image

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない, Anohana: The Flower We Saw That Day Episode 9

何 ページ も 費やし て 綴 ら れ た 僕ら の 気分

どうして か 一行 の 空白 を 埋め ら れ ない

押し花 の 栞 を 挟ん で

君 と 転がす 使い捨て の 自転車

忘れ かけ の 煉瓦 を 積み上げ た 場所 に 行こ う

海 を 見渡す 坂 を 駆け上って

怖い くらい に 青い 空 と

右手 に サイダー 左手 は ずっと 君 を 探し て いる

そうやって 今 は 僕 の ほう へ 問い詰める こと も なく て

まだ 二人 は すぐ そこ に いる の に

どう か また 会え ます よう に なんて

どう かし てる み たい

あっち … ち

落ち着け めん ま

お 待 ぁ たせ し まし た

さあ どうぞ 召し上がれ ー

召し上がれ って さ ドヤ顔 で

ご … ごめん 私 寒く なって き た

やめ て よ 気持ち悪い

どうぞ ー

あっ ぽっぽ は 大きい から 一番 大きい やつ ね

はい

お ぉぉ

ぽっぽ は 一番 大きい から って …

そう … そう な ん だ よ

俺 えれ ぇ でかく なった ん だ よぉ

うまい うまい ぜ めん まぁ ぁ

よかった

俺 の は

えっ

俺 に は 一番 どんな やつ くれる ん だ めん ま

ゆき あつ に は 一番 レーズン 入った やつ を …

そんなこと 言って ない よ

めん ま… お前 に 直接 教え て ほしい ん だ

教え て くれ めん ま

ゆき あつ …

そ … そうだ 紙 紙 ペン はい これ で めん ま の 気持ち

えーっと ねぇ … あれ 書け ない よ じ ん たん

どうして だ 日記 に は 書け た の に … 貸し て み

あれ インク ない わけ じゃ ねえ な

もっかい もっかい 貸し て

ち ょ… 待て よ

うっ つる こ 苦しい つる こ …

何か すげ ぇ 眠たい 今

そう ね 力 が 抜ける っていうか

どう し た よ

めん ま 私たち の こと 怒って なかった 許し て くれ て た

許し て くれ てる か どう か なんて 分 から ない じゃ ない

えっ だって 怒って たら あんな 蒸しパン とか 作 って くれ ない じゃ ん …

許し て ない から こそ 責める ため に 現れ た って こと も ある かも よ

そ … それにしても よ 文字 書 い たり でき ん なら

最初 から 書 い て くれれ ば よかった の に な

確かに そう よ ね そう すれ ば 会話 も でき たし すぐに 信じ ら れ た

じ ん たん も めん まも 結構 抜け てっから なぁ …

違う

めん ま の こと 信じろ だ なんて

結局 は 独り占め し たかった ん だ

は ?

