事 で これほど 人 に 絶望 し

悲し み を 増大 さ せる と は

逃げろ

力 も 特定 の 誰 か に 対 する 負 能 感情 は

とても 行事 やすい

人間 の 体 弱い

分かった だけ の もん 、 クソ

何 泣き 葉 目 てる の よ

貴方 それ でも 魔 王

魔 王

オルバ

貴方 そんな もの まで

帰り の ゲート 制限 の 力 を

残し て 置か ね ば なら ん って ね

弱い ね 、 これ が かつて エンテイスラ を

手中 に 収めよ う と し た 魔 王 か

早く しろ う

今 なら エミ リヤ 共々 葬れ

恵美 、 捕まって ろう

空間 転移 が できる 程度 に は 力 を 残し て い た ん

でも

ここ 、 公衆 街道

笹塚 駅前 じゃ ない

なんで こんな の 人 の 多い ところ に

まさか 救急 車 呼ば れ て 戻って 来 た わけ じゃ ない でしょ う ね

そんな わけ ある か いっちゃ あ ちゃ あ

僕 から 逃げ られ ない よ

魔 王 様

ルシフェル 、 長い 目撃 者 は 増える の

びっくり すぎ だ よ 、 オルバ

増え なら 減らせ ば いい ん

だが 、 その 前 に

魔 王

しっかり し て よ 、 魔 王

そんな

これ でも う 新宿 時 の よう に

複 活 は でき ない

魔 王 様 さえ 倒せ ば この 子 に もう 用 は ない

返し て やる よ

千穂 ちゃん

オルバ 、 契約 を 完成 する

最後 まで 破壊 の 音 と 絶望 の 叫び で

美しい コーラス を うか せ て て くれ

止め なさい 、 ルシフェル 、 オルバ

いい 声 だ

まさか

これ は

さすが B 級 、 期待 とおり

感謝 する ぞ 、 ルシフェル

ようやく 、 この 姿 に 戻る こと が でき た

魔 王

サタン

真 奥 さん な の

千穂 ちゃん

そう か 、 人間 の 絶望 と 恐怖 を 吸収 する ため に

わざ この 人 の 多い 場所 を 戻った の ね

ルシフェル と オルバ だけ でも 気づ い てる のに

おい 、 恵美

私 ?

私 じゃ ねえ よ 、 何 ぼっ と して ん だ

早く アイツ に 何とか しろ う

魔力 が なまる 、 重い

マジ 、 きつい

お 願い 、 早く

馬鹿 じゃ ない の

こんな ふざけ た 魔 王 、 見 た こ と ない

いい から 、 早く 解消 なんとか しろ う

手伝い

手伝って ください 、 お 願い し ます

断り よ

私 は 勇者 よ

腐った 魔 王 に 手 を 貸す たり する もん です か

お前 、 この 今 将 で

だから

後 ちょっと 踏ん張って なさい

私 が すぐ 決着 し て あげる から

遊佐 さん

その 中 に 安全 だ し

苦しく ない から

千穂 ちゃん に は 知って 欲しい の

なんとなく ね

顕 現 せよ 、 わが 力

魔 を 撃っちゃ ば さ ん ため

顕 現 せよ 我が 力 !

魔 王 滅 ぼ さん が ため

聖 法 器 か

私 は 勇者

世界 は 変わった が その 真実 だけ は 変わら ない

かっけ いい

うるさい

あいつ ら を 倒し たら 次 は あんた の 番 な ん だ から

覚悟 し とき なさい

なる だけ 速く 頼む ぜ

その 前 に

何 を して ん の ?

魔力 結 界 を 張った

これ で 誰 に も 迷惑 を かけ ず

存分 に 戦え る だ ろ う

これ は

僕 も 全力 を 出さ ない と だめ かな !

あ 0 0 ご免

な に す ん だ て め ー

許せ ない わ ルシフェル

聖 法 器 を 回復 する こと が でき ない のに

どう やって 僕 に 勝つ つもり だった の

何 が そんなに おかしい

勇者 など と 共闘 する など ご免 だ が

私 は 大 魔 王 サタン 様 に 忠誠 を 誓う もん

アル シェル

ならば 今 の 敵 は 貴 様 だ

ルシフェル

無事 だった の あなた

魔 王 様 は 瀕死 の 私 に

復活 できる だけ の 魔力 を 吹き込 ん で くださった の だ

だったら 今 まで 何 を やって ん の よ

アパート まで 大 元帥 マント を 取り に 帰った の だ

例話 言わ ん ぞ ?

