steve-kaufmann-10-secrets

I speak 20 languages

was successfully added to your cart.

Cart

学習の手助けとなる中国語の文法術

中国語の文法は誰もが習得可能です。
十分なやる気と地道で効果的な学習の繰り返しがあれば、中国語の上達と習得は想像以上に早いものだと感じる人も多いと思います。新聞の社説を英語から中国語、中国語から英語に翻訳し、さらに小説の愛読や通訳を行ってきたスティーブ・カウフマンは、なんと9ヶ月で中国語を習得しました!
もちろん、学習法も学習のペースも人によって違うでしょう。だとしても誰でも流暢になれるのです。この投稿では、あなたの言語学習の旅の準備となるであろう中国語の文法のポイントをまとめてみます。始める前の不安を少しでも拭えれば幸いです。

動詞

動詞の活用に関して言えば、中国語は非常に寛大です。動詞の違いをもたらす活用形を20種類も覚えなくていいと聞けばほっとする人もいるのでは?動詞は基本的に原形のまま。中国語の文法では、動詞の変化は文で使用される時制のフレーズに依存します。
我喜欢唱歌
Wǒ xǐhuān chànggē
歌うことが好きです。
我星期一唱歌
Wǒ xīngqí yī chànggē
私は月曜日に歌う予定です。
他们今天唱歌
Tāmen jīntiān chànggē
彼らは今日歌う予定です。
唱歌 (chànggē) はどの文においても同じなのが分かりますか?しかし例文2と3では、「月曜日」と「今日」という単語がそれぞれ時間詞として使われています。

名詞

中国語の形容詞は常に名詞の前にきます。この規則は、中国の繁体字に代わって口語的な簡体字が標準語として使われるようになる前から変わりません。
我喜欢贵的裤子
Wǒ xǐhuān guì de kùzi
私は高価なパンツが好きだ。
他不喜欢小狗
Tā bù xǐhuān xiǎo gǒu
彼は小型犬は好きではない。
她能唱歌高音
Tā néng chànggē gāoyīn
彼女は高音で歌うことができる。
全ての形容詞が名詞の前にあります。この規則を覚えておけば、名詞の修飾は簡単になりますね。

主語の語順

中国語においてこの文法の規則には少し注意が必要ですが、慣れてしまえば比較的簡単です。中国語は文の話題(トピック)に焦点を当てます。英語では文章は主語指向です。ただし、このような規則はあるものの、中国語では文の主語と話題の両方の位置付けができます。
先述した例文で見た通り、主語は文の最初に来ます。しかし「話題を最初に」という文法の規則に従った場合はどうなるのでしょう。その場合の例文を見てみましょう。
大袋我有。
Dàdài wǒ yǒu
大きいバッグです、私が持っているのは。
语言我喜欢学习。
Yǔyán wǒ xǐhuān xuéxí.
言語、私は学ぶのが好きだ。
この文法のパターンは中国語では全くもって正しいものですが、日本語に直訳すると少し不自然に聞こえます。しかし中国語で話されているのを聞いた場合は、どこにもおかしな点はありません。この2つの例文では、それぞれ「バッグ」と「言語」が話題です。これらの文章は、主語を頭にして作成しても同じように認識可能です。
<h2時制
先の例文で気付かれたでしょうか。文中の時制は同じままです。具体的には、中国語には未来形と現在形の区別がありません。中国語の文法では、文の内容は目の前の状況次第であることを前提としているからです。
我去图书馆学习中文。
Wǒ qù túshū guǎn xuéxí zhōngwén
中国語を勉強しに図書館に行きます。
中国語を勉強しに図書館へ行っているところです。
上の一文は、状況によって2通りの定義があります。最初の文では、話し手は中国語を勉強しにどこへ行くか(もし必要になった場合)を説明しています。それに対して2つ目の文では、話し手は「現在」どこに勉強にしに行っているかを伝えています。

LingQを使って中国語の文法を素早くマスター

LingQに進む前に紹介したいのは、チームが作成した素晴らしい中国語の文法ガイドです。是非チェックしてみてください。無料な上に詳細でわかりやすいガイドとなっています。言語学習の補足材料としてかなり役立ちます。
ではLingQに戻りましょう!
LingQには中国語の文法に慣れ親しむのに役立つ何千時間分ものコンテンツが備えられています。教科書で文法の規則を勉強するのも一つの方法ですが、LingQのライブラリフィードを利用すれば自分の好きなコンテンツを使って中国語が勉強できるのです。それだけでなく、お気に入りの中国語記事、テレビ番組(Vikiなど)、中国語のYouTubeチャンネルなどをLingQにインポートすることも可能。LingQがインタラクティブなレッスンを自動的に作成し、より効率的な学習を手助けします。

見ての通り、LingQを利用してコンテンツを簡単に読むことができます。クリックひとつで単語を検索。そのまま語彙リストに保存もできます。コンテンツが音声付きの場合は、LingQはその音声もレッスンに組み込むことが可能です。
LingQへのコンテンツのインポートについて詳しく知りたい場合には、このガイドをチェックすることもお忘れなく。
さらに、中国語はもちろん他のどんな言語もLingQのモバイルアプリを使って学ぶことができます。LingQの言語学習アプリはAndroid およびiOSで利用可能です。外出先にもレッスンを持ち出し、いつでもどこでも学習に励みましょう。頑張ってください!

***

ライターの略歴: キアンドロは熱心な言語学習者である。アジア研究において学士号を取得。現在は日本語、中国語、韓国語を勉強している。好きな食べ物はアイスクリームとロブスターのしっぽ。

 

中国語の読み方:5ステップ