久川 安城 バイト 代 は ちゃんと ため とけ よお …

おう

花火 作 って みせる 絶対 に

絶対 に めん ま を 成仏 さ せ る

ゆき あつ …

あん だけ はしゃげ ば そりゃ 疲れる よな …

みんな で 花火 作ろ う として ん だ

お前 を 成仏 さ せ る ため に

喜ん で くれる か

お … お前 起き て …

ありがとう じ ん たん

ありがとう

これ で いい ん だ

これ で … いい ん だ

お願い しま すっ

あ~ やっぱ 無理 かぁ

ぐるぐる

めん まあ ん まり 走る と 危ない ぞ

えっ めん ま 走ってん の だったら 俺 も

待て い めん まー

こっち だ よ

な~んだ か …

「 じ ん たん を … じ ん たん を 好き だった 自分 が 許せ なくって … 」

やっぱり 私 …

諦め らん ね えよ な

えっ

すま ん

来週 の シフト だ けど さ ちょっと 代わって くれ ない か

シフト

木曜 橋 ん と この 工事 が あって さ 日給 高い から そっち に 出 たく て

じ ん たー

やっと 飽き た か

あのね … あのね 向こう に ね …

こんにちは

君 たち は …

ああ あいつ が … 芽衣子 の 母親 が 山 さん に 連絡 し た ん だろ う

やっぱり おばさま が …

じゃあ おじさん は 花火 に 反対 って わけ じゃ ない ん です ね

あいつ は まだ 過去 に 生き て いる

芽衣子 が ああなって しまって それから 時間 が 少しも 動 い て い ない

あいつ を 今 に 引き戻し たい

そのため に も これ以上 思い出 させ たく ない ん だ

すま ない が …

お願い し ます

ゆき あつ

松雪 君

おばさん の 気持ち おこがましい です けど 俺 分かる 気が し ます

俺 は 娘 さん が … 芽衣子 さん が 好き でし た

芽衣子 さん の ため に 何か が し たい ん です

俺 も 過去 に 生き た まま だ から

だからこそ 俺 …

あーん な カッコ悪い こと する なんて びっくり

俺 だって びっくり だ

ホント 変 わら な いよ ね ゆき あつ

めん ま の ため だったら 何だって

つる こ

いいの

信じ てる ん なら いいの めん ま 成仏 させ ちゃ って

あれだけ めん ま に こだわって た くせに …

宿 海 を 介 せ ば 話 だって できる の に よ なのに …

宿 海 を 介 せ ばな

おーい

よっ お疲れ

宿 海 … これから バイト ?

ああ 今夜 は 遅く なる から その前 に 1 回 めん ま を 家 に 送って いこ う って

めん ま そこ に いる の か

何 かさ 閉じこもって たく ない って どこ でも つい て こよ う と すん だ よな

そうだ よ みんな と 一緒 に 頑張り たい ん だ よ

はいはい みんな と 一緒 に いたい って さ

めん ま まだ 髪 長い の か

ゆき あつ

って か 俺ら と おなじ に 成長 し て ん だ よな こいつ

成長 し て …

ねー 何で だろ うねっ

美人 か

何 言って ん だ よ

「 だ … 誰 が こんな ブス … 」

あっ … うぅ … ほどほど に … まあまあ 美人 っ つ う か カワイイ 系

何 「 まあまあ 」 って

うっせ ぇ

じ ん たん の アホ バカ ナス

うっせ ぇ バカ まあまあ な ん だ よ お前 は

何か 一人芝居 見 てる み たい

でも そう じゃ ない の よ ね だって …

ゆき あつ が 壊れ た

ほんとう です か

ああ 作 って やる よ

やった ぁ ー 花火 花火

やったー やった やった やった く ぅ~

火薬 を 扱 わ せ る わきゃ いか ねえ けど 簡単 な とこ 手伝って み っか

は いっ

じ ん たん やったー だ よ やったー

おじさん よろしく お願い し ます

おう

お願い し まー す

怖 えよ お前

悪い 悪い

えっと これ が 竹筒 から 出 て くる ん だ よ ね …

赤 が 多め の 方 が かわいらしく て いい と 思う けど

カワイイ あんた って 本当 に イメージ と 違う っていうか …

で ここに 点火 すん だ

なるほど じゃあ こっち は

それ は ただ の 飾り

打ち上げ 台 に 上る とき に 持ち やすい よう に すん だ

で こっち も 同じ

すご ー す すご ー す すっ ご ぉぉ すっ じ ん たん あのね …

あっ おい めん ま 危ない って

わっ 離す な よ じ ん たん

めん ま…

ぽっぽ でき た ぁ

今 お前 の 背中 に 飛び乗った

マジ で ? めん まさ ー ん 勘弁 し て くれよ

ぽっぽ ぽ ぽ ー ぽっぽ ー うお~

めん ま… 見え ない の に 見える … 見える

私 かなわない …

昔 も … 今 だって かなわない

どう し た の

私 ちょっと ジュース でも 買って くる

よ ! 助かった

へ ?

