image

Ken's Radio Show, 第6回 日本語が危ない!Part 1

いや ー 、 毎日 毎日 雨 ばっかり で 、 もう 本当に 、 うっとうしい 天気 が 続き ます が 、 Ken ' s radio show はじまり はじまり ー !

Ken ' s radio show 、 一 回 か 二 回 で 終わる か な 、 と 思って た んで けど 、 何と しつこく 、 もう 今日 は 六 回 目 に なって しまい ました 。 いつまで 続く んでしょう ね 、 いったい ね 。 まあ 、 僕 に も わかり ませ ん が 。 しばらく は まだ 続ける か な 。 でも 、 突然 休む かも しれ ませ ん 。 と いう 、 適当な 感じ で 、 ゆる ー く 進めて 行き たい と 思い ます 。

さて 今回 の Ken ' s Radio Show は 新しい 企画 。 インタビュー ( interview ) を し ました 。 題して 「 日本 語 が 危ない 」。 この インタビュー は 、 ちょっと 長い んです ね 。 長い んで 、 何 回 か に 区切って お 送り し たい と 思い ます 。 今日 は その 第 一 回 。 では 、 どうぞ !

今日 は 、 朗読 の 林 先生 の お宅 に お邪魔 して ます 。 ちょっと 、 林 先生 と お 話 を し たい と 、 思う んです が 、 僕 が 最初に ここ 伺った とき に 、 林 先生 と お 話した とき に 、 いちばん 最初に 言って いただいた の が ね 、 日本 語 が ね 、 もともと きれいな 日本 語 の はずな のに 、 随分 最近 崩れて しまって 、 それ に 危惧 の 念 を 抱いて る と 、 おっしゃった んです けど 、 その こと を 、 ちょっと お 聞き し たい と 思う んです けど 。

そう です ね 、 今 テレビ と か 、 なんか でも 、 本当に あの 、 今 若い 人 が 使って る 日本 語 と いう の が 、 全部 省略 さ れて たり 、 なんか 感覚 的に 面白い 言葉 、 って いう の を 使って る でしょ ?

もう どんどん 変わって 行く から 、 ついていけ ないで す 。

ある 人 が 、 自分 の 娘 が 昨日 言って た こと と 、 今日 言って た こと と 、 ぜんぜん 言葉 が 変わって いく ので 、 ほんとうに もう 分から ない 、 と いう ふうな こと も ね 、 お 母さん が ね 、 中学生 の お嬢さん を 持って て 、 と いう 話 を して る んです けど 。 で 、 そういう 人 たち が 、 今度 大人 に なった とき に ね 、 これ は ちょっと 大変じゃ あ ない か なって 、 私 は 思う 訳 。 で 、 改まった ところ で 、 きっちり した 話 を ちゃんと しよう と 思った とき に 、 そういう 話 が なかなか 出来 ないで すね 。 きっと ね 。 で 、 そういう の が 、 ど っか で 、 きちっと しゃべれる 訓練 みたいな 事 が ね 、 さ れて い なければ 、 たぶん 社会 出て たら 、 大変 みんな 困って る んじゃ ない か と 。

両方 喋れたら いい です よ ね 。

そう な んです 。

自分 たち の 仲間 と の しゃべり と 、 ちゃんと した ところ で の しゃべり と ね 。

だから それ に は 、 両方 使い分け が できれば いい 。 だから 、 私 は 、 方言 の 問題 も あり ます よ ね 。 方言 も ね 、 素晴らしい と 思う し 、 それ も ある けれど 、 その 共通 語 も しゃべれる 、 両方 しゃべれる 事 が できたら ね 、 ものすごい 武器 だ と 思い ます ね 。

そう です ね 。

で やっぱり 、 外国 の 方 なんか と 話 を する とき 、 日本 語 で 話 を する とき に 、 あの 、 やはり 、 すごい 関西 弁 で 喋っちゃ う と 、 多分 勉強 して る 方 に は 通じ ないで しょうし ね 。 ですから 、 そういう 時 に は 、 ちゃんと した 話し 方 を して 、 会話 が できれば ね 。 そう する と 、 もっと コミュニケーション が うまく 行く ん じゃあ ない か と か ね 。 そういう 風 な 気持ち です ね 。

やっぱり 、 日本 人 と して 、 その 、 標準 語 を しゃべる 事 は 重要です よ ね 。

そう 思い ます ね 。

もちろん 方言 って いう の は 、 大事だ と 思う し 、 継承 して 行く って いう か 、 守って いか なければ いけない と 思う けど 。 そう です よ ね 。 でも 、 まず 、 その 、 学校 の 先生 が ね 、 結構 あの 、 ちゃんと こう 、 あの 標準 語 で 授業 して くれ なかったり と か と いう の が あり ます よ ね 。

そう そうそう 。 今 、 子供 と 友達 みたいに なる って の が ね 、 先生 が なんか それ が 良い みたいな 、 なって ます でしょ ?