あの 程度 で 私 は 傷付く はず も ない

人間 の 脆弱 さ を しって

まだ そういう こと が いえる と は たいした もの ね

役立った す か

貴 様 も 魔 王 を 追い詰め た 人間 の 一 人 なら

それなり いい 戦い 見せろ

私 は 聖 法 器 放 縦 の 術 は ない

使い切れ ば 必ず なる ぞ ( ? )

なければ 同じ こと だ !

今 の 俺

役割 も 格好 を 実戦 じゃ ね ー

映画 ちゃ わ ない よ ね

さすが に これ は もう 言い訳 で きね ん な

変更 炎 斬

ルシ !

エミリア

正気 が 真 の もの と 手 も 食う など

あなた なら 言わ ない な ! 禿 !

ああ ! うまかった !

スッゲー 終わった

でも 俺 偉い !

そう と 尾 下ろす か ?

だから 大丈夫

魔 王 。 。 !

手早く 終わら せる か

なん せ このまま じゃ バイト に 遅刻 しまう

今日 は 千 ちゃん に

ソフトクリーム マシン の 面 点 を 教える 約束 だ し ね

さて お前 ら

よくも 世界 を 支配 する この 前 に

地味 の 役割 押し付け て くれ たら

どうして くれよ う か

あれ ? !

な エミ

こいつ どう し たら いい と 思う

そう ね

とりあえず 町 を めちゃくちゃ に する 罰 を 与える って は ~

そう だ な

後 バイト 遅刻 し たら ルシフェル

テメー の せい だ から な

何 の 話 だ

皆勤 賞 逃す こと が あったら

お前 どうして くれる わけ ?

われわれ に は 一生 理解 でき ない 度 の 話 さ

お前 も 悪魔 大 元帥 なら

一斉 あげ 覚悟 を 決めろ

歯 が 食いしばれ

あの

いまさら こんな こと を 聞く の も

おかしい 気 が する ん です が

皆さん その

なん な ん です か

改めて 聞か れる と 恥ずかしい ん だ が

俺 よそ の 世界 で 魔 王 を やって ん だ

ああ 信じ て ない だ ろ う

そんな こと ない です よ

真 奥 さん が すごい こと を し てる の

私 見 まし た し

まあ そんな 大した こと じゃ ね ー よ

魔 王 様 日本 に おい て は 謙虚 は 美徳 です が

ここ 堂々 と

私 は 人間 だ から ね

まあ 半分 は 天使 だ けど

えっ ? ! お前 天使 と の ハーフ だった の ? !

いまさら 何 いって ん の よ

魔 王 の くせ に

ちょっと 千穂 ちゃん

ごめんなさい

天使 と か 悪魔 って

もっと こ う

架空 の すごい 存在 と しか 思って なかった から

まあ 確かに

マグ ロナルド で バイト し てる 魔 王 なんて

テレ や センター で 働く 勇者 に 言わ れ たく ね い

は あ ? !

てい うか お前 あれ だけ 力 残し て た ん だ から

何で 今 まで 襲って こ なかった ん だ よ

卑怯 な 魔 王 が 力 を 失って た ふう を 装って た かも しれ ない から よ

それ に

帰り の ゲート を 開く 力 を 残し と か なきゃ なら なかった し

だから

私 と 魔 王 が 何 か 特別 な 関係 と か は 絶対 に ない から

安心 し て

ゆ 遊佐 さん

で 魔 王 あんた どう す ん の ?

魔力 を 取り戻せ た わけ だ し

このまま エン テー イスラ に 帰る の ?

いや 俺 今月 結構 バイト の シフト 入って る から

魔 王 様 は エン テー イスラ 制約 と

マクドナルド の バイト どっち が 大事 な の です か

ば バイト

僕 は どう すれ ば

そう いえ ば ルシフェル

私 の 職場 に 電話 し て き た の は あなた ?

はい そう です けど

どう やって 突き止め た の よ

それ は

あ ! ! 私 の

財布 !

ルシフェル

お前 拾った 女 の 財布 中 に 勝手 に 見 た の よ

最低 です ね

い しばれ

エメ レダ ?

オルバ ?

