image

日本の歌, 春の歌 - Spitz

重い 足 で ぬかるむ 道 を 来た

トゲ の ある 藪 を かき分けて きた

食べ られ そうな 全て を 食べた

長い トンネル を くぐり抜けた 時

見慣れ ない 色 に 包まれて いった 実は まだ 始まった とこ だった

「 どうでも いい 」 と か

そんな 言葉 で 汚れた

心 今 放て

春 の 歌 愛 と 希望 より 前 に 響く

聞こえる か ? 遠い 空 に 映る 君 に も

平気な 顔 で かなり 無理 して た こと

叫びたい の に 懸命に 微笑んだ こと 朝 の 光 に さらされて いく 忘れ かけた 本当 は 忘れ たく ない

君 の 名 を なぞる

春 の 歌 愛 も 希望 も つくり はじめる

遮る な 何 処 まで も 続く この 道 を

歩いて いく よ サル の まま で 孤 り

幻 じゃ なく 歩いて いく

春 の 歌 愛 と 希望 より 前 に 響く

聞こえる か ? 遠い 空 に 映る 君 に も

春 の 歌 愛 も 希望 も つくり はじめる

遮る な 何 処 まで も 続く この 道 を



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

Language learning online @ LingQ

重い 足 で ぬかるむ 道 を 来た

トゲ の ある 藪 を かき分けて きた

食べ られ そうな 全て を 食べた

長い トンネル を くぐり抜けた 時

見慣れ ない 色 に 包まれて いった 実は まだ 始まった とこ だった

「 どうでも いい 」 と か

そんな 言葉 で 汚れた

心 今 放て

春 の 歌 愛 と 希望 より 前 に 響く

聞こえる か ? 遠い 空 に 映る 君 に も

平気な 顔 で かなり 無理 して た こと

叫びたい の に 懸命に 微笑んだ こと 朝 の 光 に さらされて いく 忘れ かけた 本当 は 忘れ たく ない

君 の 名 を なぞる

春 の 歌 愛 も 希望 も つくり はじめる

遮る な 何 処 まで も 続く この 道 を

歩いて いく よ サル の まま で 孤 り

幻 じゃ なく 歩いて いく

春 の 歌 愛 と 希望 より 前 に 響く

聞こえる か ? 遠い 空 に 映る 君 に も

春 の 歌 愛 も 希望 も つくり はじめる

遮る な 何 処 まで も 続く この 道 を


×

We use cookies to help make LingQ better. By visiting the site, you agree to our cookie policy.