お前 が 逃げ出し て くれ て 俺 も 叫びだし そう だった から

ゆき あつ …

めん まが そば に いる それ は 納得 し た

けど めん ま は 見え ない しゃべる こと も でき ない

めん まと もう 一度 会い たかった なのに どうして 宿 海 だけ …

やっぱり 宿 海 な ん だ よ

宿 海 に も やっぱり めん まなん だ よ

あのころ から 何も 変 わら ない …

玉砕 し た か 「 じ ん たん 」 って 呼びだし た くせに すぐに 「 宿 海 」 に 変わった

何 な の あんた の その人 を 見透かし た よう な 態度

見透かせ る の は お前 だけ

似た者同士 の シンパシー って やつ か

あんた み たい な 性悪 と 似 てる なんて 絶対 ごめん

おい 落ち着けよ

悪かった よ

ゆき あつ

悪かった って

前 言って た こと あれ 俺 結構 本気 な ん だ けど …

えっ … 前 に

俺たち 付き合って みる かって

お前 ホント 男 に 耐性 ない ん だ な

ざ けん な

ナイス ミドル

あんた ね 何が ナイス ミドル よ

笑ってん じゃ な いわ よ ホント びっくり し た ん だ から ね

そんなに 驚く よう な こと か

ここ だ な

し ゃ あ 燃え て き た ぜ

ああ

ねえ じ ん たん あなる の 縫いぐるみ ない よー

あなる 家 に 帰った の か

そう もう いきなり

気まぐれ 子猫 ちゃん だ ぜ まったく よー

「 もし さ ホント に じ ん たん の とこ めん ま いる ん だったら さ 」

「 お願い かなえ たら めん まい なくなっちゃう ん じゃ ない の 」

どう し た の じ ん たん

いや … おっ バイト の 時間

もう 行く ん か

ああ

めん ま どう する

ぽっぽ と いる ー

ここに いたい って いい か

おおっ そう か

いい ぜ もちろん すん げ ぇ いろ めっちゃ いろ よ

暴れ 過ぎ だ よ お前

だって うれしい ん だ もん

うれしい ん だ よな … めん ま やっぱり

やっぱり …

ねえ あれ 見 た よ あれ って ? 高校生 が ヌンチャク で 戦う やつ

冬服 …

やっと 見 た の か よ

最初 は 夏 の 獣 なんて 思った

DVD 俺 も 買っちゃっ たし さ なん かね 新作 も やる ん だ って

でも もう 冬服 で …

香港 で キョンシー と 戦う … あれ

あっ 書け た

ぁ めん ま いるか

うん いる よ あっ

あっ すげ ぇ すげ ぇ よ めん ま

うーん … でも おうち の ノート だ と 書け ない の どうして だろ う ね

もっと 書 い て くれよ もっと しゃべろ う ぜ いっぱい

おう そうだ な えーっと …

あの日 お前 さ … あのとき … その 俺 の こと …

いや そうだ しり取り でも すっか 絵 しり取り

やる ぅ

おっし

ねえねえ それ 何 ちんすこう み たい

ランドセル ルビー … ビ … ビー玉 マリオ … お … お てて

お てて の しわ と しわ を 合わせ て ー 幸せ

望遠鏡 めん ま 隊員 捜索 を 開始 し まー す

ジー

ただ い まー

めん ま…

「 おかけ に なった 電話 は … 」

くそ っ つなが ん ねえ もう バイト か

何で 速足 に なって ん だ …

何で 走って ん だ …

めん ま はた ぶん 秘密 基地 に いる

なのに 何で こんな …

じ ん たー ん

おい こっち おい

「 仁 太 … めん まちゃ ん が … 」

嫌 だ

めん まが い なく なる なんて 絶対 に 嫌 だ

じ ん たん

じ ん たん

痛 っ

やだ よ

えっ

じ ん たん が 死ん じゃったら 絶対 絶対 や だ よ

何だ よ それ

お前 だって 死ん でる じゃ ねえ か

あっ ホント だ

変 な めん ま

あー 変って 言ったら 自分 が 変 な ん だ

はいはい ほら 行く ぞ

待って コイ

コイ ?