おせ いよ お前 ら

その とおり だ

先 に 魔 王 城 に いって くれ て いう ん だ から 任せ ま しょ う

で あれ が 魔 王 城

言い たい こと は 分かる わ

さて

魔 王 様 本当 に 後悔 なさら ない だ ね

ああ このまま って わけ に は 行 か ね い だ ろ う

まさか

仕方 ある まい

魔 王 様 の 決め られ た こと だ

一体 どう なっちゃ っ てる ん だ よ

お前 も 魔 王 様 も

さあ な

下 の 門 は 失態 は 上 の 門 の 失敗 だ

エン テー イスラ でも マクドナルド でも

それ は 変わり は し ない

支配 者 たる も の その 責任 を 負わ なきゃ な

ひょっとして

私 の 頭 の 中 に 響 い て き た 声 って

どういう こと

帰った ぞ

準備 でき まし た

よし

あまり 長く 留守 に し てる と は

教会 の 委員 より さがし な ん だ から な

お前 さん も

なるべく 速く 帰って くれる と 助かる ン だ が

ええ

それにしても

結局 死者 は ゼロ

町 も 元通り

誰 も 昨日 の こと は 覚え て い ない て な

本当 に たいした もの です ね

あいつ は 本当 に 魔 王 な の か

ありがとう ござい まし た

真 奥 さん

真 奥 さん その

帰っちゃ う ん です か

いや 帰ら ない

て いう か 帰ら ない

町 を 元 に 戻す のに

力 大 ぶつか っち まっ た から だ なあ

でも まだ 少し くらい は 残って る

な 千 ちゃん

千 ちゃん の 嫌 な 記憶 だって

それ で 消す こと くらい 。 。

真 奥 さん の ばか ! !



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

Language learning online @ LingQ

------------------ OP -----------------------------

------------------ ED -----------------------------

---------------------------------------------------------------------

これ は これ は 大 魔 王 サタン 様

勇者 エミ リヤ も 久しぶり

ルシフェル

この 瞬間

この 場所 が スダート

イメージ し て 見よ う

何 が できる の か な

信じ られ ない 出来事 だって ある

もっと 超え て 行ける ね

ゼロ から 生まれる すべて 輝 い て

FLY あの 空 へ ゼロ から 生まれる すべて 輝 い て

FLY あの 空 へ

思い切り 羽ばたき たい

最高 の スマイル で 笑い ながら

さ ぁ 、 行く

未知 の 世界 へ と 今 飛び出 そ う よ

未来 を 選び 決める の は 自分

夢 を 追いかけ て 行 こう 泣く 日 を ある

それ は 大事 な 願い 消え ない で

きっと 会え る から

明日 の 君

どうして

魔 王 と 勇者 、 笹塚 を 救う

私 の 聖 剣 は あの 時 魔 王 と 勇者 、 笹塚 を 救う

魔 王 と 勇者 、 笹塚 を 救う

確かに 貴方 の 胸 を 貫 い た はず 魔 王 と 勇者 、 笹塚 を 救う

確かに 貴方 の 胸 を 貫 い た はず

そう だ よ ね

何で 僕 は ここ で いる ん だ ろ う

そこ に 隠れ て た 新しい お 友達 の おかげ か

いい加減 、 姿 みせろ う よ

大 法 神 協会 の 六 人 の 大 神官 の 一 人

オルバメイヤ

オルバ ?