親 も そう です よ ね 。 なんか ほら 、 お 母さん で 、 若い お 母さん と か 、 娘 と こう 姉妹 ( きょうだい ) みたいに 見 られ たい みたいな 、 そういう こと に 喜び を 、 なんか 見出して いる 人 って いる でしょ ? 僕 、 結構 あれ 、 気持ち 悪い んです けど 。 ( 笑 ) なんか 、 同じ ような 格好 して 、 なんか 若 作り して 。

いや 、 だ から 、 ともだち って いう の は いい んだ けど 、 でも 、 ど っか で は 、 きちっと ね 、 やっぱり 、 年長の 人 と 、 あの ね 、 年下 の 人 の 、 そういう 、 なんか 尊敬 と かね 、 そういう もの が 必要だ と 思う の ね 。 で 、 日本 に は そういう 伝統 が 、 あり すぎた と 思う んです ね 。

そう です ね 。

厳し すぎ たって の は 、 あり ます けど ね 。

それ も ある けど 、 戦後 は それ が もう 、 バー っと 無くなっちゃ って 、 今度 は なんか 本当に 、

タガ が はずれた みたいに 、

その 、 結局 、 大事な ところ の 、 けじめ 、 って いう ふうな 物 まで なくなる から 、 だから 家庭 の 中 でも 、 お 父さん の 事 を 尊敬 し ない と か 、 そういう 風 な 感じ が ある でしょ ?

昔 は ね 、 親父 って 言ったら 、 ものすごい 恐ろしい 物 って いう 、 って の は 、 もう 随分 古い 話 です けど 、

だから もう 、 今 は 、 そういう お 父さん いま せんし 、 家 の 中 で いちばん お 父さん が

一 番 地位 が 低かったり と か 、

なんか 、 まあ 、 お 父さん の 発言 が 、 なにも ない みたいな 、 と いう の は 、 多い です よ ね 。

Ken ' s Radio Show 第 六 回 は 林 先生 と の 対談 でした 。 いか か だった でしょう か ? 林 先生 と の 対談 は まだまだ 続き ます 。 では 、 次回 を 是非 お楽しみ に 。



Want to learn a language?


Learn from this text and thousands like it on LingQ.

  • A vast library of audio lessons, all with matching text
  • Revolutionary learning tools
  • A global, interactive learning community.

Language learning online @ LingQ

いや ー 、 毎日 毎日 雨 ばっかり で 、 もう 本当に 、 うっとうしい 天気 が 続き ます が 、 Ken ' s radio show はじまり はじまり ー !

Ken ' s radio show 、 一 回 か 二 回 で 終わる か な 、 と 思って た んで けど 、 何と しつこく 、 もう 今日 は 六 回 目 に なって しまい ました 。 いつまで 続く んでしょう ね 、 いったい ね 。 まあ 、 僕 に も わかり ませ ん が 。 しばらく は まだ 続ける か な 。 でも 、 突然 休む かも しれ ませ ん 。 と いう 、 適当な 感じ で 、 ゆる ー く 進めて 行き たい と 思い ます 。

さて 今回 の Ken ' s Radio Show は 新しい 企画 。 インタビュー ( interview ) を し ました 。 題して 「 日本 語 が 危ない 」。 この インタビュー は 、 ちょっと 長い んです ね 。 長い んで 、 何 回 か に 区切って お 送り し たい と 思い ます 。 今日 は その 第 一 回 。 では 、 どうぞ !

今日 は 、 朗読 の 林 先生 の お宅 に お邪魔 して ます 。 ちょっと 、 林 先生 と お 話 を し たい と 、 思う んです が 、 僕 が 最初に ここ 伺った とき に 、 林 先生 と お 話した とき に 、 いちばん 最初に 言って いただいた の が ね 、 日本 語 が ね 、 もともと きれいな 日本 語 の はずな のに 、 随分 最近 崩れて しまって 、 それ に 危惧 の 念 を 抱いて る と 、 おっしゃった んです けど 、 その こと を 、 ちょっと お 聞き し たい と 思う んです けど 。

そう です ね 、 今 テレビ と か 、 なんか でも 、 本当に あの 、 今 若い 人 が 使って る 日本 語 と いう の が 、 全部 省略 さ れて たり 、 なんか 感覚 的に 面白い 言葉 、 って いう の を 使って る でしょ ?