川 に ね すっごい おっきい の い た の

めん まね 近く で 見 たく って …

ほら あそこ

木 の 根っこ の とこ だ よ ゆ ら ー って … ほら

やめろ

あっ … じ ん たん

痛い よ じ ん たん

じ ん たん 甘え ん ぼ なの

ずっと … ずっと ここに いろ よ

じ ん たん

ここに … ここに いろ よ

俺 が コイ 捕って き て やる から

あっ じ ん たん ぬれ ちゃ う よ

じ ん たん

も ー う バカ じ ん たん 風邪 ひ い ちゃ う から ね

戻っとい で じ ん たん

君 と 夏 の 終わり 将来 の 夢 大きな 希望 忘れない

10 年 後 の 8 月 また 出会え る の を 信じ て

最高 の 思い出 を

出会い は ふっと し た 瞬間 帰り道 の 交差点 で

声 を かけ て くれ た ね 「 一緒 に 帰ろ う 」

嬉しくって 楽しくって 冒険 も いろいろ し た ね

二人 の 秘密 の 基地 の 中

君 と 夏 の 終わり 将来 の 夢 大きな 希望 忘れない

10 年 後 の 8 月 また 出会え る の を 信じ て

君 が 最後 まで 心から 「 ありがとう 」 叫ん で た こと 知って た よ

涙 を こらえ て 笑顔 で さよう なら せつない よ ね

最高 の 思い出 を



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

Language learning online @ LingQ

何 ページ も 費やし て 綴 ら れ た 僕ら の 気分

どうして か 一行 の 空白 を 埋め ら れ ない

押し花 の 栞 を 挟ん で

君 と 転がす 使い捨て の 自転車

忘れ かけ の 煉瓦 を 積み上げ た 場所 に 行こ う

海 を 見渡す 坂 を 駆け上って

怖い くらい に 青い 空 と

右手 に サイダー 左手 は ずっと 君 を 探し て いる

そうやって 今 は 僕 の ほう へ 問い詰める こと も なく て

まだ 二人 は すぐ そこ に いる の に

どう か また 会え ます よう に なんて

どう かし てる み たい

あっち … ち

落ち着け めん ま

お 待 ぁ たせ し まし た

さあ どうぞ 召し上がれ ー

召し上がれ って さ ドヤ顔 で

ご … ごめん 私 寒く なって き た

やめ て よ 気持ち悪い

どうぞ ー

あっ ぽっぽ は 大きい から 一番 大きい やつ ね

はい

お ぉぉ

ぽっぽ は 一番 大きい から って …

そう … そう な ん だ よ

俺 えれ ぇ でかく なった ん だ よぉ

うまい うまい ぜ めん まぁ ぁ

よかった

俺 の は

えっ

俺 に は 一番 どんな やつ くれる ん だ めん ま

ゆき あつ に は 一番 レーズン 入った やつ を …

そんなこと 言って ない よ

めん ま… お前 に 直接 教え て ほしい ん だ

教え て くれ めん ま

ゆき あつ …

そ … そうだ 紙 紙 ペン はい これ で めん ま の 気持ち

えーっと ねぇ … あれ 書け ない よ じ ん たん

どうして だ 日記 に は 書け た の に … 貸し て み

あれ インク ない わけ じゃ ねえ な

もっかい もっかい 貸し て

ち ょ… 待て よ

うっ つる こ 苦しい つる こ …

何か すげ ぇ 眠たい 今

そう ね 力 が 抜ける っていうか

どう し た よ

めん ま 私たち の こと 怒って なかった 許し て くれ て た

許し て くれ てる か どう か なんて 分 から ない じゃ ない

えっ だって 怒って たら あんな 蒸しパン とか 作 って くれ ない じゃ ん …

許し て ない から こそ 責める ため に 現れ た って こと も ある かも よ

そ … それにしても よ 文字 書 い たり でき ん なら

最初 から 書 い て くれれ ば よかった の に な

確かに そう よ ね そう すれ ば 会話 も でき たし すぐに 信じ ら れ た

じ ん たん も めん まも 結構 抜け てっから なぁ …

違う

めん ま の こと 信じろ だ なんて

結局 は 独り占め し たかった ん だ

は ?