ゲート に 入った 時

恵美 の 後ろ に いったん の は お前 な ん だ ろ う

それ を 聞い た 時

大体 予想 は つい て た

お前 以外 に 俺 や 恵美 に 対 し て 仕込み が できる ヤツ は い ない

ばれ て いる なら 仕方 が ない

元気 そう だ な 、 エミ リヤ

オルバ 、 嘘 よ

何で 貴方 が ルシフェル と

知り たい か

ならば メート の お土産 に 教え て

魔 王 軍 を 駆逐 し た 後 勇者 に 威張ら れ ちゃ いや だ から

ごっそり 摩擦 し て 権力 を 奪 ち しまう ぜ

って とこ だ ろ う

ルシフェル の 方 は 天 界 着き を 餌 に

仲間 に 引き込 ん だ ん だ ろ う

なぜ それ を

なぜ それ を じゃ ない

筋書き が 在り 来たり な ん だ よ

今時 メート の お土産 って

B 級 映画 って 妄執 上げ こ ん 書く ぞ この 禿

禿 、 B 級

ちょっと 待って ください 、 魔 王 様

聞き ず って なり ます 、 一体 いつ 映画 など と いう 無駄 使い

いい だ ろ う 、 映画 くらい

俺 の 小遣い で 見 て ん だ から

私 だって 偶に は 主婦 業 を 休 ん で

娯楽 に 興じ たい 我慢 し てる のに

魔 王 様 、 小遣い 減額 です

そういう こと 言う

貴 様 いい加減 に しろ う

芦屋

はい 、 茶 番 は 終わり

早速 で 悪い けど

幕 を 引か せ て もらう よ

魔 王 様

見る なら せめて 毎月 一 日 の 映画 の 日 に

喋る な 、 芦屋 、 後 その 詳報 どうでも いい

じゃ 、 次 は エミリヤ か

それ ども 魔 王 様

面倒臭い や

二 人 纏め ちゃ いい

勇者 エミ リヤ に 敗北 し て

以来 の 破壊 の 味

まさか これほど まで に 美味 と

ルシフェル

慌て て な

どう せ 大した 抵抗 を でき ない

だらしない わ ね

尻尾 を 巻 い て 逃げる の

うる せい

今 は 芦屋 を 助ける が 先 だ

それにしても

ルシフェル は この 世界 で

どうやら あれ だけ の 魔力 を

人間 の 負 能 感情 を 勝手 に し て ん だ よ

ここ 最近 の 連続 コンビニ 強盗 事件

全部 あいつ ら の 仕業 だ

は ? 何で そんな こと

絶望 、 恐怖 、 悲しみ

極限 状態 に 追い込ま れ た 人間 の 負 能 感情 から

魔力 を 吸収 する だけ だ

あんな 悪魔 の 姿 で 襲わ れ たら

普通 の 人間 は 恐ろしく ちびちび で だ ろ う

それ が 奴 の 魔力 の 元 な の さ

何 だ 、 気づ い て た の か

魔 王 様

お前 の お陰 だ よ

地下 街 崩落 時 に 巻き込ま れ た 時

人間 の 恐怖 と 絶望 が

体 に 入り込 ん て い て 気づ い た

それ で もっと の 姿 に 戻った ん だって な

だったら なぜ もっと 魔力 を 得よ う と し ない

この 世界 を 恐怖 と 絶望 で 満たせ ば

エンテイスラ に 帰る ほど の 魔力 だって 得 られ た だ ろ う

俺 、 この 世界 結構 好き な ん だ よ

人間 に なった の も

いろいろ 新鮮 と 面白かった し

世話 に なった 世界 に

迷惑 かけ たく ねえ から

俺 は そういう 方法 取り たく ねえ

甘い ね

甘 すぎる よ 、 魔 王 様

それ じゃ 僕 の 方 から 生かせ て もらう よ

この 子 から 恐怖 と 絶望 の エネルギー を

たっぷり と もらえ て

千穂 ちゃん

お前 、 ち ー ちゃん を

若 さ と は 罪 だ ね

些細 な 事 で これほど 人 に 絶望 し

悲し み を 増大 さ せる と は

逃げろ

力 も 特定 の 誰 か に 対 する 負 能 感情 は

とても 行事 やすい

人間 の 体 弱い

分かった だけ の もん 、 クソ

何 泣き 葉 目 てる の よ

貴方 それ でも 魔 王

魔 王

オルバ

貴方 そんな もの まで

帰り の ゲート 制限 の 力 を

残し て 置か ね ば なら ん って ね

弱い ね 、 これ が かつて エンテイスラ を

手中 に 収めよ う と し た 魔 王 か

早く しろ う

今 なら エミ リヤ 共々 葬れ

恵美 、 捕まって ろう

空間 転移 が できる 程度 に は 力 を 残し て い た ん

でも

ここ 、 公衆 街道

笹塚 駅前 じゃ ない

なんで こんな の 人 の 多い ところ に

まさか 救急 車 呼ば れ て 戻って 来 た わけ じゃ ない でしょ う ね

そんな わけ ある か いっちゃ あ ちゃ あ

僕 から 逃げ られ ない よ

魔 王 様

ルシフェル 、 長い 目撃 者 は 増える の

びっくり すぎ だ よ 、 オルバ

増え なら 減らせ ば いい ん

だが 、 その 前 に

魔 王

しっかり し て よ 、 魔 王

そんな

これ でも う 新宿 時 の よう に

複 活 は でき ない

魔 王 様 さえ 倒せ ば この 子 に もう 用 は ない

返し て やる よ

千穂 ちゃん

オルバ 、 契約 を 完成 する

最後 まで 破壊 の 音 と 絶望 の 叫び で

美しい コーラス を うか せ て て くれ

止め なさい 、 ルシフェル 、 オルバ

いい 声 だ

まさか

これ は

さすが B 級 、 期待 とおり

感謝 する ぞ 、 ルシフェル

ようやく 、 この 姿 に 戻る こと が でき た

魔 王

サタン

真 奥 さん な の

千穂 ちゃん

そう か 、 人間 の 絶望 と 恐怖 を 吸収 する ため に

わざ この 人 の 多い 場所 を 戻った の ね

ルシフェル と オルバ だけ でも 気づ い てる のに

おい 、 恵美

私 ?