もう どんどん 変わって 行く から 、 ついていけ ないで す 。

ある 人 が 、 自分 の 娘 が 昨日 言って た こと と 、 今日 言って た こと と 、 ぜんぜん 言葉 が 変わって いく ので 、 ほんとうに もう 分から ない 、 と いう ふうな こと も ね 、 お 母さん が ね 、 中学生 の お嬢さん を 持って て 、 と いう 話 を して る んです けど 。 で 、 そういう 人 たち が 、 今度 大人 に なった とき に ね 、 これ は ちょっと 大変じゃ あ ない か なって 、 私 は 思う 訳 。 で 、 改まった ところ で 、 きっちり した 話 を ちゃんと しよう と 思った とき に 、 そういう 話 が なかなか 出来 ないで すね 。 きっと ね 。 で 、 そういう の が 、 ど っか で 、 きちっと しゃべれる 訓練 みたいな 事 が ね 、 さ れて い なければ 、 たぶん 社会 出て たら 、 大変 みんな 困って る んじゃ ない か と 。

両方 喋れたら いい です よ ね 。

そう な んです 。

自分 たち の 仲間 と の しゃべり と 、 ちゃんと した ところ で の しゃべり と ね 。

だから それ に は 、 両方 使い分け が できれば いい 。 だから 、 私 は 、 方言 の 問題 も あり ます よ ね 。 方言 も ね 、 素晴らしい と 思う し 、 それ も ある けれど 、 その 共通 語 も しゃべれる 、 両方 しゃべれる 事 が できたら ね 、 ものすごい 武器 だ と 思い ます ね 。

そう です ね 。

で やっぱり 、 外国 の 方 なんか と 話 を する とき 、 日本 語 で 話 を する とき に 、 あの 、 やはり 、 すごい 関西 弁 で 喋っちゃ う と 、 多分 勉強 して る 方 に は 通じ ないで しょうし ね 。 ですから 、 そういう 時 に は 、 ちゃんと した 話し 方 を して 、 会話 が できれば ね 。 そう する と 、 もっと コミュニケーション が うまく 行く ん じゃあ ない か と か ね 。 そういう 風 な 気持ち です ね 。

やっぱり 、 日本 人 と して 、 その 、 標準 語 を しゃべる 事 は 重要です よ ね 。

そう 思い ます ね 。

もちろん 方言 って いう の は 、 大事だ と 思う し 、 継承 して 行く って いう か 、 守って いか なければ いけない と 思う けど 。 そう です よ ね 。 でも 、 まず 、 その 、 学校 の 先生 が ね 、 結構 あの 、 ちゃんと こう 、 あの 標準 語 で 授業 して くれ なかったり と か と いう の が あり ます よ ね 。

そう そうそう 。 今 、 子供 と 友達 みたいに なる って の が ね 、 先生 が なんか それ が 良い みたいな 、 なって ます でしょ ?

親 も そう です よ ね 。 なんか ほら 、 お 母さん で 、 若い お 母さん と か 、 娘 と こう 姉妹 ( きょうだい ) みたいに 見 られ たい みたいな 、 そういう こと に 喜び を 、 なんか 見出して いる 人 って いる でしょ ? 僕 、 結構 あれ 、 気持ち 悪い んです けど 。 ( 笑 ) なんか 、 同じ ような 格好 して 、 なんか 若 作り して 。

いや 、 だ から 、 ともだち って いう の は いい んだ けど 、 でも 、 ど っか で は 、 きちっと ね 、 やっぱり 、 年長の 人 と 、 あの ね 、 年下 の 人 の 、 そういう 、 なんか 尊敬 と かね 、 そういう もの が 必要だ と 思う の ね 。 で 、 日本 に は そういう 伝統 が 、 あり すぎた と 思う んです ね 。

そう です ね 。

厳し すぎ たって の は 、 あり ます けど ね 。

それ も ある けど 、 戦後 は それ が もう 、 バー っと 無くなっちゃ って 、 今度 は なんか 本当に 、

タガ が はずれた みたいに 、

その 、 結局 、 大事な ところ の 、 けじめ 、 って いう ふうな 物 まで なくなる から 、 だから 家庭 の 中 でも 、 お 父さん の 事 を 尊敬 し ない と か 、 そういう 風 な 感じ が ある でしょ ?

昔 は ね 、 親父 って 言ったら 、 ものすごい 恐ろしい 物 って いう 、 って の は 、 もう 随分 古い 話 です けど 、

だから もう 、 今 は 、 そういう お 父さん いま せんし 、 家 の 中 で いちばん お 父さん が

一 番 地位 が 低かったり と か 、

なんか 、 まあ 、 お 父さん の 発言 が 、 なにも ない みたいな 、 と いう の は 、 多い です よ ね 。

Ken ' s Radio Show 第 六 回 は 林 先生 と の 対談 でした 。 いか か だった でしょう か ? 林 先生 と の 対談 は まだまだ 続き ます 。 では 、 次回 を 是非 お楽しみ に 。


×

We use cookies to help make LingQ better. By visiting the site, you agree to our cookie policy.