久川 安城 バイト 代 は ちゃんと ため とけ よお …

おう

花火 作 って みせる 絶対 に

絶対 に めん ま を 成仏 さ せ る

ゆき あつ …

あん だけ はしゃげ ば そりゃ 疲れる よな …

みんな で 花火 作ろ う として ん だ

お前 を 成仏 さ せ る ため に

喜ん で くれる か

お … お前 起き て …

ありがとう じ ん たん

ありがとう

これ で いい ん だ

これ で … いい ん だ

お願い しま すっ

あ~ やっぱ 無理 かぁ

ぐるぐる

めん まあ ん まり 走る と 危ない ぞ

えっ めん ま 走ってん の だったら 俺 も

待て い めん まー

こっち だ よ

な~んだ か …

「 じ ん たん を … じ ん たん を 好き だった 自分 が 許せ なくって … 」

やっぱり 私 …

諦め らん ね えよ な

えっ

すま ん

来週 の シフト だ けど さ ちょっと 代わって くれ ない か

シフト

木曜 橋 ん と この 工事 が あって さ 日給 高い から そっち に 出 たく て

じ ん たー

やっと 飽き た か

あのね … あのね 向こう に ね …

こんにちは

君 たち は …

ああ あいつ が … 芽衣子 の 母親 が 山 さん に 連絡 し た ん だろ う

やっぱり おばさま が …

じゃあ おじさん は 花火 に 反対 って わけ じゃ ない ん です ね

あいつ は まだ 過去 に 生き て いる

芽衣子 が ああなって しまって それから 時間 が 少しも 動 い て い ない

あいつ を 今 に 引き戻し たい

そのため に も これ以上 思い出 させ たく ない ん だ

すま ない が …

お願い し ます

ゆき あつ

松雪 君

おばさん の 気持ち おこがましい です けど 俺 分かる 気が し ます

俺 は 娘 さん が … 芽衣子 さん が 好き でし た

芽衣子 さん の ため に 何か が し たい ん です

俺 も 過去 に 生き た まま だ から

だからこそ 俺 …

あーん な カッコ悪い こと する なんて びっくり

俺 だって びっくり だ

ホント 変 わら な いよ ね ゆき あつ

めん ま の ため だったら 何だって

つる こ

いいの

信じ てる ん なら いいの めん ま 成仏 させ ちゃ って

あれだけ めん ま に こだわって た くせに …

宿 海 を 介 せ ば 話 だって できる の に よ なのに …

宿 海 を 介 せ ばな

おーい

よっ お疲れ

宿 海 … これから バイト ?

ああ 今夜 は 遅く なる から その前 に 1 回 めん ま を 家 に 送って いこ う って

めん ま そこ に いる の か

何 かさ 閉じこもって たく ない って どこ でも つい て こよ う と すん だ よな

そうだ よ みんな と 一緒 に 頑張り たい ん だ よ

はいはい みんな と 一緒 に いたい って さ

めん ま まだ 髪 長い の か

ゆき あつ

って か 俺ら と おなじ に 成長 し て ん だ よな こいつ

成長 し て …

ねー 何で だろ うねっ

美人 か

何 言って ん だ よ

「 だ … 誰 が こんな ブス … 」

あっ … うぅ … ほどほど に … まあまあ 美人 っ つ う か カワイイ 系

何 「 まあまあ 」 って

うっせ ぇ

じ ん たん の アホ バカ ナス

うっせ ぇ バカ まあまあ な ん だ よ お前 は

何か 一人芝居 見 てる み たい

でも そう じゃ ない の よ ね だって …

ゆき あつ が 壊れ た

ほんとう です か

ああ 作 って やる よ

やった ぁ ー 花火 花火

やったー やった やった やった く ぅ~

火薬 を 扱 わ せ る わきゃ いか ねえ けど 簡単 な とこ 手伝って み っか

は いっ

じ ん たん やったー だ よ やったー

おじさん よろしく お願い し ます

おう

お願い し まー す

怖 えよ お前

悪い 悪い

えっと これ が 竹筒 から 出 て くる ん だ よ ね …

赤 が 多め の 方 が かわいらしく て いい と 思う けど

カワイイ あんた って 本当 に イメージ と 違う っていうか …

で ここに 点火 すん だ

なるほど じゃあ こっち は

それ は ただ の 飾り

打ち上げ 台 に 上る とき に 持ち やすい よう に すん だ

で こっち も 同じ

すご ー す すご ー す すっ ご ぉぉ すっ じ ん たん あのね …

あっ おい めん ま 危ない って

わっ 離す な よ じ ん たん

めん ま…

ぽっぽ でき た ぁ

今 お前 の 背中 に 飛び乗った

マジ で ? めん まさ ー ん 勘弁 し て くれよ

ぽっぽ ぽ ぽ ー ぽっぽ ー うお~

めん ま… 見え ない の に 見える … 見える

私 かなわない …

昔 も … 今 だって かなわない

どう し た の

私 ちょっと ジュース でも 買って くる

よ ! 助かった

へ ?