私 じゃ ねえ よ 、 何 ぼっ と して ん だ

早く アイツ に 何とか しろ う

魔力 が なまる 、 重い

マジ 、 きつい

お 願い 、 早く

馬鹿 じゃ ない の

こんな ふざけ た 魔 王 、 見 た こ と ない

いい から 、 早く 解消 なんとか しろ う

手伝い

手伝って ください 、 お 願い し ます

断り よ

私 は 勇者 よ

腐った 魔 王 に 手 を 貸す たり する もん です か

お前 、 この 今 将 で

だから

後 ちょっと 踏ん張って なさい

私 が すぐ 決着 し て あげる から

遊佐 さん

その 中 に 安全 だ し

苦しく ない から

千穂 ちゃん に は 知って 欲しい の

なんとなく ね

顕 現 せよ 、 わが 力

魔 を 撃っちゃ ば さ ん ため

顕 現 せよ 我が 力 !

魔 王 滅 ぼ さん が ため

聖 法 器 か

私 は 勇者

世界 は 変わった が その 真実 だけ は 変わら ない

かっけ いい

うるさい

あいつ ら を 倒し たら 次 は あんた の 番 な ん だ から

覚悟 し とき なさい

なる だけ 速く 頼む ぜ

その 前 に

何 を して ん の ?

魔力 結 界 を 張った

これ で 誰 に も 迷惑 を かけ ず

存分 に 戦え る だ ろ う

これ は

僕 も 全力 を 出さ ない と だめ かな !

あ 0 0 ご免

な に す ん だ て め ー

許せ ない わ ルシフェル

聖 法 器 を 回復 する こと が でき ない のに

どう やって 僕 に 勝つ つもり だった の

何 が そんなに おかしい

勇者 など と 共闘 する など ご免 だ が

私 は 大 魔 王 サタン 様 に 忠誠 を 誓う もん

アル シェル

ならば 今 の 敵 は 貴 様 だ

ルシフェル

無事 だった の あなた

魔 王 様 は 瀕死 の 私 に

復活 できる だけ の 魔力 を 吹き込 ん で くださった の だ

だったら 今 まで 何 を やって ん の よ

アパート まで 大 元帥 マント を 取り に 帰った の だ

例話 言わ ん ぞ ?

あの 程度 で 私 は 傷付く はず も ない

人間 の 脆弱 さ を しって

まだ そういう こと が いえる と は たいした もの ね

役立った す か

貴 様 も 魔 王 を 追い詰め た 人間 の 一 人 なら

それなり いい 戦い 見せろ

私 は 聖 法 器 放 縦 の 術 は ない

使い切れ ば 必ず なる ぞ ( ? )

なければ 同じ こと だ !

今 の 俺

役割 も 格好 を 実戦 じゃ ね ー

映画 ちゃ わ ない よ ね

さすが に これ は もう 言い訳 で きね ん な

変更 炎 斬

ルシ !

エミリア

正気 が 真 の もの と 手 も 食う など

あなた なら 言わ ない な ! 禿 !

ああ ! うまかった !

スッゲー 終わった

でも 俺 偉い !

そう と 尾 下ろす か ?

だから 大丈夫

魔 王 。 。 !

手早く 終わら せる か

なん せ このまま じゃ バイト に 遅刻 しまう

今日 は 千 ちゃん に

ソフトクリーム マシン の 面 点 を 教える 約束 だ し ね

さて お前 ら

よくも 世界 を 支配 する この 前 に

地味 の 役割 押し付け て くれ たら

どうして くれよ う か

あれ ? !

な エミ

こいつ どう し たら いい と 思う

そう ね

とりあえず 町 を めちゃくちゃ に する 罰 を 与える って は ~

そう だ な

後 バイト 遅刻 し たら ルシフェル

テメー の せい だ から な

何 の 話 だ

皆勤 賞 逃す こと が あったら

お前 どうして くれる わけ ?