お前 が 逃げ出し て くれ て 俺 も 叫びだし そう だった から

ゆき あつ …

めん まが そば に いる それ は 納得 し た

けど めん ま は 見え ない しゃべる こと も でき ない

めん まと もう 一度 会い たかった なのに どうして 宿 海 だけ …

やっぱり 宿 海 な ん だ よ

宿 海 に も やっぱり めん まなん だ よ

あのころ から 何も 変 わら ない …

玉砕 し た か 「 じ ん たん 」 って 呼びだし た くせに すぐに 「 宿 海 」 に 変わった

何 な の あんた の その人 を 見透かし た よう な 態度

見透かせ る の は お前 だけ

似た者同士 の シンパシー って やつ か

あんた み たい な 性悪 と 似 てる なんて 絶対 ごめん

おい 落ち着けよ

悪かった よ

ゆき あつ

悪かった って

前 言って た こと あれ 俺 結構 本気 な ん だ けど …

えっ … 前 に

俺たち 付き合って みる かって

お前 ホント 男 に 耐性 ない ん だ な

ざ けん な

ナイス ミドル

あんた ね 何が ナイス ミドル よ

笑ってん じゃ な いわ よ ホント びっくり し た ん だ から ね

そんなに 驚く よう な こと か

ここ だ な

し ゃ あ 燃え て き た ぜ

ああ

ねえ じ ん たん あなる の 縫いぐるみ ない よー

あなる 家 に 帰った の か

そう もう いきなり

気まぐれ 子猫 ちゃん だ ぜ まったく よー

「 もし さ ホント に じ ん たん の とこ めん ま いる ん だったら さ 」

「 お願い かなえ たら めん まい なくなっちゃう ん じゃ ない の 」

どう し た の じ ん たん

いや … おっ バイト の 時間

もう 行く ん か

ああ

めん ま どう する

ぽっぽ と いる ー

ここに いたい って いい か

おおっ そう か

いい ぜ もちろん すん げ ぇ いろ めっちゃ いろ よ

暴れ 過ぎ だ よ お前

だって うれしい ん だ もん

うれしい ん だ よな … めん ま やっぱり

やっぱり …

ねえ あれ 見 た よ あれ って ? 高校生 が ヌンチャク で 戦う やつ

冬服 …

やっと 見 た の か よ

最初 は 夏 の 獣 なんて 思った

DVD 俺 も 買っちゃっ たし さ なん かね 新作 も やる ん だ って

でも もう 冬服 で …

香港 で キョンシー と 戦う … あれ

あっ 書け た

ぁ めん ま いるか

うん いる よ あっ

あっ すげ ぇ すげ ぇ よ めん ま

うーん … でも おうち の ノート だ と 書け ない の どうして だろ う ね

もっと 書 い て くれよ もっと しゃべろ う ぜ いっぱい

おう そうだ な えーっと …

あの日 お前 さ … あのとき … その 俺 の こと …

いや そうだ しり取り でも すっか 絵 しり取り

やる ぅ

おっし

ねえねえ それ 何 ちんすこう み たい

ランドセル ルビー … ビ … ビー玉 マリオ … お … お てて

お てて の しわ と しわ を 合わせ て ー 幸せ

望遠鏡 めん ま 隊員 捜索 を 開始 し まー す

ジー

ただ い まー

めん ま…

「 おかけ に なった 電話 は … 」

くそ っ つなが ん ねえ もう バイト か

何で 速足 に なって ん だ …

何で 走って ん だ …

めん ま はた ぶん 秘密 基地 に いる

なのに 何で こんな …

じ ん たー ん

おい こっち おい

「 仁 太 … めん まちゃ ん が … 」

嫌 だ

めん まが い なく なる なんて 絶対 に 嫌 だ

じ ん たん

じ ん たん

痛 っ

やだ よ

えっ

じ ん たん が 死ん じゃったら 絶対 絶対 や だ よ

何だ よ それ

お前 だって 死ん でる じゃ ねえ か

あっ ホント だ

変 な めん ま

あー 変って 言ったら 自分 が 変 な ん だ

はいはい ほら 行く ぞ

待って コイ

コイ ?

川 に ね すっごい おっきい の い た の

めん まね 近く で 見 たく って …

ほら あそこ

木 の 根っこ の とこ だ よ ゆ ら ー って … ほら

やめろ

あっ … じ ん たん

痛い よ じ ん たん

じ ん たん 甘え ん ぼ なの

ずっと … ずっと ここに いろ よ

じ ん たん

ここに … ここに いろ よ

俺 が コイ 捕って き て やる から

あっ じ ん たん ぬれ ちゃ う よ

じ ん たん

も ー う バカ じ ん たん 風邪 ひ い ちゃ う から ね

戻っとい で じ ん たん

君 と 夏 の 終わり 将来 の 夢 大きな 希望 忘れない

10 年 後 の 8 月 また 出会え る の を 信じ て

最高 の 思い出 を

出会い は ふっと し た 瞬間 帰り道 の 交差点 で

声 を かけ て くれ た ね 「 一緒 に 帰ろ う 」

嬉しくって 楽しくって 冒険 も いろいろ し た ね

二人 の 秘密 の 基地 の 中

君 と 夏 の 終わり 将来 の 夢 大きな 希望 忘れない

10 年 後 の 8 月 また 出会え る の を 信じ て

君 が 最後 まで 心から 「 ありがとう 」 叫ん で た こと 知って た よ

涙 を こらえ て 笑顔 で さよう なら せつない よ ね

最高 の 思い出 を


×

We use cookies to help make LingQ better. By visiting the site, you agree to our cookie policy.