われわれ に は 一生 理解 でき ない 度 の 話 さ

お前 も 悪魔 大 元帥 なら

一斉 あげ 覚悟 を 決めろ

歯 が 食いしばれ

あの

いまさら こんな こと を 聞く の も

おかしい 気 が する ん です が

皆さん その

なん な ん です か

改めて 聞か れる と 恥ずかしい ん だ が

俺 よそ の 世界 で 魔 王 を やって ん だ

ああ 信じ て ない だ ろ う

そんな こと ない です よ

真 奥 さん が すごい こと を し てる の

私 見 まし た し

まあ そんな 大した こと じゃ ね ー よ

魔 王 様 日本 に おい て は 謙虚 は 美徳 です が

ここ 堂々 と

私 は 人間 だ から ね

まあ 半分 は 天使 だ けど

えっ ? ! お前 天使 と の ハーフ だった の ? !

いまさら 何 いって ん の よ

魔 王 の くせ に

ちょっと 千穂 ちゃん

ごめんなさい

天使 と か 悪魔 って

もっと こ う

架空 の すごい 存在 と しか 思って なかった から

まあ 確かに

マグ ロナルド で バイト し てる 魔 王 なんて

テレ や センター で 働く 勇者 に 言わ れ たく ね い

は あ ? !

てい うか お前 あれ だけ 力 残し て た ん だ から

何で 今 まで 襲って こ なかった ん だ よ

卑怯 な 魔 王 が 力 を 失って た ふう を 装って た かも しれ ない から よ

それ に

帰り の ゲート を 開く 力 を 残し と か なきゃ なら なかった し

だから

私 と 魔 王 が 何 か 特別 な 関係 と か は 絶対 に ない から

安心 し て

ゆ 遊佐 さん

で 魔 王 あんた どう す ん の ?

魔力 を 取り戻せ た わけ だ し

このまま エン テー イスラ に 帰る の ?

いや 俺 今月 結構 バイト の シフト 入って る から

魔 王 様 は エン テー イスラ 制約 と

マクドナルド の バイト どっち が 大事 な の です か

ば バイト

僕 は どう すれ ば

そう いえ ば ルシフェル

私 の 職場 に 電話 し て き た の は あなた ?

はい そう です けど

どう やって 突き止め た の よ

それ は

あ ! ! 私 の

財布 !

ルシフェル

お前 拾った 女 の 財布 中 に 勝手 に 見 た の よ

最低 です ね

い しばれ

エメ レダ ?

オルバ ?

おせ いよ お前 ら

その とおり だ

先 に 魔 王 城 に いって くれ て いう ん だ から 任せ ま しょ う

で あれ が 魔 王 城

言い たい こと は 分かる わ

さて

魔 王 様 本当 に 後悔 なさら ない だ ね

ああ このまま って わけ に は 行 か ね い だ ろ う

まさか

仕方 ある まい

魔 王 様 の 決め られ た こと だ

一体 どう なっちゃ っ てる ん だ よ

お前 も 魔 王 様 も

さあ な

下 の 門 は 失態 は 上 の 門 の 失敗 だ

エン テー イスラ でも マクドナルド でも

それ は 変わり は し ない

支配 者 たる も の その 責任 を 負わ なきゃ な

ひょっとして

私 の 頭 の 中 に 響 い て き た 声 って

どういう こと

帰った ぞ

準備 でき まし た

よし

あまり 長く 留守 に し てる と は

教会 の 委員 より さがし な ん だ から な

お前 さん も

なるべく 速く 帰って くれる と 助かる ン だ が

ええ

それにしても

結局 死者 は ゼロ

町 も 元通り

誰 も 昨日 の こと は 覚え て い ない て な

本当 に たいした もの です ね

あいつ は 本当 に 魔 王 な の か

ありがとう ござい まし た

真 奥 さん

真 奥 さん その

帰っちゃ う ん です か

いや 帰ら ない

て いう か 帰ら ない

町 を 元 に 戻す のに

力 大 ぶつか っち まっ た から だ なあ

でも まだ 少し くらい は 残って る

な 千 ちゃん

千 ちゃん の 嫌 な 記憶 だって

それ で 消す こと くらい 。 。

真 奥 さん の ばか ! !


×

We use cookies to help make LingQ better. By visiting the site, you agree to our cookie policy.